文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(100-125)/1407

フランスに於ては、今や洒落文学といったようなものが全盛を極めているし、アメリカに於ては、前に述べたように、勿論、芸術小説は皆無と云っていい。

In France, things like fashionable literature are now at their best, and in the United States, as I mentioned before, of course, no art novels can be said to be absent.

独逸に於ても、諸君が丸善へ行ったら一見してわかるように黄色本という奴が流行している。

Even in Germany alone, as you can see at a glance when you go to Maruzen, a man called Yellow Book is prevalent.

イギリスでは大衆文芸が全盛である。

In the UK popular literature is at its best.

新興のロシヤに於てさえ当局がかくも文芸を奨励しているに拘らず、まだ偉大な新らしき時代のトルストイも、ドストエフスキイも出現しないように見受けられる。

Even in emerging Russians, despite the authorities encouraging literary arts as well, it seems that Tolstoy and Dostoevsky, which are still in the great new era, do not appear either.

日本で円本の乱出のために芸術小説が行詰ったなぞというのは、浅薄な考え方であって、やはり日本も、世界の潮流に圧し流され、同じ原因から、既に芸術小説が行詰ったと見るのが正しい。

The mystery that art novels have stuck in Japan for the turbulence of Japanese books is a shallow way of thinking, Japan is also pushed by the tide of the world, again, from the same cause already artistic novels stuck It is correct to see it.

もし、円本のために行詰ったというのが正しいとすれば、読者はその程度の欲求しかないことになり、かかる読者の欲求なりとすればそれは実につまらないことであり、一方作者は自身の芸術的無力を自覚して、小説を書くことを止めたがいいのである。

If it is correct to say that a stub is because of a copy of a book, the reader has only that extent of desire, and if such a desire of the reader becomes it, it is really trivial, while the author himself You should be aware of artistic helplessness and stop writing novels.

だが、読者は決して、そんな欲求に甘じているのでは無い。

However, the reader is by no means inclined to such a desire.

きっと広汎な読者層は、芸術小説にあきたらず、寧ろ熱烈に大衆文芸を求めてやまないことを、事実が証明している。

I'm sure the fact that the extensive readership has not attracted to art novels, and rather they are enthusiastic seeking public literary arts.

日本の特殊的な事情については後に述べる積りである。

The specific circumstances of Japan are described below.

 そこで、私が芸術小説の衰頽と云ったのは、決して滅亡を意味しているのではない。

So, what I said as a fiction of art novel means never destroying.

総て、物には、芸術にも、時代的な変遷というものがある。

Everything, things have artistic and historical changes.

例えば、彫刻は何といっても希臘時代が最も発達していた。

For example, sculpture was the most developed in the rare era.

併しながら、彫刻という型の芸術は現在にも滅びずに残っている。

Together, the art of the type of sculpture remains unchanged even now.

他に例を挙げれば、現在アメリカには純粋絵画は存在せず、絵画はポスター絵画として描かれているに過ぎない。

To give you another example, pure paintings are not present in America at the moment, and paintings are only depicted as poster paintings.

そんな意味で、私はここで、芸術小説の衰頽と云ったまでである。

In that sense, I am here to say that it is a decline of art novels.

 さて、最後に、特に日本の文芸史に関して一言しなければならぬ。

Well, finally, I have to say a word about Japanese literary history in particular.

それは、日本の大衆文芸の発達上、重大な一要因だからである。

Because it is a serious factor in the development of popular literature in Japan.

私は、この章の頭初に於て、人間はあまりに精神生活を過重評価したことを述べた。

At the beginning of this chapter, I mentioned that human beings overly valued mental life.

それは、世界の文明に後れて発達し、あまりにあわただしく世界文明を輸入したために、不消化の部分が可成残って、特に、以上のことが変態的に日本の文芸の発達の障害をなしたという事実である。

It developed following the civilization of the world, and because it imported world civilization too rudely, the part of indigestion remains, and in particular the above has metamorphosedly made obstacles to the development of Japanese literary arts It is the fact.

繰返していうなら、日本に於て、特に、何の感激をも読者に与えない、陳腐にして常套なるものが、あまりに多く描れた。

Repeatedly, in Japan, too much things commonly become obsolete, not giving the readers anything, in particular, were drawn too much.

即ち、明治の末期より、大正、そして現在へかけての自然主義文学の輸入、跋扈、従って極端なる、異常事件の軽蔑、興味の否定、そのために、日本の文芸は畸形的発達を遂げた。

That is, from the end of the Meiji era, Japanese literary arts have developed erotic development, due to imports of literature of the Taisho era and now, contempt of extreme, abnormal cases, denial of interest, and so on.

その残滓が今も尚存在し、今度はかえって、日本の近代文芸の取材の行詰りをきたし、世界的な文芸衰微と合流して、芸術小説の不振を招く結果になったのである。

The residue still existed, and this time it gave rise to the stalematerials of Japanese modern literary interviews, joined with the worldwide literary art decline, which resulted in poor art novels.

この事は亦、日本に於ける大衆文芸発達の一原因となる。

This is also a cause of popular literary development in Japan.

 そうして、一方亦西洋文芸のあわただしい輸入のために充分の余裕がなかったことにも起因するのであるが、日本には芸術小説以外の他の種類の文芸の極めて少いことが最後に大衆文芸発達を将来した原因となって来るのである。

And, on the other hand, it is also attributable to the fact that I could not afford enough for a rich import of Western literary arts, but in Japan very few things of other kinds of literature other than art novels are finally made public It will become the cause of literary development in the future.

 西洋に例を取って見るのに、立志小説としては、マロックの「ジョン・ハリファックス・ゼントルマン」だとか、少年小説としては、スチブンソンの「宝島」だとか、アミーチスの「クオレ」だとか、マロオの「家なき少女」だとか。

To take an example in the West, as a nobility novel, such as "Marock's" John Halifax · Zentrumman ", as a juvenile novel, Stevenson's" Treasure Island ", Amicis's" Quore ", Malo "The girl without a house" or something.

科学小説としては、ウェルズの諸作だとか、冒険小説風の読物としては、ハッガードの作品とか、トウエンの「ハックルベリー・フィンの冒険」「トム・ソーヤの冒険」だとか、家庭小説としては、「黒馬物語」とか、ファラアの「三家庭」とか、ホオソンの「緋文字」とか、目的小説としては、「アンクル・トムス・ケビン」だとか、歴史小説としては、シェンキヰッチの「|何処へ行く」だとか、ヂケンスの「二都物語」だとか、伝奇小説としては「アラビヤン・ナイト」とか、ゴーゴルの「タリス・ブルバ」だとか、「ロビンソン・クルーソー」だとか、その他、「不思議の国巡廻記」と、ラムの「シエクスピア物語」とか、フェヌロンの「テレマック物語」とか、オルコットの「四少女」とか、キングスレーの「ハイペシャ」とか、ヂューマの「黒いチューリップ」とか、探偵小説では、有名なルブランのアルセーヌ・ルパン物、コナン・ドイルのシャロック・ホームズ物、その他チェスタートン、フレッチャー等々。

As scientific novels, there are various works by Wells, as adventure-style readings, Haggard's work, Touen's "adventure of Huckleberry Finn", "Adventure of Tom Sawyer", or as a household novel " As a historical novel, such as "Kuroma Monogatari", Farahua's "Three Families", Hoson's "Scarlet Letters", as a purpose novel, "Uncle Toms, Kevin", as a historical novel, Shenki's " Or, such as "two narrative stories" of Dickens, as a legendary novel "Arabiyan Night", Gorgol's "Talis · Buruba", "Robinson Crusoe", etc. Other "Wonderland cycling , "Rom's" Shakespeare Story ", Fenuron's" Telemac Story ", Olcott's" Four Girls ", Kingsley's" Hypesha " Or "black tulip" of Yuma, in the detective story, Arsene Lupine of the famous Le Brun, Sharrock's Holmes of Conan Doyle, other Chesterton, Fletcher and so on.