文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-04-07から1日間の記事一覧

サレーダイン公爵の罪業(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(32-68)/461

二人は思わず、小供時代の憶出に耽った、丈なす雑草が私達の上に森の如くにひろがる時、私達は小鬼の踊るを見るようなちょっと冒険的な気持になる、二人はそんな気持にも浸るのであった。 When the long weed spread like a forest over us, we came to feel…