文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(375-403)/1407

 六、同志的恋愛。

Six, a comrade love affair.

コロンタイ女史の小説に表れるような最も新らしい型の恋愛であって、何よりも第一に、政治的に思想的に一致した意見によって同志として結ばれていなければならない。

It is the most new type of romance that appears in a novel by Mr. Colon Thai, and must be connected as a comrade by the politically ideally agreed opinion, above anything else.

これは、労農ロシアの若きゼネレーションの中から必然的に生れたもので、近頃日本でも林房雄なぞに云々され、流行せんとする傾向があるが、本来はそんな軽率な、皮相的なものではないのであろう。

This is inevitably born from the young generation of labor farming Russia, and recently it is said in Hayashi Fusao mystery in Japan, and there is a tendency to trendy, but originally such a rare and severe thing It will not be.

  五、ユーモア小説

Five, a humor novel

 一体、ユーモアとは、現象の見方にある。

In one, humor is a viewpoint of phenomena.

人生に、到る処に絶えない数限りなき悲劇的現象を、喜劇的に見たものがユーモア小説なのである。

Humorous novel is a thing that comely watched a numberless tragic phenomenon that is constant in its way to life.

だから需要は常にありながら作者が非常に、稀なのである。

So while there is always demand, the author is very rare.

ユーモア小説作者の稀なことには、二重の不利が存在するからである。

The rare thing about a humor novelist is that there are double disadvantages.

一つは、他から反感を抱かれ勝ちであること。

One is to win and be empathized from others.

そして、今一つは、作法上に非常に困難があるので、教養あるものに解るように書けば、無教養な人達にはその面白さなり諷刺なりが理解されない憂いがあり、教養少き人達の為に解り易くすれば、教養あるものからは駄洒落なぞと軽蔑されること。

And the other one is very difficult in the method of writing, so if you write it as understanding, it is fun for the uncultured people to be unintelligible and it is not understandable that the stuffiness is not understood, for the cultural people If it is easy to understand, from being educated is to be despised as a punching mystery.

加うるに、我が国に於ける、かの畸形的な、自然主義文学の発達が作品に現れるユーモアを極端に軽蔑したことも、ユーモア作家の少いことの、そして、従って優れたユーモア小説の少いことの重大な原因をしているのである。

In addition, the fact that the development of the formal, naturalistic literature in our country extremely disdained the humor that appears in the work is also a matter of a little of a humorist and thus a little of a good humor novel It is a serious cause of bad weather.

現在、ユーモア小説作家としては、大泉黒石佐々木邦の二人を除けば、皆無といっていいであろう。

Currently, as a humor novel writer, except for Oizumi Kuroishi and Sasaki Kuni, it may be said that there is nothing.

私の考えでは、かの夏目漱石の「坊っちゃん」や「吾輩は猫である」は、立派なユーモア小説であると思っている。

In my opinion, Natsume Soseki's "Botchan" and "I am a cat" think that it is a respectable humor novel.

 現在、世にユーモア小説として喧噪されているものの殆んど総ては、低級な言葉上の洒落とか、業々しく無理にユーモア的に歪められたる会話、故意に笑わそうと作られたるもののみである。

Currently, most of the things that are blown up as humor novels by the world are all fancy on low-level words, conversation that is forcedly humiliatingly distorted, something that was made to deliberately laugh is there.

かかるもののみがユーモア小説とされている現状に於て、我々は大いに考え直さなくてはならない。

In the present situation that only such things are regarded as humor novels, we must rethink much.

 だが勿論、ユーモアには、言葉及び会話の自然的な可笑しさが重大な役目を持つのである。

But of course, natural humor in words and conversations has a crucial role in humor.

外国のユーモア小説が翻訳されても、面白さが半ばなくなるのもその為である。

Even if foreign humor novels are translated, that's why fun is lost halfway.

例えば、改造社の世界大衆文学全集で翻訳されているし、フィルムにもなって我国へ輸入されたから、読者諸君も知っているだろうが、亜米利加で驚くべき売れ行きを示しているアニタ・ルース夫人作の「殿御は金髪がお好き」というユーモア小説でも、原書で読むと、仲々面白い洒落た会話が到る処に見出されて興味深いものがあるが、翻訳ではその味が全く無くなって、原書と比較にならぬ程面白くなくなっているのも、その故である。

For example, it has been translated by the remodeled world popular literature collections and imported into Japan as a film, so even readers are aware of it, but Anita, which shows surprising sales at the sub-americas · Even in Humor novel by Mrs Ruth, "Honorable blond hair", when reading in the original book, there are interesting things to be found in which funny fancy conversation arrives, but its taste disappears at all in translation , That is why it is not so interesting that it is incomparably comparable to the original book.

又、江戸時代の黄表紙が現在の言葉に翻訳されても、同様に面白味がなくなるのもそうである。

Also, even if the yellow paper of the Edo period is translated into the present language, it is also the case that the interest is lost as well.

 そのように、ユーモア小説は、言葉が大切であるから、普通の小説家としての才能だけでは書けない。

As such, humor novels can not write with talent as an ordinary novelist because words are important.

特別な才能が必要とされるのである。

A special talent is needed.

駄洒落や無理強いな可笑しさから一歩抜け出た作家の、ユーモア小説が現れれば、それは大したものだ。

It is a big deal if a humor novel of a writer who has escaped from the puns and a forced funny funny thing appears.

が併し、丁度漫画家が正道的な画家達から、軌道外の存在として見られるように、ユーモア小説家も、普通な小説家、所謂芸術小説家達から往々にして虐待される傾向があるのである。

Together, humor novelists tend to be often mistreated by common novelists, so-called artistic novelists, just as cartoonists are seen as being out of orbit from the rightist painters is there.

 政治的な諷刺、社会に対する諷刺小読も、勿論、ユーモア小説の部類にはいる訳であるが、一面より見れば、小説の中に入れてもいいようである。

A political stuff, a small scroll reading for society, of course, it is a kind of humor novel, but it seems to be able to put it in the novel when seen from a side.

  六、目的小説

Six, purpose novel

 或は、「宣伝小説」。

Or, "advertising novel".

先に、私は大衆文芸を内容的に分類すると、興味中心的な、娯楽本意の、事件の起伏、波瀾の興味によって読者を惹きつけようとするものと、以上のことは勿論であるが、所謂芸術小説のごとく、人間及び社会等の探究、解釈、換言するならばある何等かの思想を盛らんとするもの、以上の二つに帰することが出来ることを講じたと思う。

Firstly, when classifying public literary literature contentually, it is obvious that those who intend to attract readers by interest, core intuition, entertainment intention, incidents of ups and downs, interests of riots, of course, I think that it took something that can be attributed to the above two, as in so-called art novels, exploring and interpreting human beings and society, in other words, raising some thought, if anything.

目的小説、宣伝小説と称せらるるものは即ち後者に属する処の小説である。

What is called a purpose novel, an advertising novel is a novel belonging to the latter.

その中には、盛るに政治的宗教的、思想的内容をもってし、その作品に依って作者の思想を宣伝、流布しようとする物の一切の種類を含むのである。

Among them are politically religious and thoughtful content to serve, including all kinds of things to advertise and disseminate the idea of the author depending on the work.