文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(511-564)/1407

腰にたばさんでいる小刀のこじりが、生白く光って見えるのは、そこへ燭台の燈火が、止まっているがためであろう。

The piercing of a small sword, an awning on her waist, looks glowing brightly, because the lampstand of the candlestick is stopped there.

と、その武士がうなされるようにいった。

He told the samurai to be nodded.

「あのお方がズルズルとはって行かれる。

"That person goes taking a slurp.

若衆武士の方へはって行かれる。

It goes for the young samurai.

肩が食みだした。

The shoulder began to eat.

……ずっとそのさきに若衆武士がいる。

...... Always there are young samurai warriors.

……そう白の顔! 食いしばった口! 若衆武士は半身を縮ませている! ねらわれているちょうのようだ! ひの長じゅばんがずれて来た。

...... That's white face! Cluttered mouth! Warrior samurai is contracting half! It seems to be aimed! His long jib came off.

ズルズルとはって行かれる毎に、じゅばんのえりが背後へ引かれる! くび足が象牙の筒のように延びた。

Every time I go with a slurp, the collar of the jamb is drawn behind! The neck stretched like an ivory cylinder.

……左右の肩がむきだされた。

...... The left and right shoulder was blown away.

象牙の玉を半分に割って、伏せたような滑らかで白い肩だ! ……焔が二片畳の上を嘗めた! あのお方の巻いていたしごきの先だ! ……だんだん距離がせばまって来た。

I divide ivory balls in half, it's a smooth, white shoulder like a lying face! ...... Flame licked on two-piece tatami mat! It's the end of the ironing that was rolling! ... ... The distance gradually came down.

でも五尺はあるだろう。

But there will be five shaku.

……」(中略)

... .... "(...)

「私はお前一人と決めたよ! こういうことはこれまでには無かった! それは一人に決めたいような、私の好みに合った男が、見つけられなかったがためなのだよ、……お前は私には不思議に見える! 優しい顔や姿には似ないで厳かで清らかな心を持ってる。

"I decided to be one person! There was not such a thing in the past! It is because I could not find a man that fits my taste that I wanted to decide alone ... .... You me It looks strange! I do not resemble a gentle face or figure and I have a rigid and pure heart.

だから私には好ましいのだよ。

That's why I like it.

私は是非ともその心を食べてかみ砕いて飲んでしまいたい!……お前は「永遠の男性」らしい。

I will definitely eat that heart and chew and drink it! ...... You seem to be an "eternal man".

だから私は食べてやり度い! そうしてお前を変えてやり度い!」女の声の絶えた時、例の富士型の額を持った武士が、震える声でいいつづけた。

That's why I eat it! Then change yours and do it! "When the woman's voice ceased, a samurai with an example Fuji-type forehead kept on shaking voice.

「今、若衆武士が右手をあげた。

"Now, the young samurai gave the right hand.

腰の辺へ持って行った。

I took it to the waist side.

その手で帯を撫ではじめた。

I started to stroke the belt with that hand.

だがあの眼は何といったらよいのだ! 悲しみの涙をたたえていて、怒りの焔を燃やしている。

But what is it that the eye said! She is crying for tears of sorrow, burning a flame of anger.

……だがあの座り方は何といったらよいのだ。

... ... but what to say about that sitting is good.

背後へ引こうとしていながら、同じ所から動かない。

While trying to pull it behind, it will not move from the same place.

……とうとう距離は三尺許りになった。

...... At last the distance was three grade allowed.

あのお方が腹ばって行かれたからだ!」

That's because he's gone belly! "

 そういう武士の後姿を、仲間の三人の美ぼうの武士達は、恐怖しながら見守った。

The samurai of three of the fellow watched while watching the back of such a samurai while fearing.

「すぐにあの男は悶絶するぞ。」

"That guy will soon in fright."

「さあ一緒に手を延ばそう。」

"Let's extend hands together."

「倒れないように支えて、やろう。」

"Support me so that it will not collapse, let's do it."

――その時女の声が笑った。

- At that time the woman's voice laughed.

 これは、東京朝日新聞に連載されている国枝史郎の「娘煙術師」の一節である。

This is a passage of Shiro Kunieda 's "daughter smoker" serialized in the Tokyo Asahi Newspaper.

この文章は、はたして「難渋な」まわりくどい文章でないだろうか。

Is not this sentence a wriggling sentence which is "difficult"?

もっと明快な表現が出来ないものであろうか。

Would not it be possible to express expressions more clearly?

同じ言葉を何度もしつこく繰り返す不必要な長ったらしい形容詞が到る処で使われている。

An unnecessary long adjective that repeats the same words over and over again is used in the way that it arrives.

文章が不自然で、生気がなく、従ってテンポがない。

The sentences are unnatural, there is no animation, so there is no tempo.

これはして見ると残念ながら悪文の適例である。

Unfortunately this is an example of a bad statement.

では、次に――

Then, then -

 永い用便を終って厠を出た信長は、自然らしく話の序に、近習等に向い

Nobunaga who came out after finishing long-term bowel festival seemed to be natural, in the beginning of the story, suitable for practice

「たれか余の脇差の刻み鞘の数を云い当てて見い、云い当てた者には脇差を与える」

"Try saying the number of cut sheaths of some wandering girls and give a wielding to those who told you."

 と云う問題を出した。

I brought up the problem.

勿論受験者の中には蘭丸も居た。

Of course there were Ranmaru among the candidates.

此の試験は大いに不公平である。

This test is highly unfair.

試験官が問題を漏洩したとは謂えぬが、受験者の一人を偏愛しての出題だと謂うことは出来る。

Although it can not be said that the examiner has leaked the problem, it can be said that it is a question of being devoted to one examinee.

信長ほどの大丈夫も同性愛に目がくらんで、時々こんなメンタルテストを試みたかと思うと、何とも云えぬ親しみを感ずる。

I feel somewhat irritated by homosexuality as unbearable as Nobunaga, and I think that I tried such a mental test from time to time, I feel a friendless affinity.

 近習等は我勝ちに答案を提出した。

The submission etc submitted an answer to me.

是も随分おかしな話である。

It is also a funny story.

まるで根拠が無しに、いくつと云うのだから当るはずも無く、当ってもマグレ中りである。

As if there is no basis, since it is called how many, it can not hit, even if it hits it is a maglev sledding.

占のようなもんだと謂いたいが、占だって占者に謂わせればドウして仲々大そうな根拠があるのだから、此の答案は先ず、占よりも以上に、あてずっぽうの方である。

Because it is said that it is a kind of monstrosity, but if it is totally occupied by the occupants, there is a ground for doing dow and it seems to be unreasonable, so this answer is more than a case, first of all.

 問う者も問う者なら、答える者も、こんにゃく問答以上の、やみくも問答に暫し市が栄えた。

If those who ask the question also answer, the city flourished for a while for inquiries for more than the Konjac question answer.

 信長は快心の笑を浮かべつつ

Nobunaga embraces a pleasant smile

「うむ、それから」と順々に答案を促して居たが、心の中では、この脇差を蘭丸に与うる時の自分の満足と蘭丸の喜びとを予想して、すこぶる幸福であった。

"Well, then." In the mind, I was extremely happy in anticipation of my satisfaction when I was able to give Ranmaru this junkie and Ranmaru's joy.

 ところが蘭丸は最後まで口をつぐんで答えようとしなかった。

However, Ranmaru did not try to answer with his mouth full until the end.

 これは同じ日の報知新聞の夕刊の矢田挿雲の「太閤記」の一節である。

This is a passage of Yaya Izumo 's "Taikosan" of the evening paper of the Journal Newspaper on the same day.

この文章は如何?

How is this sentence?

 これは、確かに解りいい文章である。

This is indeed an understandable sentence.