文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(59-99)/1407

物質生活の安定あって、始めて精神生活が充分に為されるのである。

Material life is stable, for the first time a mental life is done sufficiently.

その物質生活は、現在どうであるか。

How is the substance life now?

資本主義社会の矛盾によって大衆の物質生活は益々、極端に貧困化しつつある。

Due to contradictions of capitalist society, the mass life of the masses is increasingly becoming extremely poor.

現在の社会は、見よ、加速度的に混乱して行くではないか。

Behold, the current society will not get acceleratingly confused.

それは一方、科学の異常な進歩と、交通機関の発達によって、生活も社会も、思想も刻々に変革されて行き、往古の如く同一状態に於て、半世紀、一世紀を送る悠長さを許さなくなって来たのである。

On the other hand, due to abnormal progress of science and the development of transportation, life, society and thought are constantly being transformed, and in the same state as in the field, it is allowed for a half century and a century to be delivered It's gone.

 社会はどうなるだろうか?

What will become of society?

 思想はどう結末するだろうか?

How will the thought end?

 誰も今日、それに対して明快に答え得るものは無いのであろうか?

Is there anyone who can answer it clearly today?

 己の立っている土台が動いているのである。

The foundation on which I stand stays moving.

婦人は、封建的貞操を棄てんとしつつ、而も、それに代る道徳を見出し得ない。

The lady, while trying to abandon feudal chastity, can not find alternative morality.

男子は、古き衣を脱いだが、新らしき着物を知らない。

The boy took off his old clothes, but he does not know the new kimono.

社会は、一革命を起さんとしつつも二つの勢力は対等に抵抗しあっているのである。

Society, while trying to bring about a revolution, while the two forces are equally resistant.

 今や、ヨーロッパ文明は沈消して、アメリカ資本主義のジャズ文明の洪水は、世界の人達を溺らそうとしている。

Now the European civilization subsides and the flood of the American capitalist jazz civilization is about to drown the people of the world.

人々は、或は、憤然として奥床しく、深淵なるものの犯されていくのを慨歎するであろう。

People will pretend to be fucked by what is stubborn and deeply indignant.

しかも、慨歎しながらも彼等は共に、その世界に氾濫したアメリカ文化の濤に捲込まれ、流されて行かざるを得ないのである。

Besides, they are obliged to get involved in the breadth of American culture which was flooded in the world, but they have to go away.

ラジオに、ジャズに、シネマが横行する。

On the radio, jazz, cinema rampant.

人々は、それに感染して、行く所を知らない。

People are infected with it and do not know where to go.

 この加速度的な生活の目眩ろしさは、人々が垂れこめて、深く思索にふける余裕を与えない。

The dazzlingness of this accelerated life does not give people the ability to indulge themselves deeply into thinking.

人々は我知らず、生活の苦しさから匍い出んとして、瞬間的な享楽を求める。

People seek instantaneous enjoyment as they go out of the affliction of their lives without knowing themselves.

街にはシネマがある。

There is a cinema in the town.

赤い燈、青い燈、のカフエがある。

There are red lights, blue lights, cajés.

街中の店という店ではラジオが呼んでいる。

Radio calls in stores called shops in the city.

かくて、今や世界は未曾有の速力と混乱が到来した。

Thus, the unprecedented speed and confusion of the world has come.

この問題の一切は、やがて直接的な社会運動が解決してくれるであろう。

All of this problem will eventually be solved by direct social movements.

 だが、ここで、私は文芸に眼を転じよう。

But here, I will turn my eyes to literature.

文学はこのあわただしさに耐え兼ね、面食った形である。

Literature is durable against this ruggedness, and it is a form that it eats a surface.

それが、外の芸術と異なり、文芸は、時代を背景とし、時代意識を把握しなくてはならないものだけに、又、従来は、人間の永遠的感情を描かんとし、単に、人間の感情のみへ突入していただけに、外界の急激な変化より来る思想、感情の動揺に対して、手をつける事を知らぬ様である。

Unlike the outside art, literature, as background against the era, only to those who have to grasp the age consciousness, and in the past, to describe the eternal feelings of human beings, simply to express human emotions It seems that he does not seem to know that he is holding hands against the thought that comes from the sudden change of the outside world, the emotional upset, just because he was entering only.

言葉を換えて云うなら、文学史上、新らしく勃興して来た一つの文芸が、完成爛熟期に到達するためには、半世紀間或は一世紀間なりの文明の継続を必要としたのである。

In other words, in order to reach the perfect ripening stage, one literary art which has risen newly in the history of literature, continuation of civilization of half a century or a century was necessary is there.

この社会の急激な変転に圧倒されて、遂にそれを一つの形式にまで作り上げる余裕が現在ではない。

Being overwhelmed by the sudden change of this society, it is not currently possible to finally make it into one form.

従って、従来の如き、人間の永遠性を深く凝視し、魂の底を握らんとする如き文学は、読者に迎えられないのみならず、又、描かんとする人にも、外界はあまりに騒がしくなりすぎているのである。

Therefore, as in the past, literature such as deeply staring human eternity and grasping the bottom of the soul can not only be accepted by the reader, but also to the people who draw, the outside world is too noisy It is too much.

アメリカがいい適例である。

America is a good example.

アメリカの資本主義は建国以来、実に急速に発展してきた。

America's capitalism has developed quite rapidly since its foundation.

アメリカには現在、芸術と呼ばるべきものはない。

There is currently nothing to be called art in America.

 十九世紀の末葉から二十世紀にかけて輩出した大文豪達、トルストイドストエフスキイイプセン、等々の文芸が、既に現在の読者にとって刺戟がなくなって了ったことは、再三述べた。

He repeatedly said that literary arts such as Taoists, Tolstoy, Dostoevsky, Ibsen, etc. which had been produced from the end of the nineteenth century to the twentieth century have already gone out of stimulation for present readers.

人々は、最早、文芸を読むことによって生活をよくしようなぞという望みを失ったのである。

People have now lost their desire to improve their lives by reading literature.

民衆は、この七転八苦の物質的生活の苦悩から避れんとして、勢い享楽的なものを求める。

People seek momentum and amusement as evasive from the suffering of this material life.

そこで、そこに文学的欲求がある限りに於て、人々は通俗的文芸の出現を望むようになる。

So, as long as there is a literary desire there, people will want the emergence of popular literary art.

ここに通俗的なる文芸、大衆文芸の発生、隆盛がかもし出されるのである。

Popular literature, the occurrence of popular literature, and prosperity come out here.

 この場合、勿論、科学の発達の中に含まるべきことではあるが、特に文芸に於て注意して置くべきは、印刷術の発達普及ということ、従って一般読者のレベルの向上、及び読書力の普及ということである。

In this case, of course, it should be included in the development of science, but especially in literary caution should be placed on the development and dissemination of printing techniques, thus improving the level of general readers and reading ability It is the spread of.

これが大衆文芸発達の一原因であるのは云うまでもないことである。

It goes without saying that this is one cause of public literary development.

 芸術的小説の衰頽、大衆文芸の発展は、これを世界中、凡ゆる処に例をとることができる。

The decline of artistic novels, the development of popular literature, can take examples of this in all places all over the world.