文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(28-58)/1407

 例えば、中村武羅夫加藤武雄は、通俗小説家であるが、国枝史郎が現代物を書いても、彼は大衆作家であり、三上於菟吉が、現代物、時代物二つ乍ら書くと、通俗作家とも云われ、大衆作家にも視られ、又、正木|不如丘は、現代物しか書かぬが、大衆作家であり、総てが文壇人関係者の常識よりなされたる区別故、厳密な意味に於ての区別は不可能である。

For example, Nakamura Shuuo and Kato Takeo are popular novelists, but even if Shiro Kunieda wrote a contemporary thing, he is a popular writer and Mikami Okichi writes about two modern objects and two eras , Also known as a popular writer, and also seen by popular writers, and Masaki | Nonzioka is a modern thing only, but a popular writer, because of the distinction that all were done from common sense of literary people In a sense it is impossible to distinguish.

 従って、私は、この講義に於て、他の小説作法があって、それが、芸術小説、文壇小説を説くとするなら、大衆文芸の内へはその他の一切、即ち、科学小説、目的小説、歴史小説、少年少女小説、探偵小説等、総てを含めて、大衆の文字のままに定義していいと信じなくてはならぬ。

Therefore, in my lecture, if there are other novel manners, and it is to preach art novels, literary novels, there is no other in public literature, namely, science novels, purpose novels , Historical novels, boys and girls novels, detective novels, etc, including all of them.

 それで、それらの総てを包含した物として、大衆文芸の定義を下すなら、

So, if you make a definition of popular literature as an inclusion of all of them,

「大衆文芸とは、表現を平易にし、興味を中心として、それのみにても価値あるものとし、又は、それに包含せしむるに解説的なる、人生、人間生活上の問題をもってする物」と云いたいのである。

"Popular literature is a thing that makes it easy to express and makes it interesting, centered on interest, it makes it worthwhile even by itself, or has a problem in life and human life that is commentary on inclusion in it" It is good.

  第二章 大衆文芸の意義

Chapter 2 Significance of popular literary arts

 私は、次に、以上の定義に従って、大衆文芸の意義を説きたいと思う。

Next, I would like to preach the significance of popular literature according to the above definition.

それは、しばしば芸術小説との価値比較をされるが故にも必要であり、大衆文芸そのものの使命に就いても、知って置かねばならぬ事だからである。

Because it is often necessary to compare values with art novels, even if the mission of public literature itself is to be known, it is necessary.

 私は、問題を少し遠くの方へもって行く。

I will bring the problem a bit further away.

人間は嘗て、太陽が吾々の周囲を出没していると信じ、人類を宇宙の中心と考えていた時代があった。

Humans believed that the sun had settled around in the vicinity, there was a time when man considered mankind as the center of the universe.

 又、神の子、仏の末裔であると信じ、宗教への情熱が、人間の中心となり、宗教家は人間の最高の者として、尊敬され、十字軍がしばしば起り、帝は、自らを三宝の奴と称された時代があった。

Moreover, believing that it is the descendant of Buddha, the son of God, the passion for religion becomes the center of man, the religious man is respected as the highest person of human beings, the crusader often happens, the emperor himself is Sambo There was a time when he was called.

 然し、やがて宗教への情熱は醒め果て、人間が理智的に目覚めた時、人間の精神生活を指揮するものは、哲学であると信じられ始めた。

But eventually the passion for religion went up, and when a man woke up in a spiritual sense, he began to believe that philosophy is what commands the human spiritual life.

洋の東西に於て、多くの哲学者達は、人間よ、かく行うべし、かく云うべし、かく考えるべしと、多くの哲理を示してくれた。

Many philosophers in the east and west of the Ocean showed us a lot of philosophy, to be thought of as human beings, so to speak, thus to think.

だが、それによっても人間は救われなかった。

However, human beings were not saved even by that.

 その次に現れて、人間の感情と、理性とへ訴えたものは文学である。

The next thing that appeals to human emotions and reason is literature.

文学は、宗教の如く、非理性的でなく、哲学の如く理智のみで無く、感情を揺り動かし、理性を柔かく撫で、精神生活のリーダーたらんとしたのである。

Literature, like religion, is not only ritual like philosophy, but also as a leader of spiritual life, trembling emotions, stroking the reasons gently, stroking the reasons.

だが、トルストイ伯の、ドストエフスキイの、深刻なる文芸作品によって、然らば人間は?

But, with the serious literary work of Dr. Essevsky of Earl Tolstoy, what about humans?

 救われたであろうか?

Were you saved?

 目に文字なく、頭に思考する事なく、一日畑に、工場に汗して働く者達が卑く、深遠なる哲理を彼の書斎で考えている少数の選ばれし者のみが尊い、ということは、人間の考え方の一つの重大な誤りであった。

Without a letter on the eyes, without thinking on the head, those who sweat the factory in the field for one day, are lowly motivated, only a few selected people who are thinking profound philosophies in his study are precious, That was one serious mistake of human mentality.

精神生活のみが人間の唯一の生活ではない。

Only mental life is not the only life of man.

精神生活のみが尊く、物質的生活が卑しいという事は、明らかに誤謬である。

It is clearly a mistake that only mental life is precious and material life is low.

だが、まだ人間は、他の動物にない思索力を有するが故に、しばしばそれを過度に尊敬して来たし、現在でも一部分の者はしているのである。

However, humans still have too much respect for it because of the ability to think of other animals, and even now some people do it.

 そして、この誤謬を直さんとする運動の一つが、社会運動である。

One of the movements that makes this error Naoto is a social movement.

人間全体の生活をよくする事は、文学に於てよりも、直接の社会運動による事が遥かに有力であると、発見したからである。

Because I found that improving the lives of the whole human beings is far more powerful due to direct social movements than in literature.

文学は寧ろ社会運動に利用されようとするに到った。

Literature has rather come to be used for social movements.

 この思索の過重的尊重という事が、芸術小説の癌を為している。

To respect this thought excessively is doing cancer of art novel.

それが如何に、低級、浅薄であろうとも、それのみを尊重して、興味ある事を除くという事が、精神生活に於ては尊いという風に考えられていた。

Regardless of how low and shallow it is, respecting that alone, excluding interesting things was considered as precious in spiritual life.

 一体、思索の尊さは、読書人がそれによって、感激する場合のみである。

Indeed, the preciousness of the thought is only when the reading person is deeply moved by it.

何の感激も与え無い、陳腐にして、常套的なる物が、余りに多く描かれ、過去の文学は既に感激を失って了った。

There is not any inspiration, obsolete, ordinary things are drawn too much, past literature has already gone and lost impression.

現在、果してトルストイ伯の、ドストエフスキイの作品が人々に昔程の感激を読者に与えるであろうか。

At the moment, is it that Dostoyevsky's work by Earl Tolstoy gives readers the impression of old times?

 精神生活のみを尊重し、物質生活を卑しいと見ることの謬見であるのを、私は既に述べた。

I already mentioned that it respects only the mental life and is a fear of seeing the material life as being lowly.

何故なら、物質生活こそが精神生活の根底であるから、私は、物質生活と精神生活と何らが尊いかと云うのではない。

Because substance life is the root of spiritual life, I am not to say that matter life and spiritual life are precious.