文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(241-268)/1407

例えば少年文学にしても、その分野に踏み止るもの小説唯一人であった。

For example, even for juvenile literature, it was the only novel novel that took up the field.

 かかる文壇小説偏重の悪傾向は、如何なる原因より発し如何にして助長されたのであろうか。

How was the evil tendency of such literary novel deviation promoted by what cause?

 我々は、此処で、日本に稀なる四人の文芸批評家の出現を省みなければならない。

Here, we must omit the emergence of four literary critics rare in Japan.

即ち、高山樗牛森鴎外坪内逍遥島村抱月が之である。

That is, Takayama Beef, Mori Ogai, Tsubouchi Yukihiro, Shimamura Hosatsuki are the crowd.

当時、我国には前述の如く、通俗小説以外に文芸は皆無であった。

At that time, in Japan as mentioned above, there was no literary work other than common novels.

彼等四人の評論家は口を揃えて、文学の正統性を論じ、純粋文芸の必要を力説し、主張し、堂々たる文学論を戦わしたのであった。

Their four critics argued about the legitimacy of literature, emphasizing and claiming the necessity of pure literaryism, fighting the dignified literary theory.

彼等の云わんとする処は正しかった。

Their way of saying was right.

彼等は文芸を正道に帰さんと試みた。

They attempted to return literature to the right path.

斯くして、彼等の文学論は、遂に圧倒的な勢力を文壇に占めるに到って、世の文学者、作者は、今度は悉く通俗小説を棄てて彼等の下に馳せ参じたのである。

Thus, their literary theory finally occupies overwhelming power in the literary, and the literary and the world of the world have abandoned all common novels and came under them is there.

以後、通俗小説に踏み止まったものは、今まで通俗小説を書き馴れて来た老人達のみで三十年以前から書き来った儘に、漸く消えなんとする通俗文芸の命脈を保っているに過ぎなくなった。

After that, the thing which was stopped by the popular novel is keeping the popular literary artifacts which disappears gradually to the 儘 which was written only 30 years ago only by the elderly people familiarizing the common novels until now It's gone.

 樗牛、鴎外、抱月、逍遥四人の優れた評論家が唱えた処は、誠に正しかった。

Beef cattle, Ohgai, Hosuki, Yu Haruka's excellent critic's advice was truly correct.

併し、その文学論は、今度は反動的に、文壇小説偏重の傾向を培い、文芸を文壇小説一種に限らんとする努力がなされるに到った。

At the same time, the literary theory, in reactionary fashion, cultivated the tendency of bad literary novels, and efforts were made to limit literature to just one type of literary novel.

加うるに、日本に於ける自然主義文学運動が次第に盛んとなるや、この傾向を愈々助長促進せしめ、自然主義文学者に非ざれば、作家に非ず、とまで叫ばれるに至った。

In addition, when the naturalistic literary movement in Japan gradually became popular, we promoted this trend more and more and, as long as we were not aware of naturalist literary people, we cried out to the writer.

その後、文芸上の風潮は人道主義派、新理智派とそのイズムの色に変化はあったが結局彼等は、文壇小説以外の通俗文芸を度外視し去り、従って通俗文芸に対する、若き作家達の関心、努力は全く無くなって了ったのであった。

After that, although literary trends changed in humanitarian faction, Shin Richo school and the color of its isism eventually they overlooked folklore literature other than literary novels, so they left for young writers Interest, efforts were totally gone and it ended.

このようにして、震災以前の大衆文芸は、沈滞その極に達した。

In this way, public literature before the earthquake reached its extreme stagnation.

 蓋し、今日の大衆文芸の隆盛は、必然的なものであって社会がかくも大衆的にならなくても、新らしい通俗文芸は当然起らねばならぬ機運にあったものだと云い得るのである。

It is possible to say that new linguistic literary works were obviously a momentum that should be obliged, even if society does not become popular even if the living of today's mass literary art is inevitable It is.

 そこで、話は震災以後に移るのであるが、震災以後に於ても、本田美禅、岡本綺堂、前田曙山、江見水蔭、渡辺黙禅、伊原青々園、松田|竹嶋人と云うような人達が通俗小説を相変らず発表しているのであるが、之等の人は、謂わば硯友社派の残存者達であり、文壇小説家としては落伍した連中であって、残念ながら新らしき大衆文芸の復活者とは決して云えないのである。

Therefore, although the talk shifts after the earthquake, people like Monday Honda Mizen, Okamoto Kimido, Maeda Hayama, Emi Shimono, Watanabe Zeisen, Ihara Azumono, Matsuda | Takeshima man, etc. Those people are still surviving the popular novels, but such people are so-called 硯 社 社 社 社 残 ば ば ば ば ば ば ば ば ば ば ば 硯 硯 硯 硯 硯, として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として として としてIt can never be called a resurrector.

 復活以後の最初の作品として挙げるべきは、震災前即ち大正四五年に東京|都新聞に連載された、中里介山の「大菩薩峠」である。

The first work to be cited after the resurrection is the "big bodhisatz pass" of Nakazato Nakayama serialized in the Tokyo | Miyako newspaper before the earthquake, that is, Taisho 45 years.

今日でこそ、大衆文芸の一典型とまで持囃されているが、発表当時は勿論、大正十二三年頃に到る迄は、その存在すら一般には認められなかったのであった。

Today, it is popular with a typical literary literature, but at the time of the presentation, of course, until the time around the Taisho period, even its existence was not generally accepted.

その他、国枝史郎は、講談雑誌へ「蔓葛木曾桟」を書き、白井喬二は、人情倶楽部へ「忍術己来也」を、大佛次郎はポケットに「鞍馬天狗」を書いていた。

In addition, Shiro Kunieda wrote "Konjiki Sorain" to a talking magazine, Koji Shirai wrote "Ninjutsu kimiya" to the Humanity Club, and Jiro Ohashi wrote "Kurama Tengu" in his pocket.

然も、之等も亦、殆んど全く人々の注目する処とはならなかったのであった。

Naturally, both of them also did not become the focus of people 's attention at all.

 大正八九年頃、当時、私は「主潮」と謂う雑誌を編輯していたのであるが、その中で、私は「大菩薩峠」と、後藤宙外の大阪朝日新聞に書いた小説とを比較して、「大菩薩峠」の優れていることを賞讃したことがあったが、それも又一般の人々の認める処とはならなかったのである(以下、少々私自身の自慢のように聞えるかも知れないが、事実であるから何とも致しかたのないことだと思う)。

Back then around 1989, at that time I was editing "magazines" and so-called magazines, but among them I was talking about "The Great Bodhisattvat Pass" and the novels written in the Osaka Asahi Shimbun outside Goto In comparison, I praised the superiority of the "Large Bodhisattva Pass", but it also did not become an acceptance of ordinary people (hereinafter, a little boasting of myself) As you may be able to hear it, I think that it is a fact that it is incomprehensible as it is a fact).

その後、春秋社に這入った私が、喧嘩別れをして出た時に、大菩薩峠を置土産にして去ったのであった。

After that, when I entered the spring autumn company, when I broke up fighting, I passed away the large bodhisattva as a sacrifice and went away.

「苦楽」が発行されることになって、私が編輯の任に当った。

I was in charge of editing as "grief" to be issued.

そこで私は有名な文壇人達に同誌上へ通俗小説を書いて貰い、自分も書いた。

So I got famous literary people to write a popular novel to the same magazine, and I also wrote.

それから大衆文芸の機運が漸く動き始めたと云っていいと思うのである。

Then I think that it can be said that the momentum of literary literature began to move gradually.

そこで、長谷川伸平山蘆江、土師清二、村松梢風大佛次郎吉川英治等が続々と新らしい大衆文芸を提供し、広汎な読者層が、之に応じ始めたのである。

So, Hasegawa Shin, Hirayama Yoshie, Tsushiya Seiji, Muramatsu Kaoru, Daibo Jiro, Yoshikawa Eiji, etc. continued to offer a new mass public literature, and the extensive readers started responding to it.

 この新らしく勃興し来った大衆文芸が以前のそれと異る処は、次の諸点であろう。

This newly rising popular literary craft is different from the previous one, it will be the following points.