文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(56-91)/627

二人が嘗ては恋の競争者だったことが、猶更らこの反感を高めた。 The fact that the two were in love competitions in the past made this antipathy even worse. 北川氏はその頃から、野本氏の後姿を一目見た丈けでも、こう、からだがねじられて来る程、何…

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(1-55)/627

恐ろしき錯誤 Scary mistake 江戸川乱歩 Edogawa Ranpo 「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」 "You win, you win, you win ..." 北川氏の頭の中には、勝ったという意識だけが、風車の様に旋転していた。 In the mind of Mr. Kitagawa, only the sense of winn…

一枚の切符:江戸川 乱歩(273-328)/328

この動物心理を利用して、夫人は、靴をジョンに与えて、其場を去らしめたのである。 Using this animal psychology, Mrs. John gave his shoes to John and left the field. そして、その靴が、少くとも、奥座敷の縁側のそばに置かれることと――当時多分縁側…

一枚の切符:江戸川 乱歩(239-272)/328

茲に於て、石を運んだものは「犯人」その人でなければならぬことになる。 In the boat, the one who carried the stone must be the "criminal" himself. この変テコな結論に達した私は、如何にして「犯人」が石を運ぶということに可能性を与えるべきかに苦…

一枚の切符:江戸川 乱歩(213-238)/328

それのみならず、私は当時その切符を臨検の警官の一人に見せたのである。 Not only that, I showed the ticket to one of the police officers at the time. 私の深切に一顧をも与えず、邪魔だからどいて居れと叱った所のその人を、私は今でも数人の臨検者の…

一枚の切符:江戸川 乱歩(178-212)/328

私は博士に対して何等の恩怨を有するものでない、唯だ、その著書を通して博士の頭脳を尊敬している一人に過ぎない。 I do not have any kind of grace to the doctor, I am the only one who respects the doctor's brain through his book. が、此度の事件…

一枚の切符:江戸川 乱歩(123-177)/328

とこういう次第だ。 That's up to you. 何故に博士が夫人を離別する挙に出でないで此危険なる道を採ったかという点は、多分新聞記者自身の考えなのだろうが、ある新聞にこう説明が下してあった。 The reason why the doctor took a dangerous course not to …

一枚の切符:江戸川 乱歩(81-122)/328

第一は今いった所属不明の靴跡、第二は現場に来ている博士の地下穿きの跡、第三と第四は博士の召使の足跡、これ丈けで、轢死者が線路まで歩いて来た痕跡というものが見当らない。 The first is the shoes of unknown affiliation, the second is the ground …

一枚の切符:江戸川 乱歩(46-80)/328

この三つの証拠品を以って、この男が主張するには、博士夫人は自殺したんではなくて、殺されたんだ。 With these three pieces of evidence, to make this man insist, Mrs. Dr. was not killed but was killed. そしてその殺人者は、なんと、夫富田博士その…

一枚の切符:江戸川 乱歩(1-45)/328

一枚の切符 A ticket 江戸川乱歩 Edogawa Ranpo 上 Up 「イヤ、僕も多少は知っているさ。 "I know, I know a bit. あれは先ず、近来の珍事だったからな。 First of all, it was a recent rarity. 世間はあの噂で持切っている。 The world is over with that …

二銭銅貨:江戸川 乱歩(441-473)/473

私はある日、せっぱ詰った苦しまぎれに、そのふだんは不義理を重ねている所の親戚のことを思出した。 One day, I was embarrassed with pains and pains, I usually recalled the relatives of the place where the injustice is repeated. そして、いくらで…

二銭銅貨:江戸川 乱歩(381-440)/473

併し、昔千両の富籤に当って発狂した貧乏人があったという話もあるのだから、松村が五万円に狂喜するのは決して無理ではなかった。 At the same time, it was not impossible for Matsumura to go crazy for 50,000 yen because there was also a story that…

二銭銅貨:江戸川 乱歩(328-380)/473

俺はこう想像したんだ。 I imagined this. そして、それが幸にも悉く適中した訳だがね。 And that's why I was lucky enough. 紳士泥坊は、万一を慮って、盗んだ金の最も安全な隠し場所を、予め用意して置いたに相違ないんだ。 The gentleman must have prep…

二銭銅貨:江戸川 乱歩(280-327)/473

で、俺は、俺の知っている限りの暗号記法を、一つ一つ頭に浮べて見た。 So I watched every single piece of cryptography I knew of. そして、この紙片れの奴に似ているのを探した。 And I looked for something similar to this piece of paper. 随分手間…

二銭銅貨:江戸川 乱歩(235-279)/473

それは、懐中時計のゼンマイに歯をつけた、小人島の帯鋸見た様なものを、二枚の銅貨を擦り減らして作った容器の中へ入れたもので、これさえあれば、どんな厳重な牢屋の鉄の棒でも、何なく切破って脱牢するんだ相だ。 It was a band watch on a pocket watch …