文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1-27)/1407

大衆文芸作法

Popular literary practice

直木三十五

Naoki thirty five

  第一章 大衆文芸の定義

Chapter 1 Definition of Public Literature

 一体、定義というものを、物の進行中に、未だ完成されていない未発達の状態にある時は与える事はむずかしい。

It is difficult to give definite things when you are in an undeveloped state that has not yet been completed during the progress of things.

現在進行しつつある、発達の過程にはあるが未だ充分発達したとはいえない、大衆文芸に対して、現在のままの姿へ、定義というものを与えたなら――それは、与え得ても、直ちに不満足なものになって了うであろうと思われる。

If we give definitions to popular literary art as it is to the present as it is currently progressing but not yet sufficiently developed in the process of development - even if it can be given , It seems that it will be unsatisfactory immediately.

 併し、もしその将来を想像して、かく成るべき物が、大衆文芸であるというのなら、現在と共に、将来を包含して一つの定義を下し得ぬ事もない。

Together, if we imagine the future, if things to be reckoned are popular literature, together with the present, we can not defuse a single definition with inclusion of the future.

それを下すに就いては、現在と、将来の外に、大衆文芸の歩んできた過去の道をも顧る必要がある。

Regarding that, it is necessary to look at the past roads that mass literature has advanced, both now and in the future.

私は、その点からこの講義を始めて行きたい。

I would like to start this lecture from that point.

 現在、大衆文芸の名によって呼ばれている如き作品、及びその作家は、震災後に著しく発達し、大衆文芸なる名称も、従って亦その時代以後に使用されるに至ったものである。

At the moment the works such as those called by the name of popular literary artists and their writers have developed remarkably after the earthquake and the name of popular literary art has also been used since then.

震災以前とて、その傾向が無いではなかったが、従来の型の如き型を破った髷物小説は、僅かに、指折ってみて、中里介山の「大菩薩峠」(都新聞)、国枝史郎の「蔦葛木曾桟」(講談雑誌)、白井喬二の「神変呉越草紙」(人情倶楽部)、大佛次郎の「鞍馬天狗」(ポケット)に過ぎなかったものである。

Before the earthquake, there was no such tendency, but a novel that broke a mold like a conventional mold, slightly fingerprinted, "Nagasato Pass" (Miyazumi Newspaper) Shinji Kitaeda 's "Tsutsumi Kuzaki Sorain" (a magazine for the lecture), Shoji Koji's "The Divine Wu Koshi Soseburi" (Humanity Club), Jiro Daiboshi's "Kurama Tengu" (Pocket).

 然も、現在に於て、これらの作家は、大衆作家として第一流の名声を獲得しているが、その当時に於ては、殆んど人の知る者無く、読書階級に於ては勿論、一般の人々にも迎えられていなかったものであった。

Naturally, at the present time, these writers have gained the fame of the first stream as a mass writer, but at that time, most people do not know them, of course in the reading class , Which had not been accepted by the general public.

 震災後に於て、プラトン社より「苦楽」が出て、講談物を一蹴して、新らしき興味中心文芸を掲載すると同時に、この新らしき機運は大いに動いて来たのであった。

After the earthquake, "Plague" came out from Plato Corporation, dismissed the talk articles, posted a new interesting center literature, and at the same time this new moment came a lot.

そうして新聞社関係の人々は、こういう作品に、新講談という名を与え、文藝春秋、新小説の人々は、読物文芸という名によって呼んでいたのである。

People related to the newspaper company gave such a work the name of a new lecture, and Bungeiharu autumn, people of the novel were called by the name of reading literature.

 その内に、白井喬二が、大衆文芸という名称を口にし、同氏が擡頭すると同時に、この名称が一般化して、今日の如く通用する事になった。

Among them, Koji Shirai speaks of the name of popular literary art, and at the same time that he gets headed, this name has become generalized and it will pass as it is today.

字義の正しさより云えば、大衆とは、僧侶を指した言葉であるが、震災前に、加藤一夫らによって、しばしば民衆芸術、即ち、現在のプロレタリア芸術論の前身が、叫ばれていた事があり、それと混同を避ける為に、熟語である「民衆」よりも、新しく、「大衆」という文字を使用したのであって、民衆も大衆も、多衆の意味であることに、何等相違はない訳である。

Speaking of the correctness of literature, the masses are words that pointed to monks, but before the earthquake, Kato Kazuo and others often said that the popular art, that is, the predecessor of the current proletarian art theory was screaming In order to avoid confusion with it, we used the word "mass" newer than the idiom "populace", that the people and the masses mean the multitude, that there is no difference There is no translation.

 そこで、嘗て震災前に加藤一夫等によって始めて提唱された民衆芸術とは、如何に違っているのか、ということを明らかにしておく必要があると思う。

Therefore, I think that it is necessary to clarify what is different from the popular art that was first proposed by Kato Kazuo etc. before the disaster.

その当時提唱された民衆芸術というのは、かの、ロマン・ローランが唱えた「民衆の芸術」を我が国へ輪入したのであった。

The popular art advocated at that time was that the "art of the people" advocated by Romain Laurent came into our country.

彼等の主張は、民衆のための芸術を作らなくてはならない、ということにあった。

Their argument was that they had to make art for the people.

それらの芸術は、民衆そのものの中から生産されるか、それとも民衆の中から生れなくとも、それが民衆のために書かれた芸術でなくてはならない、というのであった。

Those arts were either produced from the people themselves, or they could not be born out of the people, that it was the art written for the people.

即ち、彼等によって嘗て叫ばれ、そしてその後発達して今日のプロレタリア芸術論となった、民衆芸術というのは、目的意識的のものであった。

That is, popular art that was once shouted by them and then developed and became today's proletarian artistic theory was purpose conscious.

処が現在我々が問題としている大衆文芸というのは、何ら目的意識的なものではなく、通俗的といった程の意味のものなのである。

The popular literature that we currently deal with is not a purposeful conscious one but a meaningful thing such as popular.

その究局に於ては同じであるかも知れない。

It may be the same in that event.

しかし、その出発点を異にしている。

However, it has different starting points.

そういうような定義の解釈の相違に過ぎないのである。

It is only a difference in the interpretation of such definitions.

即ち、現在のままに於て定義を下すなら、大衆文芸とは、震災後に於て現れたる興味中心の髷物、時代物小説である、という事ができる。

That is, if we make a definition as it is, popular literature can be said to be a curiosity of the center of interest that emerged after the disaster, an era novel.

 しかし、現在では大衆文芸はややその範囲を通り越して、大衆の字義のままに探偵小説をもその中に含め、進んでは、文壇人以外の、芸術小説以外の、新旧一切の作をも、含めようとするまでになっている。

However, at the moment popular literature has passed somewhat that range, including detective novels as well as the literal character of the masses, progressing, including the works of all new and old, other than artists' novels, including art novels It is supposed to be like.

 ただ未だに、通俗小説の名は残されているが、それは通俗的現代小説を指した物で、大衆文芸も同じ新聞に載り乍ら、新らしき時代の物のみを、特に、通俗小説、又は、新聞小説と称しているが、この区別は甚だ曖昧なのである。

Although the name of a popular novel still remains, it is a thing pointing to a popular contemporary novel and popular literature also appears in the same newspaper, only the things of the new era, especially popular novels, It is called a newspaper novel, but this distinction is extremely ambiguous.