文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(429-467)/1407

尚人間それ自身は、現在では決して完全無欠ではない。

Human beings themselves are never perfect at present.

例えば視覚は往々にして錯覚を生じる。

For example, vision often results in illusion.

錯覚とは知りながら、ある心理的状態においては、それが恐怖心を抱かすことがある。

In some psychological conditions, knowing the illusion, it may have fear.

怪奇は、曾て怪奇なりしものが科学によって克服されればされる後から、愈々微妙に、複雑に、緻密にそれ自身を科学の隙間から突如として立ち現れ来るのである。

Sorcery emerges all the more suddenly, complexly, precisely and suddenly from the gap of science after the great and dreadful things are overcome by science.

一方、犯罪は愈々巧妙にして新な方法で構成されていく。

On the other hand, the crime will be more and more sophisticated and will be constructed in a new way.

加うるにこの歪める現在の社会に於て、一方に莫大なる富のあくなき集積があると同時に、反面に貧困を愈々深刻化し広汎に拡がらせていきつつある。

In addition, in this distorted current society, there is an enormous accumulation of enormous wealth at the same time, while at the same time poverty is getting more serious and spreading widely.

かかる時、犯罪は亦社会的に後を絶つべくも無いのである。

In doing so, crime can not be eliminated socially as well.

 エドガア・アラン・ポーの小説は、芸術小説の部類に含まるべきものながら、その題材は主として怪奇物語を取扱っている。

Edgar Alan Poe's novel dealt with mainly monster stories, although it should be included in the category of art novels.

我国で例を取れば、江戸川乱歩の傾向がそうである。

Taking the example in our country, the tendency of Edogawa Ranpo is so.

探偵小説に至っては、益々科学的知識との結合は重大である。

For the detective story, the connection with scientific knowledge is serious.

犯罪が愈々科学的に巧妙に行われると同時に、捜索も亦、科学的に緻密に行われる。

The crime is scientifically and sophisticated, and at the same time the search is also scientifically and precisely done.

ルブラン、ドイルより現在に至る探偵小説を吟味してみ給え。

Examination of detective novels ranging from Le Brun, Doyle to the present.

それが如何に科学を反映しているか。

How does that reflect science?

 だから、怪奇小説に筆を染めんとする諸君は、よろしく何よりも科学的知識を、そこでそれと結合した特異な、豊富な空想力を涵養しなくてはならぬ。

So you, those who dyed brushstrokes in strange novels, need to cultivate scientific knowledge than anything else, a unique, abundant fancy power coupled with it.

 以上、私は概括的に、我が国大衆文芸の発達史、及びそれに加うるにその各々の種類を説明し終えた。

In general, I have finished explaining the development history of Japanese literary literature and, in addition to that, each type of each.

文学は、今や世界的に転換期に到達している。

Literature now reaches the turning point globally.

ブルジョア文学よりプロレタリア文学への転換等よりもっと広汎な意味に於て。

From a bourgeois literature to a more extensive meaning than conversion to proletarian literature etc.

その二つを合せたものと云った意味でもない。

It does not mean that it is a combination of the two.

もっと綜合的な、構成的なものへの転化の意である。

It is the conversion into a more comprehensive, constitutive one.

成程、プロレタリア文学者は多少の科学的な考え方をするであろう。

Proceedings, proletarian literature will make some scientific thinking.

併し私の云うのは、もっとずっと広い意味に於ける科学的な知識、自然科学、社会科学全般に渡っての知識を包括して云うのである。

Together, I am referring to the knowledge over scientific knowledge, natural science and social science in much broader sense.

経済、政治、その他一切の社会現象、人間の知識の凡てを、文学者が自らのものとした時、甫めて十九世紀に全盛を見、以後次第に衰微した文学が再び勢よく発芽し、花咲き出でるであろう。

When the literary person himself made economics, politics, all other social phenomena, human knowledge, he saw the prosperity in the nineteenth century, after that gradually decayed literature germinated again strongly , Flower blooming out.

 私が、以上を主張するのには、抑々次の三つの根拠を有するのである。

To insist on above I have the following three grounds.

一、赤露的言論の絶対的権威、無批判的受け入れ方、に対する批判。

Criticism against the absolute authority of reddish speech, how to accept uncritically.

一、無思想であり、無反省でありながら、然も恐しき実行力を、生活力を伝播していくアメリカニズムのジャズ文明に対する批判。

I am unconscious, criticized against the jazz civilization of Americanism, which is unrepentant, yet is afraid to disseminate its execution power and propagate life force.

 そして以上の二つは、当面の世界の二大潮流である。

And these two are the two major currents of the world at hand.

最後に、

Finally,

 一、自然的人間的作用の科学文明の発展進路に対する正当なる批判、が亦文学によってなされなくてはならぬと云うこと。

First, it is said that even literature has to make a just criticism against the course of development of the scientific civilization of natural human action.

 つまり、世界中の距離が縮み、世界中の思想がインターナショナル的になり、世界の学問と学問との領域が益々接近しつつある今日、その各々のエッセンスを擢んで、理解し、其専門化して歪められたる方向を正しきに引き戻すのは、文学者の綜合的知識と批判を俟つの他は無い。

In other words, as the world's distance shrinks, ideas from all over the world become international, and the fields of academics and academics in the world are getting closer and closer, today, each individual essence is chosen, understood, specialized It is nothing other than combining literary collective knowledge and criticism to bring back the distorted direction correctly.

かかる任務を果し得る文学は、より以上に構成的、綜合的でなくてはならぬと考える。

I think that literature that can fulfill such a task must be more constitutive and comprehensive.

以上の意味に於て、私は将来の小説は、「社会的小説」であると断言して憚らないものである。

In the above meaning, I assert that future novels are "social novels" and they are cheap.

 もし、これを文学史的に観察するならば、嘗て人類が未だ宗教に情熱を有していた当時、文学が宗教と結び付いていたように、その後文学が哲学と結び付いたが如く、そこで、又文学者の人生観に依って、人類を救わんとした如く今日我々の情熱は社会制度の変革に燃えている。

If we observe this in the historical literature, then as literature was linked to religion at the time humanity was still passionate about religion, once literature was linked to philosophy, then Today our passion is burning with the transformation of the social system as we tried to save mankind by literary view of life.

それと文学が結び付くことは、歴史的に必然なことである。

It is historical inevitability that it and literature are connected.

そして次の時代に於て、文学が科学と結合するであろうことも亦文学の必然的な道程ではあるまいか。

And in the next era, it is also inevitable course of literature that literature will combine with science.

  第四章 文章に就いて

Chapter IV On the text

 これより、愈々本論にはいる訳である。

From now on, it is a translation into the theory.

この章では、一般的に大衆文芸は、如何なる文章を適当とするか、を講ずる意りである。

In this chapter, popular literature is generally intending to take any sentences as appropriate.

 大衆文芸に於ける文章は、記述の明晰にして理解し易いことを、第一条件とする。

For sentences in popular literature, the first condition is that the description is clear and understandable.

つまり、「話すが如く書く」ことを根本原則とするのである。

In other words, the basic principle is to "write like talking".