文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-03-17から1日間の記事一覧

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(107-150)/590

普通なら真先きに行くべき、銀行、警察、密会所等へ這入りこむかわりに、彼はちゃんと順序を立てて、見当違いとも覚しい場所へ行くのであった。 Instead of going into the banks, the police, the secret hall, etc., where he should usually go first, he…

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(63-106)/590

それからおもむろに巻煙草をつけると、ロンドン市中をぶらつきに出かけて行った。 Then I smoked cigarettes and went out to wander around the city of London. 彼がヴィクトリア街の向うの街や広場を歩いていた時、ヴァランタンは突然足をとめた。 When h…