文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-03-09から1日間の記事一覧

見えざる人(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(213-243)/401

アンガスは立止って、その男に多分の賄賂を握らせて、彼が探偵を連れて戻って来るまでその場を離れぬように、そして、どんなに変った人間がこの家の階段をのぼって行くか、皆覚えているようにという約束を与えた。 Angus stops, let the man grasp the bribe…