文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

指環:江戸川 乱歩(1-65)/113

指環 ring 江戸川乱歩 Edogawa Ranpo A 失礼ですが、いつかも汽車で御一緒になった様ですね。 A Excuse me, but it seems like you've been with us by train. B これは御見それ申しました。 B This has been good to see. そういえば、私も思い出しました…

白昼夢:江戸川 乱歩(45-147)/147

誰かが「ようよう、御馳走さまッ」と叫んだ。 Someone shouted, "Yeah, treat." そして、笑声。 And laughs. 「みなさん」男はそんな半畳などを無視して続けた。 "Everyone," the man ignored such half mats and continued. 「あなた方が、若し私の境遇にあ…

白昼夢:江戸川 乱歩(1-44)/147

白昼夢 Day dream 江戸川乱歩 Edogawa Ranpo あれは、白昼の悪夢であったか、それとも現実の出来事であったか。 Was that a daytime nightmare or a real event? 晩春の生暖い風が、オドロオドロと、火照った頬に感ぜられる、蒸し暑い日の午後であった。 The…

盗難:江戸川 乱歩(306-346)/346

作り話しみたいだというのはここのことなんです。 It's about here that you want to talk. 例のにせ札だという三百円はね、思い出の為に、それからずっと財布の底にしまっていたのですが、ある時私の女房が――こちらへ来てからもらったのです――その中の一枚…

盗難:江戸川 乱歩(253-305)/346

ところが、そうして森の中へ一歩足を踏み入れた時です。 However, it was time to step into the forest. 私はギョッとして思わず立ちすくんで終いました。 I ended up standing up insanely as a jealousy. ずっと向うの方へ行っているとばかり思っていた男…

盗難:江戸川 乱歩(216-252)/346

ナアニ、一人でも二人連でもあとをつけるに変りはないと、私は見つからない様に用心しながら、人ごみの事ですから二三間の間隔で、彼等のあとからついて行きました。 There was no change for Naani, two people or two, and I was careful not to be found,…

盗難:江戸川 乱歩(184-215)/346

ところが、五日たっても十日たっても、一向|音沙汰がないではありませんか。 However, after five days or ten days, it may not be all right. 無論その間には、主任が度々警察へ出頭して様子をたずねていたのですけれど、仲々金は返って来そうもないので…

盗難:江戸川 乱歩(143-183)/346

じゃ、これで失敬するよ」 Well, I'm disappointed with this. " 突然巡査はそういって立上りました。 Suddenly the policeman got up that way. さつ束は手に持ったままですよ。 I kept holding a bunch. それから、もう一方の手には、ポケットから取出した…

盗難:江戸川 乱歩(89-142)/346

「しかし、私共の立場になって見ますと、なんだかこう気味が悪くて仕様がないのですが、念の為に一応御調べ下さる訳には行きますまいか」 "But if we look in our position, it's somewhat weird and there's no spec, but I'm going to go for a search jus…

盗難:江戸川 乱歩(46-88)/346

そこで、主任は説教所を建増して広くし、同時にいたんだ箇所の手入をすることを思い立ちました。 So, the chief thought about building up and expanding the preacher's office, and at the same time taking care of the place where it was. といっても…

盗難:江戸川 乱歩(1-45)/346

盗難 theft 江戸川乱歩 Edogawa Ranpo 面白い話しがあるのですよ。 There is an interesting story. 私の実験談ですがね。 It is my experimental story. こいつを何とかしたら、あなたの探偵小説の材料にならないもんでもありませんよ。 If you do manage t…

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(179-235)/235

その算盤には彼のと同じ暗号で「ゆきます」とおかれてあったのです。 The abacus was said to be "yuki" with the same code as his. S子が彼に残して行った返事でなくてなんでしょう。 It is not the reply that S child left for him. 彼は矢庭に外套と帽…

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(127-178)/235

Tはこうしてあい引の場所まで通信し始めたのです。 T started to communicate in this way to the place of hi. そのある日のことでした。 It was about that day. もう十分暗黙の了解が成立っていると確信していたにも拘わらず、Tはまだ仕事以外の言葉を…

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(89-126)/235

ところが、さしもの彼も今度ばかりは辛抱し切れなかったと見えます。 However, it seems that he has not been able to endure this time again. S子はそれ程彼の心を捕えたのです。 S child caught his heart so much. しかし、彼にはそれを正面から堂々と…

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(45-88)/235

「今度の××丸はもうやがてボイラーを取つける時分ですが、製造原価の方も大分かさみましたろうね」 "This time is the time and minutes to install the boiler by the end of the ×× circle, but I will also cut the production cost too." Tはてれ隠しの…