文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

すゞし:正岡 子規(1-66)/66

すゞし Susushi 正岡子規 Masaoka Shiki 「すゞし」といふ語は「すが/\し」のつゞまりたるにやと覚ゆれど、意義|稍変りておもに気候に関して用うる事となり、「涼」の字をあてはむるやうにはなりぬ。 The word "su" is a sword of "suga / \", but its si…

小園の記:正岡 子規(30-59)/59

斯くと知りせば枝毎に杖立てゝ置かましをなど悔ゆるもおろかなりや。 If you know this, you will not regret it, such as placing a cane stand for each branch. 瓦吹き飛ばしたる去年の野分だに斯うはならざりしを今年の風は萩のために方角や悪かりけん。…

小園の記:正岡 子規(1-29)/59

小園の記 Note of Kozono 正岡子規 Masaoka Shiki 我に二十坪の小園あり。 I have a small garden of 20 tsubo. 園は家の南にありて上野の杉を垣の外に控へたり。 The garden is in the south of the house, and you can see the Ueno cedar outside the fen…

車上の春光:正岡 子規(54-130)/130

年が年中六畳の間に立て籠って居る病人にはこれ位の広さでも実際壮大な感じがする。 The sick person, who stands between six tatami mats all year round, actually feels magnificent even at this size. 舟はいくつも上下して居るが、帆を張って遡って行…

車上の春光:正岡 子規(1-53)/130

車上の春光 Spring light on the car 正岡子規 Masaoka Shiki 四月廿九日の空は青々と晴れ渡って、自分のような病人は寝て居る足のさきに微寒を感ずるほどであった。 The sky on the 9th of April was clear and lush, and a sick person like myself felt a…

死後:正岡 子規(104-151)/151

棺にも入れずに死骸許りを捨てるとなると、棺の窮屈という事は無くなるから其処は非常にいい様であるが、併し寐巻の上に経帷子位を着て山上の吹き曝しに棄てられては自分の様な皮膚の弱い者は、すぐに風を引いてしまうからいけない。 If you throw away the …

死後:正岡 子規(73-103)/151

六尺の深さならまだしもであるが、友達が親切にも九尺でなければならぬというので、九尺に掘って呉れたのはいい迷惑だ。 It's still a good idea if it's 6 shaku deep, but it's a good nuisance to dig into 9 shaku because my friends have to be kind t…

死後:正岡 子規(35-72)/151

そうすれば其棺は非常に窮屈な棺で、其窮屈な所が矢張り厭な感じがする。 Then the casket is a very cramped casket, and the cramped place feels like an arrow. スコットランドのバラッドに Sweet William's Ghost というのがある。 There is Sweet Will…

死後:正岡 子規(1-34)/151

死後 Afterlife 正岡子規 Masaoka Shiki 人間は皆一度ずつ死ぬるのであるという事は、人間皆知って居るわけであるが、それを強く感ずる人とそれ程感じない人とがあるようだ。 All humans know that all humans die once, but it seems that some people stro…

刺客蚊公之墓碑銘:柩に収めて東都の俳人に送る:正岡 子規(1-22)/22

刺客蚊公之墓碑銘 Inscription on the tomb of the thug mosquito 柩に収めて東都の俳人に送る Put it in a crab and send it to a poet in Tohto 正岡子規 Masaoka Shiki 田舎の蚊々、汝竹藪の奥に生れて、その親も知らず、昼は雪隠にひそみて伏兵となり、…

酒:正岡 子規(1-28)/28

酒 Liquor 正岡子規 Masaoka Shiki ○一つ橋外の学校の寄宿舎に居る時に、明日は三角術の試験だというので、ノートを広げてサイン、アルファ、タン、スィータスィータと読んで居るけれど少しも分らぬ。 ○ When I was in the dormitory of a school outside th…

権助の恋:正岡 子規(1-45)/45

権助の恋 Gonsuke's love 正岡子規 Masaoka Shiki 夜半にふと眼をさますと縁側の処でガサガサガタと音がするから、飼犬のブチが眠られないで箱の中で騒いで居るのであろうと思うて見たが、どうもそうでない。 When I suddenly woke up in the middle of the …

恋:正岡 子規(1-62)/62

恋 love 正岡子規 Masaoka Shiki ○昔から名高い恋はいくらもあるがわれは就中八百屋お七の恋に同情を表するのだ。 ○ There are many famous loves from long ago, but we express sympathy for Yaoya Oshichi's love. お七の心の中を察すると実にいじらしく…

雲の日記:正岡 子規(1-65)/65

雲の日記 Cloud diary 正岡子規 Masaoka Shiki 明治卅一年十二月十五日 朝晴れて障子を開く。 December 15th, 1897, the morning clear and the shoji are opened. 赤ぼけたる小菊二もと三もと枯芒の下に霜を帯びて立てり。 Standing with frost under the r…

熊手と提灯:正岡 子規(34-98)/98

もっともこの亭主は上さんよりも年は二つ三つ若くて、上さんよりも奇麗で、上さんよりもお世辞が善い。 However, this host is two or three years younger than Mr. Ue, more beautiful than Mr. Ue, and flattering than Mr. Ue. それで夫婦中は非常に善く…

熊手と提灯:正岡 子規(1-33)/98

熊手と提灯 Rake and lantern 正岡子規 Masaoka Shiki 本郷の金助町に何がしを訪うての帰り例の如く車をゆるゆると歩ませて切通の坂の上に出た。 As in the example of returning to Kinsuke-cho in Hongo, I walked slowly and went out on the slope of Ki…

くだもの:正岡 子規(165-224)/224

余は再び手真似を交ぜて解剖的の説明を試みた所が、女主人は突然と、ああサンゴミか、というた。 I tried to explain the anatomy again by imitating my hands, but the mistress suddenly said, "Ah, it's sangomi." それならば内の裏にもあるから行って見…

くだもの:正岡 子規(126-164)/224

それからまた同じような山路を二、三町も行た頃であったと思う、突然左り側の崖の上に木いちごの林を見つけ出したのである。 Then, I think it was around the time when I went on a similar mountain road for a few towns, and suddenly I found a raspbe…

くだもの:正岡 子規(81-125)/224

柿は非常に甘いのと、汁はないけれど林檎のようには乾いて居らぬので、厭かずに食える。 Persimmons are very sweet, and although they have no juice, they are not as dry as apples, so you can eat them without hesitation. しかしだんだん気候が寒く…

くだもの:正岡 子規(43-80)/224

しかし白い肉にも少しは区別があってやや黄を帯びているのは甘味が多うて青味を帯びているのは酸味が多い。 However, there is a slight distinction in white meat, and the slightly yellowish one has a lot of sweetness and the bluish one has a lot o…

くだもの:正岡 子規(1-42)/224

くだもの Fruit 正岡子規 Masaoka Shiki 植物学の上より見たるくだものでもなく、産物学の上より見たるくだものでもなく、ただ病牀で食うて見たくだものの味のよしあしをいうのである。 It is neither a botanical view nor a product science view, it simp…

九月十四日の朝:正岡 子規(1-53)/53

九月十四日の朝 September 14th morning 正岡子規 Masaoka Shiki 朝|蚊帳の中で目が覚めた。 Morning | I woke up in a mosquito net. なお半ば夢中であったがおいおいというて人を起した。 Although he was half crazy, he woke up a person who said he w…

かけはしの記:正岡 子規(163-202)/202

如何に見るともこれこそ数日前に別れたる岐蘇川の下流とは思ひ難けれ。 No matter how you look at it, it's hard to imagine that this is the lower reaches of the Kiso River, which broke up a few days ago. 筒井づつのむかしふりわけ髪を風に吹かせて…

かけはしの記:正岡 子規(105-162)/202

俳句 Haiku かけはしやあぶない処に山つゝじ Kakehashi and the mountain in a dangerous place 桟や水へとゞかず五月雨 May rain without going to the pier or water 歌 song むかしたれ雲のゆきゝのあとつけてわたしそめけん木曾のかけはし Once upon a t…

かけはしの記:正岡 子規(55-104)/202

晩餐を喰ふに塩辛き昆布の平など口にたまりて咽喉へは通らずまして鄰室のもてなし如何ならんと思ひやるに、たゞうまし/\といふ声のみかしがましく聞ゆ。 Eating supper, salted kelp flats, etc., accumulated in my mouth and did not pass through my th…

かけはしの記:正岡 子規(1-54)/202

かけはしの記 Kakehashi no Ki 正岡子規 Masaoka Shiki 浮世の病ひ頭に上りては哲学の研究も惑病同源の理を示さず。 Philosophical research did not show the same source of illness as the illness of the Ukiyo. 行脚雲水の望みに心空になりては俗界の草…

曙覧の歌:正岡 子規(306-361)/361

これも上三句重く下二句軽し。 This is also heavy in the upper three phrases and lighter in the lower two phrases. 曙覧の歌は多くこの頭重脚軽の病あり。 Many of Akemi's songs have this illness with heavy head and legs. 宰相君よりたけを賜はら…

曙覧の歌:正岡 子規(258-305)/361

その成功はともかくも、その著眼の高きことは争うべからず。 Regardless of its success, its remarkableness should not be contested. 曙覧は擬古の歌も詠み、新様の歌も詠み、慷慨激烈の歌も詠み、和暢平遠の歌も詠み、家屋の内をも歌に詠み、広野の外を…

曙覧の歌:正岡 子規(215-257)/361

この点におきて『万葉』と曙覧と強いて優劣するを要せず。 In this respect, it is not necessary to be strong or inferior to "Manyo" and Akemi. しこうして客観的歌想に至りては曙覧やや進めり。 In this way, the objective singing is a little advanc…

曙覧の歌:正岡 子規(169-214)/361

〔『日本』明治三十二年三月二十六日〕 ["Japan" March 26, 1902] 『古今集』以後今日に至るまでの撰集、家集を見るに、いずれも四季の歌は集中の最要部分を占めて、少くも三分の一、多きは四分の三を占むるものさえあり。 Looking at the collections and f…