文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(468-510)/1407

だから、出来得る限りに於て芸術上の技巧的な個人性を出さないように努めなくてはならぬ。

Therefore, we must try not to give artistic artistic individuality as much as we can.

何故なら、技巧の表現の個人性が深まれば深まる程一般の人々に解りにくくなるものだからである。

Because it becomes difficult for ordinary people to understand the deeper the personality of expression of technique skills deepens.

芸術が言葉の表現にある以上、芸術家としては技巧上の個性と謂うものは当然現れるものではあるが、所謂芸術小説とは異り大衆文芸といわるる一般向きのものであるからには、表現上個人的特異性のあまり深まるようなことは避けなくてはならない。

As art is in the expression of words, artistic personality and so-called artifacts naturally appear, but unlike so-called art novels, because it is of general orientation called popular literature, We must avoid such deepening of personal specificity.

此のことは、古来屡々芸術家に依っても云われて来たことであって、仏蘭西の詩人レミ・ド・グルモンも「話すがごとく書くべし」と主張している。

This is what has been told by an artist since ancient times, and Remy De Grumont, a poet of French orchid, also argues that "You should write like speaking."

 だから、芸術小説と大衆小説との分岐点は題材の如何にあるのでは無くて、寧ろその文章にあるのである。

Therefore, the branch point between art novel and popular novel is not the subject matter, rather it is in the sentence.

例えばエドガア・アラン・ポーの幾つかの奇怪なる物語は、まさしく大衆的に興味を惹くものではあるが、その文章はあくまで個性を発揮した、立派な芸術小説的なものである如き然りである。

For example, some bizarre stories of Edgaa Alan Poe are just interestingly popular, but that sentence is like a fine art novel that demonstrated personality to the last .

だから、ポーの文学的地位は芸術作家であって、決して通俗作家ではない。

So Poe's literary position is an artist, it is by no means a popular writer.

試みに、日本の現在に於て、最も特異な文章を書く芸術作家として、有名な、横光利一君の文章を引用して置こう。

As an attempt, let's quote the famous written text of Toshiko Yokomitsu as an artist who writes the most unique sentences at present in Japan.

後に挙げるであろう処の、大衆作家の文章と比較されたら、面白いと思う。

I think it would be interesting if compared with the writers' writings, which will be listed later.

 ナポレオンの腹の上では、今や田虫の版図は径六寸を越して拡っていた。

On the belly of Napoleon, now the plate of the rice straw spread beyond the diameter six.

その圭角をなくした円やかな地図の輪廓は、長閑な雲のように美妙な線を張って歪んでいた。

The contour of the circular map which lost its bay was distorted by stretching a beautiful line like a dirty cloud.

侵略された内部の皮膚は乾燥した白い細粉を全面に漲らせ荒された茫茫たる沙漠のような色の中で僅かに貧しい細毛が所どころ昔の激烈な争いを物語りながら枯れかかって生えていた。

The invaded interior skin got dry dry white flour all over the surface and slightly poor furry in the dark desert color that was roughed tells the fierce battle of the place and grows withered It was.

だが、その版図の前線一円に渡っては、数千万の田虫の列が紫色の塹壕を築いていた。

However, across the front line of the version, tens of millions of rice field insects built a purple entrenchment.

塹壕の中には膿を浮べた分泌物が溜っていた。

There was a secretion pus accumulated in the entrenchment.

そこで田虫の群団は、鞭毛を振りながら、雑然と縦横に重なり合い、各々横に分裂しつつ二倍の群団となって、脂の漲った細毛の森林の中を食い破っていった。

There, the group of rice insects overlapped vertically and horizontally cluttered swiftly while swaying the flagella, becoming a doubled group while breaking side by side, breaking through the fatty forest of greasy wreck.

 フリードランドの平原では、朝日が昇ると、ナポレオンの主力の大軍がニヱメン河を横断してロシアの陣営へ向っていった。

In the plain of Friedland, as the rising sun rises, the main force of Napoleon's main force crossed the Nieden river and went to the Russian camp.

しかし、今や彼らは連戦連勝の栄光の頂点で、尽く彼らの過去に殺戮した血色のために気が狂っていた。

But now they are crazy at the top of the glory of consecutive victories and because of the blood that killed themselves in their past.

 ナポレオンは河岸の丘の上からそれらの軍兵を眺めていた。

Napoleon was watching those soldiers from above the river hills.

騎兵と歩兵と砲兵と、服色|燦爛たる数十万の狂人の大軍が林の中から、三色の雲となって層々と進軍した。

Cavalry, infantry, artillery, clothing color | hundreds of thousands of madman 's great troops from inside the forest turned into three color clouds and advanced in layers.

砲車の轍の連続は響を立てた河原のようであった。

The continuation of the rut of the artillery was like a river that hit the ground.

朝に輝いた剣銃の波頭は空中に虹を撒いた。

The wavefront of a sword gun shone in the morning sprinkled a rainbow in the air.

栗毛の馬の平原は狂人を載せてうねりながら、黒い地平線を造って、潮のように没落へと溢れていった。

The brown hair horse plain swelled with a madman swaying, making a black horizon, and overflowing like a tide like a tide.

(「ナポレオンと田虫」)

("Napoleon and Duck")

 ――山上の煉瓦の中から、不意に一群の看護婦達が崩れ出した。

- A group of nurses suddenly crumbled out of the bricks on the mountain.

「さようなら。」

"goodbye."

「さようなら。」

"goodbye."

「さようなら。」

"goodbye."

 退院者の後を追って、彼女達は陽に輝いた坂道を白いマントのように馳けて来た。

Following the discharge of the discharged people, they treated like a white cloaked slope.

彼女達は薔薇の花壇の中を旋回すると、門の広場で一輪の花のような輪を造った。

When they turn around the flower bed of the rose, they made a ring like a flower in the square of the gate.

「さようなら。」

"goodbye."

「さようなら。」

"goodbye."

「さようなら。」

"goodbye."

 芝生の上では、日光浴をしている白い新鮮な患者達が坂に成って果実のように累累として横たわっていた。

On the lawn, the white fresh patients sunbathing became slopes and lay as cumulants like fruits.

 彼は患者達の幻想の中を柔く廊下へ来た。

He came to the corridor softly in the illusion of the patients.

長い廊下に添った部屋部屋の窓から、絶望に光った一列の眼光が冷く彼に迫って来た。

From the window of the room room along the long corridor, a row of spectacular shining spectacles was cold and I came close to him.

 彼は妻の病室のドアーを開けた。

He opened the door of his wife 's room.

妻の顔は、花弁に纏わりついた空気のように、哀れな朗らかさをたたえて静まっていた。」

My wife 's face was calm, praising pathetic cheerfulness like the air stuck in the petal. "

(「花園の思想」)

("Flower Garden Thought")

 そこで、大衆文芸の文章は?

So, what is the sentence of popular literary art?

 くだけて云うなら、難渋な文章を書いてはいけないのである。

If you say it wrong, you should not write difficult sentences.

仮りに、今、手もとにある、同じ二月七日の夕刊から三つの例を次に取って見よう。

Let's take a look at three examples from the evening paper of the same February 7th, which is now at hand.

諸君自身、吟味比較して読んでみ拾え。

Compare themselves, compare them and read them and pick them up.

 四人の武士が集って、燭台の燈火を取り巻いていたが、富士型の額を持った武士が一人だけ円陣から抜けだしてふすまの面へ食っついたので、円陣の一所へ空所が出来て、そこから射し出している燈火の光が、ふすまの方へ届いて行って、そこに食いついている例の武士の、腰からかがとまでを光らせている。

Four samurai gathered and surrounded the lampstand of the candlestick, but only one samurai with Fuji type forehead came out of the circle and stuck to the side of the branch, so that a vacant space The light of the light which is shooting from there reached the bran, and the light of the samurai of the example which is hanging there, from the waist is shining.