文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-04-01から1日間の記事一覧

作男・ゴーの名誉(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(195-233)/390

墓の下方には丈の高い薄気味の悪い薊が枯々とした銀灰色を呈しながらむらがっていた。 Below the tomb, the tall, creepy urn was uneven, with a dead silver gray. 一度ならず、二度ならず、嵐にあおられた薊の種子がブウと音を立てながらクレーヴン探偵の…