文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-05-01から1日間の記事一覧

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(542-571)/628

特別にどういうものではなかったのじゃ、が、しかしまた当然、それはあんた方のよりはわしの職掌にあったのじゃからな。 It wasn't something special, but of course again, it was more of you than my job. あんた方はそれが毛皮製の頸巻が全く短くあった…