文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

病牀六尺:正岡 子規(732-781)/2277

しかし一般の人は自重的の人よりも、快活的の人を好むといふことが、知らず知らず、その好悪の大原因をなして居るかも知れぬ。 However, the fact that ordinary people prefer cheerful people to self-weighted people may be a major cause of their like…

病牀六尺:正岡 子規(700-731)/2277

これを木彫の猫に塗つて試に台所の隅に置いて見たところがその夜はいつものやうに鼠が騒がなかつた。 I applied this to a wood carving cat and put it in the corner of the kitchen to try it, but that night the mouse was noisy as usual. しかしただ…

病牀六尺:正岡 子規(677-699)/2277

而してその能役者間に行はれて居る習慣といふのは、今日からいふと随分馬鹿々々しい事も少くはない上に、また今日いはゆる家元なるものが維新後|扶持を失ふたがために生計の道に窮して種々の悪弊を作り出した事も少くはないのである。 Therefore, the custo…

病牀六尺:正岡 子規(641-676)/2277

フカシイモ、ウドン、ゴカイ、ムキミ、ミミズ、サナギを飴糟にて練りたるもの、などを用ゐる。 Use fluffy potatoes, udon, worms, mukimi, earthworms, pupae kneaded with candy, etc. さすがは都の産れだけに東京の鯉は贅沢になつてこんなに様々な御馳走…

病牀六尺:正岡 子規(596-640)/2277

或人はまるで魂のない画だといふて抱一の悪口をいふかも知れぬが、草花の如きは元来なよなよと優しく美しいのがその本体であつて魂のないところがかへつて真を写して居るところではあるまいか、この二小冊子を比較して見ても同じ百合の花が光琳のは強い線で…

病牀六尺:正岡 子規(560-595)/2277

河豚提灯、これは江の島から花笠が贈つてくれたもの、それを頭の上に吊してあるので、来る人が皆豚の膀胱かと間違へるのもなかなか興がある。 The blowfish lantern, which was given by Hanagasa from Enoshima, is hung above the head, so it is quite fu…

病牀六尺:正岡 子規(519-559)/2277

日本でも事によると自分の弱いのを気にして、かへつて大国に向つて強く突込んで行く事がないでもない。 Even in Japan, I'm not afraid that I'm weak, and I'm not going to rush toward a big country. 権利とか平等とかいふけれど、日本ほど下等社会の権…

病牀六尺:正岡 子規(479-518)/2277

曰、苦。 It's bitter. (六月二日) (June 2nd) 二十二 twenty-two ○大阪の露石から文鳳の『帝都雅景一覧』を贈つてくれた。 ○ Bunho's "List of Imperial Capitals" was presented by the dew stones in Osaka. これは京の名所を一々に写生したもので、そ…

病牀六尺:正岡 子規(430-478)/2277

併|似虚子。 Also | Kyoshi Takahama. 松魚時節|酔湘※。 Matsuo Tokibushi | Drunk *. 衆葉|如煙入眼青。 Zhouha | Smoke in the eye blue. 不寐思君過夜半。 It's been a half night. 天辺|何処子規亭。 Tenbe | Where is Kokitei? (五月三十日) (Ma…

病牀六尺:正岡 子規(374-429)/2277

この日はかかる話を聞きしために、その時まで非常に苦しみつつあつたものが、遽に愉快になりて快き昼飯を食ふたのは近頃嬉しかつた。 On this day, I was very happy to hear the story, but I was very happy until then, but nowadays I am happy to have …

病牀六尺:正岡 子規(347-373)/2277

従つて狂言はその時代の風俗及び言葉を現はして居るものとして見るとなほ面白い事が多い。 Therefore, Kyogen is often very interesting when viewed as a manifestation of the customs and words of that era. 狂言の趣味はしばらく論ぜずにただ歴史的の…

病牀六尺:正岡 子規(310-346)/2277

古洲の方もさすがに悪くは思はないらしく、彼女がランプを運んで来た時に、お前の内に一晩泊めてくれぬか、と問ひかけた。 Kobuchi didn't think it was bad either, and when she brought the lamp, she asked if she could stay overnight with you. けれ…

病牀六尺:正岡 子規(272-309)/2277

土手の上には笠を着た旅人が一人小さく画かれてある。 A traveler wearing a hat is drawn small on the bank. かういふ景色の処は実際にあるけれども、画に現はしたものはほかにない。 There is actually a place for the scenery, but nothing else is sho…

病牀六尺:正岡 子規(230-271)/2277

その窓の下には手箒が掛けてあつて、その手箒の下の地面即ち屋外には、鬢盥と手桶のやうなものが置いてある。 A basin is hung under the window, and a basin and a basin are placed on the ground or outdoors under the basin. 今いふた窓が東向きの窓な…

病牀六尺:正岡 子規(185-229)/2277

土一塊牡丹生けたるその下に。 A lump of soil underneath the peony. 年月日」と自ら書きつけ、もしこのままに眠つたらこれが絶筆であるといはぬばかりの振舞、それも片腹痛く、午後は次第々々に苦しさを忘れ、今日はあたかも根岸の祭礼日なりと思ひ出した…