文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(329-374)/1407

かかる重大な危機に臨んで、果して現在の少女小説作家は如何に考えているのか、私は大方の少女小説作家諸君に問いたい。

With such a serious crisis, I would like to ask many girls' novelist writers how the current girl novelist is thinking.

  三、科学小説

Three, science fiction

 科学小説と称ばれる種類の作品例は、日本には皆無である。

There are no examples of kinds of scientific novels that are named in Japan.

外国に例を取るなら、ハッガードの探険談。

If you take an example in a foreign country, Haggard 's exploration talks.

ウェルズの諸作品。

Wells' works.

近頃では、テア・フォン・ハルボウ女史のメトロポリスなぞが、そうである。

Recently, the Metropolis mystery of Ms. Tear von Harbou is like that.

科学の進歩発展した今日、日本にも当然創作されなければならないものである。

Advances in science Today it has developed, it must of course be created in Japan as well.

私は現代に於ける進歩とは、科学の発展以外の何物でもあり得ない、と断言して過言ではあるまいと思う。

I do not think it is an exaggeration to assert that advances in modern times can not be anything but science development.

精神文明、芸術的諸作品、と云ったものは頽廃しつつある。

Things such as spiritual civilization and artistic works are being abolished.

少くとも科学と比較する時は、退歩していると云い得るだろう。

At the very least when comparing it with science, it can be said that he is going back.

斯る時に当って、日本に未だ曾て科学小説の現れなかったというのは、日本人が如何に科学に対して無理解であったかを示すものである。

At that time, having not yet appeared in science fiction in Japan still shows how the Japanese were unresponsive to science.

と同時に、今後に於て科学小説の領域に全き発達の余地が残されていることをも指し示すものである。

At the same time, it also points to the fact that there is still room for development in the field of science fiction in the future.

 科学とは、単に機械に対する驚異というような狭い意味の言葉では、決してない。

Science is by no means a narrow meaning like mere wonder to machines.

私の意見に依れば、人間の生活は、自然的倫理作用より科学的倫理作用に支配されるようになって来た傾向がある。

According to my opinion, human life tends to be dominated by scientific ethical action rather than natural ethical action.

と云うのは、科学は、必ずしも人間の要求する幸福を実現する方向にばかり進んでるのではない。

To say, science is not necessarily advanced just to realize the happiness demanded by humans.

人間は、自然的な人格作用として、人口の増殖と食物の増加を望む。

As a natural personality action, humans desire growth of the population and increase of food.

この自然的倫理作用の命令に従って、科学が支配されるならば、一年中に米が三度取れるようになっているべきだ。

According to this order of natural ethical action, if science is dominated, rice should be able to take three times a year.

然るに、科学の発見があるごとに、一つの傾向だけが雪だるまのように広がり、大きくなるのである。

However, with the discovery of science, only one trend spreads and grows like a snowman.

例えばテレビジョンの発明まで、享楽的方面にすばらしい発達を見せている。

Until the invention of television, for example, it shows great development in the enjoyment direction.

処が、享楽的科学の発達は、人口増殖とか食物問題とかとは、概して矛盾した結果を齎す。

In the development of enjoyment science, population growth, food problems and others generally result in contradictory results.

つまり、人間的生活は人間の自然的欲望の倫理作用より科学的なる倫理作用に支配さるるに到るのである。

In other words, human life is dominated by scientific ethical action rather than the ethical behavior of human natural desire.

この科学文明の歪んだ道を、正当に引き戻すためだけでも、科学小説は、今や立派な使命を持っていると、云えるのである。

It can be said that science novels now have a worthy mission, just to justify bringing back the distorted path of this scientific civilization.

  四、愛欲小説

Four, loveless novel

 現在までの家庭小説は主として恋愛小説であった。

Family novels so far were mainly romance novels.

殆んど凡ての文学は恋愛事件を含んでいるから、一切の文学は恋愛小説であるとも云える訳だが、特に愛欲のことを取扱った小説を大衆文芸の一部門として分けてもいいと思う。

Because almost all literature includes romance incidents, all literature can be said to be romance novels, but if you can divide the novel that dealt with love, especially as a division of public literature think.

 ただ、今後の作者が特に、恋愛を取扱う場合に注意すべきは、恋愛を科学的に考察することである。

However, the future authors, especially when dealing with love affairs, should pay attention to romantic science.

精神的恋愛、肉体的恋愛、という古くよりの二つの区別を信奉するものは、新らしき恋愛小説は書き得ないだろう。

Those who believe in the two distinctions of older than mental romance, physical love affair, will not be able to write a new romance novel.

私をして云わしむるなら、恋愛は八種類に分類し得ると思う。

If you stop talking about me, I think that romance can be classified into eight kinds.

参考のために、以下少しく、恋愛について述べよう。

For reference, let's talk about romance a little bit below.

 一、思春期的恋愛。

One, adolescent love affair.

この時代の恋愛は、ただ無闇な、盲目的な情熱にうかされるのであって、無批判的で、相手を選択する余裕がない。

Romance in this era is just an indecent, blind passion, it is uncritical, I can not afford to choose a partner.

街角で出あった最初の異性が恋人である。

The first opposite sex in a street corner is a lover.

恋愛は、本質的にかかるものではあるが、特にこの思春期に於ける恋愛は、情熱的で、無批判である。

Love comes essentially, but love affair especially during this adolescence is passionate and uncritical.

 二、母性的恋愛。

Second, maternal love affair.

無自覚な、大多数の、日本の女性の恋愛は悉く、この種類に属するのであって、恋愛はそれ自身として独立していないのである。

The unaware, majority of women's romantics in Japan all belong to this type, and romance is not independent as such itself.

子供を欲しい事が、無意識的に動いて、異性を欲しがる処の恋愛である。

To want a child is a love affair that moves unconsciously and desires opposite sex.

かかる恋愛は、子供さえ出来れば、あらゆることに忍従するものである。

Such love affairs will obey everything if only a child can do it.

 三、性欲的恋愛。

Three, sexual relationship.

ある人々は恋愛で無いと云うかも知れないが、恋愛的な気持の一抹もないようなことは絶対に無いと云っていいから、恋愛の中に入れていいと思う。

Some people may say that they are not in love, but I can say that there is absolutely no such thing as love feelings, so I think that you can put it in love.

 四、英雄崇拝的恋愛。

Four, hero worship love affair.

必ずしも、その人を独占しようとするのではなくして、その人に、好意をもたれんことを望む。

I do not necessarily want to monopolize that person, I hope that they will give favor to that person.

活動俳優に対するファンの気持。

Fans' feelings for activity actors.

著名人物に交際を求める男女の恋愛心理といったものが、これに属する。

Men and women's romance psychology seeking relationships with prominent figures belong to this.

 五、社交的恋愛。

Five, socializing love affair.

殆んど之に同じもので、頗る遊戯的な恋愛である。

It is mostly the same thing, it is a playful love affair.

音楽会へ行く時の、競馬を見る時の、舞踏会へ行く時の相手といった、軽い携帯用の、ステッキのような恋愛である。

It is a light portable romance like a stick, such as when going to a music party, when you are seeing a horse race, when you go to a ball.