文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-04-02から1日間の記事一覧

作男・ゴーの名誉(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(234-277)/390

やがて彼は自分の手に持つ手斧を、自分のものではないようにながめてはたと落した。 Before long he dropped the trick he had in his hand, as if it was not his own. 「師父、師父」とフランボーが取っておきの嬰児じみたしかし重苦しげな声を叫び出した…