文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(176-224)/287

白痴の様に見える一寸法師だけれど、流石に商売柄、舞台の口上はうまいものだ。 Although it looks like an idiot, it is a sculptor, but it has a good business pattern and the mouth of the stage is delicious. いつも八字髭の手品使いがやるのと、口…

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(107-175)/287

そして、常談の様な調子で、 And, like the usual story, 「ひでえなあ」 "Hideena" とつぶやいたばかりだった。 I just muttered. 「オー、鞠投げをやろうじゃねえか」 "Oh, can't I throw a spear?" 突然、鉄棒の巧みな青年が立上って叫んだ。 Suddenly, a…

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(53-106)/287

下品な調子で彼を読込んだ万歳|節が、次から次へと歌われた。 The verse that sang him in a vulgar tone was sung one after another. てんでんに話し合ったり、ふざけ合ったりしていた連中が、段々その歌の調子に引き入れられて、遂には全員の合唱となっ…

踊る一寸法師:江戸川 乱歩(1-52)/287

踊る一寸法師 One dimensioner who dances 江戸川乱歩 Edogawa Rampo 「オイ、緑さん、何をぼんやりしてるんだな。 "Oi, Mr. Midori, what are you doing vaguely? ここへ来て、お前も一杯|御相伴にあずかんねえ」 Come here, you are full | 肉襦袢の上に…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1728-1770)/1770

「そういう訳ですから、どうかこのことは君の腹だけに納めて、誰にも話さないで下さい。 "That's why, please keep this in your stomach and don't talk to anyone. もしこれがばれて、元の雇い主に呼び戻される様なことがあれば、長吉はきっと生きてはいな…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1692-1727)/1770

そして、その唯一の証拠品であるトランクを、風呂|竈で焼くことを思いつきました。 And I came up with the only proof of it, the trunk, which is baked in a bath | 人の寐静まった頃を見はからい、トランクをこわしては、少しずつ焼き捨てて行くのです…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1652-1691)/1770

山伝いに闇にまぎれて、Y町とは反対の方へ走りました。 In the darkness over the mountain, I ran to the opposite of Y town. 無論落ちつく先きはちゃんと申し合せてあったのです」 Of course, the point that settled down was properly informed. " 私…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1612-1651)/1770

それを、彼女はもう夢中で、蓋の隅の方を無理に持上げて、そのすき間から指を入れ、やっとの思いで数十枚のお札を抜き出すことが出来ました。 She was already crazy, forcibly lifted the corner of the lid, put her finger in the gap, and finally pulle…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1576-1611)/1770

「一寸待って下さい」 "Please wait a minute" 私は河野の言葉の切れ目を待ち構えて、口をはさみました。 I waited for a break in Kono's words and pinched my mouth. 彼の告白がいつまでたっても、私の疑問の要点に触れぬもどかしさに絶えかねたのです。 …

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1535-1575)/1770

一体どうしたというのでしょう。 I wonder what happened. この事件には、何か根本的な大錯誤があったのではないでしょうか。 There may have been some fundamental mistakes in this incident. 「長吉は死んでやしないのですよ。 “Nagakichi does n’t die.…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1472-1534)/1770

「君は僕の鞄の中のものを見ましたか」 "Did you see anything in my cage?" そういって彼にじっと見つめられますと、何の恐れる所もない筈の私までが、多分まっ青になっていたことでしょう、動悸が早くなって、腋の下からタラタラと冷いものの流れるのを感…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1427-1471)/1770

鞄は丁度私の足下へ転がり落ちました。 鞄 just rolled down my feet. そして驚くべき在中品が、目の前に開いた鞄の口から危くこぼれ出す所でした。 And the amazing items were dangerously spilled out from the mouth of the spear that opened in front …

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1385-1426)/1770

そして、今では別の旅館が建ち、さしも有名であった湖畔亭は見るかげもなく寂れはてているという事です。 Now, another ryokan is built, and the famous Kohan-tei is lonely. 読者諸君、以上が湖畔亭事件の表面上の物語りです。 Reader readers, the above…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1331-1384)/1770

「焼いたのは人の寐ている真夜中に相違ありません。 “I baked it is no different in the middle of the night when people are crawling. 少々匂が残っていても、朝までには強い風に吹き飛ばされてしまいます。 Even if there is a little smell, it will b…

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1282-1330)/1770

無論三造のいない時にですよ。 Of course, when there is no Sanzo. すると例のブリキ箱です。 This is an example tin box. 短刀を初め三造に似合わしくない品々です。 These items are not suitable for Sanzo, such as a dagger. で、その棚を捜す時にで…