文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(292-328)/1407

 以上の分類法は、私が江戸時代の通俗小説を分類するの方法を適用して見たのであるが、之を、現在の言葉により現在の分類法を用いるなら、第一「探偵小説」第二「冒険小説」第三「少年、少女小説」第四「宣伝小説」この中には、政治、宗教、思想等、作によって目的を宣伝、流布せんとする物の一切が含まれてくるのである。

The above taxonomy has been applied by applying the method of classifying popular novels in the Edo period, but if we use the current classification method according to the current language, we will use the first "detective novel" Two "Adventurous Novels" The Third "Boys and Girls Novels" Fourth "Advertising Novels" This includes all things that advertise and disseminate the purpose by politics, religion, thought, etc. through work is there.

第五に「歴史小説」第六に「伝奇小説」この両者の相違は後章に詳説する。

Fifth "Historical novel" Sixth "A novel novel" The difference between these two is detailed in a later chapter.

 第七に「スポーツ小説」この中へ、海洋又は山岳文芸を含めてもいい。

Seventh "Sports novel" Into this, may include ocean or mountain literature.

第八に「立志小説」又は、修養、教訓小説と云っていいもの。

Eighthly "Toshi novel" or something good to say, education, lessons learned.

第九に「花柳小説」第十に「滑稽、諷刺小説」第十一に「恋愛小説」第十二に「実譚小説」第十三に「怪異小説」第十四に「戦争小説」第十五に「英雄小説」第十六に「科学小説」と。

The ninth "Hanayanagi novel" tenth "Ridiculous, satire novel" Eleventh in "Romantic novel" on the twelfth "Actual tale novel" Thirteenth "Mystery novel" Fourteenth "War novel" 15th "heroic novel" in the sixteenth "science fiction".

こんな風に分類して行くなら、「競馬小説」「カフエ小説」「シネマ小説」……と何ういう風にでも分類ができる訳である。

If you classify it like this, you can classify anything like "horse racing novel", "café novel", "cinema novel" ... ....

 然し、もしこれを内容的に見るならば、ただ二つに帰してくる。

However, if you look at it contentually, it will be attributed only to two.

その一つは、興味中心、娯楽的、即ち事件の起伏波瀾、変化の面白さのみによって、読ませようとする物であり、他の一つは、勿論、そういう点も十分に考慮されて居るが、純文芸の目的たる、人間及び人生、社会等の探究、解釈をも含めている物である。

One such thing is to intention to read by the interest center, entertainment, that is, the frenzy of the incident, the frenzy of change, only the fun of change, the other one is of course fully considered such points However, it also includes the exploration and interpretation of human beings and life, society etc, which is the purpose of pure literary art.

 そこで、私は、次のように分類するのがいいのではないかと思う。

Therefore, I think that it is good to classify as follows.

 一、時代物

One, an era

 二、少年物

Two, a juvenile

 三、科学物

Three, scientific objects

 四、愛欲小説

Four, loveless novel

 五、怪奇物(広い意味の探偵小説)

Five, monster (broad semantic detective story)

 六、目的、又は宣伝小説

Six, purpose, or advertising novel

 七、ユーモア小説

Seven, a humor novel

  一、時代物

One, an era

 時代物は、これを伝奇小説と歴史小説に分類する。

The time period classifies this as a legendary novel and a historical novel.

 伝奇物とは、髷物であり、所謂大衆小説と称せられている処のものである。

Mobility is a thing, a thing called a so-called mass novel.

主として事件の葛藤、波瀾を題材としたものであって、従って興味中心的であり、多少は歴史的虚偽を交ぜても構わない種類のものである。

It is mainly a subject of the conflict of events, rippling, so it is interesting and somewhat of a kind that does not matter regardless of historical falsehood.

 現代の日本の大衆作家の作品の殆んど凡てはこれであると断言することが出来る。

It can be asserted that most of the works of contemporary Japanese popular writers are all this.

 歴史小説と称ばるるものは、歴史的な史実の考証的研究の充分にされたものであって、歴史的事実は毫も曲げずして、新らしき解釈を下した作品である。

What is named historical novel is a well-made study of historical historical factual studies, a work which historical facts did not bend and gave a new interpretation.

シェンキヰッチの「神々の死」等の諸作、フローベルの「サランボ」等の如きが例として挙げられ得るであろう。

Various works such as "Death of the gods" of Shenky Ritch, Flowbell's "Sarambo" etc. may be mentioned as examples.

  二、少年物

Two, a juvenile

 主として想像力に基く一切の作品、大人の持っている分子の一切をも含めたものを、凡てこの題下に呼ぶのであって、怪奇物語、冒険、探険小説等々を包含するのである。

Everything primarily based on imagination, including any of the adult 's molecules, are all called under this title, including strange stories, adventures, exploratory novels, and so on.

例えば、「竹取物語」、「西遊記」、「アラビアン・ナイト」、スチブンソンの「宝島」、アミーチスの「クオレ」、マロオの「家なき少女」、トウエンの「ハックルベリー・フィンの冒険」「トム・ソーヤの冒険」、「ロビンソン・クルーソー」、「不思議の国巡廻記」等。

For example, "Taketori Monogatari", "Journey to the West", "Arabian Night", Stevenson's "Treasure Island", Amicis's "Quore", Maroo's "Homeless Girl", Touen's "Adventures of Huckleberry Finn" · Soya's Adventure 」,「 Robinson Crusoe 」,「 Wonderland Cycling Diary 」etc.

 この種の創作には、殆んど我が国では手がつけられて居ないといってもいい。

In this type of creation, it can be said that most of the hands have not been handled in Japan.

よき少年文学は、大人の文学作品の書ける上に、より充分な「空想力」が無ければ書くことは困難である。

Good juvenile literature is difficult to write if there is no more "fantasy power" in addition to writing adult literary works.

これを、只単に、年少の人の読物なりとして軽蔑し去る理由は少しも無いのである。

There is no reason to despise this as simply as a reading by a young person.

それだけの理論さえ理解出来ずして、一端これを棄ててしまった文壇小説が益々|狭隘な途に踏み込んでしまったのは当然と思われる。

I could not understand even that theory, and it seems natural that the literary novel which abandoned this one more and more stepped down narrowly.

 現在、少年、少女小説は、一の転換期にあるように観察される。

Currently, boys and girls novels are observed as if they are in one turning point.

嘗て、少年を喜ばした処の、空想力に依った科学的探険談は、現在の加速度的なテンポで進歩して止む処を知らない科学の知識によって書き改められるべき時に到達しているのである。

In the meantime, scientific explorations based on fantasy powers, which delighted the boy, have reached the time to be rewritten by knowledge of science unfamiliar with advancing at the current accelerated tempo and not stopping .

この転換期に於ける少年文学は、科学と空想とが如何に巧みに結合するかによって解決されると思う。

I think that juvenile literature in this transition period will be solved by how skillfully combines science and fantasy.

旧き一切のものは、新らしきものの材料となり得るであろう。

Everything old can be a material for new things.

もし、現在日本の文学界に最も必要な小説を求むるならば、私は第一に少年文学を挙げるに躊躇しないであろう。

If you are currently seeking the most necessary novels in Japanese literary circles, I will not hesitate to list juvenile literature first.

 少女小説に到っても、同様である。

Even if you reach a girl's novel, it is the same.

現在の少女小説作家が、同性愛と古きセンチメンタリズム以外の何物も描き得ない時に、大人の愛欲生活の世界は、思想的にも経済的にも急速に変化しつつあるのである。

When the present girl novelist can not draw anything other than homosexuality and old centimeter rhythm, the world of adult 's love life is changing rapidly both ideologically and economically.