文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-04-12から1日間の記事一覧

サレーダイン公爵の罪業(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(203-243)/461

公爵が唐突に妙な声を出したり、顔を輝かせたりするには、どのような意味がこもっているのだろう。 What does it mean for a duke to make a sudden, strange voice or shine a face? 彼が果して正気であろうか、彼は社交家として自然な驚き方以上に「途方も…