文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(604-634)/1407

何故なら、名文とは、難渋な表現、難解な形容詞を使った文章をのみ指すのでは絶対に無いからである。

Because the name sentence is absolutely not only pointing at sentences that use hard-to-find expressions, esoteric adjectives.

話すように書くことは、一見あたかも最も平易に見えるが、事実は、反対に最も困難なことであるのを、諸君は知るであろう。

Writing like speaking seems to be the simplest at first glance, but you will know that the fact is, contrary, the most difficult thing.

 最後に、今一つ注意すべきことは、平易な文章というのは、自分の文章の特色を没却することを意味するのでは断じてない、ということである。

Finally, the most important thing to note is that simple sentences do not necessarily imply the loss of the characteristics of their own sentences.

矢田君に、文の独特の明快さがあるとすれば、吉川君にも亦彼自身の明快さがある。

Mr. Yata, if there is a distinctive clarity of the sentence, Yoshikawa also has his own clarity.

よき文章家には、必ず隠そうとして隠し切れないであろう特色が、自らその文章に浮び出るものである。

In a good grammar, the trait that will not be able to be secretly concealed will emerge in the sentence itself.

要は明快であることだ。

The point is that it is clear.

だが、これは一般論であって、その小説から文章だけを切り放して、内容と別個のものとして論じることは不可能なことである。

However, this is a general theory, it is impossible to separate only sentences from that novel and discuss it as a separate item from the content.

以下、私は各論にはいるのであるが、そこで各種類の中に、内容と文章とを合せて詳論したいと思っているから、ここではこれ位に止めることにしよう。

Below, I go into each thesis, so I'd like to discuss content and sentences together in each kind, so let's stop here in this place.

  第五章 時代小説

Chapter V era novel

 時代小説は、歴史小説と大衆小説に分類して考えられなければならないことは、先に一応説明を試みて置いた。

For historical novels, we have tried to explain beforehand what we have to think about by classifying them as historical novels and mass novels.

 即ち、伝記物、或は髷物、所謂現在の大衆小説と呼ばれるものは、正確なる時代的考証を全く欠き、何等厳密なる史的事実に基礎を置いて書かれてはいない。

In other words, biographical objects or objects, so-called current mass novels, lack precise historical evidence at all and are not written on the basis of any rigorous historical facts.

だから、歴史的にも、風俗的にも無意義であり、従って無価値である。

So, historically and marvelously, it is meaningless, so it is worthless.

 処が、仮令事件そのものは伝説上に置いても、考証学的知識に依って当時の風俗、歴史が適確に描かれ、その時代の空気を彷彿させるような作品であれば、これを歴史小説と呼んでもいいと思う。

Even if the incident itself is placed on the legend, if the customs and history of the time was drawn appropriately according to the empirical knowledge, if it is a work reminiscent of the air of that period, I think that it may be called a novel.

 例えば、メレヂコフスキイの「神々の死」は、宗教小説であると同時に、立派な歴史小説であり、それと反対に、アンソニ・ホウプの「ゼンダ城の捕虜」なぞは大衆小説に入るべきものであるように――

For example, Meredikovskii's "death of the gods" is a religious novel and at the same time a fine historical novel, and contrary to that, Anthony Hoop's "prisoners of Zenda Castle" mystery seems to be a popular novel Into a

 で、この区別は、講義の進行に従って、愈々明瞭になって来るであろう。

So this distinction will become clearer as the lecture progresses.

    一 歴史小説について

About one historical novel

 顧るのに、由来日本には、歴史小説と認めらるべきものは一つもないようである。

To look after, in origin Japan there seems to be nothing to be recognized as a historical novel.

所謂、何々物語と称せられる軍記物の類いは、事件の推移を語るばかりで、その事件の真実そのものに対する洞察が全く無いのである。

The kind of what is called a story is just a tale of the incident and there is no insight into the truth itself of the incident.

且、小説的構成がなされていない。

Also, there is no novel composition.

 それから、ずっと降って、江戸時代の作者のもの、明治年間の各大衆作家、例えば、弦斎、渋柿園、浪六等の達人の作品、更には現在の耀ける大衆作家諸君の小説、それ等を検べても解るように、我国には西洋に於ける歴史小説の標準より観察して、歴史小説なるものの水準に達した作品は無いのである。

Since then, it has fallen all the time, the works of the authors of the Edo period, the works of the masterpieces of the Meiji era, such as Kei Sunai, Shibuyakisen garden, Ranroku etc, as well as the novels of the present roaring popular writers, etc. As you can see, there are no works that have reached the standard of historical novels, observing from the standards of historical novels in the West in my country.

 歴史小説の第一条件として、歴史小説は大衆小説と違って、飽くまで厳正な史実の上に立っていなくてはならないと云うことが云える。

As a first condition of historical novels, it is said that historical novels, unlike mass novels, must stand on rigorous historical facts till they get tired.

史実上に立って、自分の描き出そうとする適当な世界をその史実の中に発見しようと努力すること、そこに歴史小説を書こうとする大衆作家のよき意図が見出だされるのだと思う。

To strive in the historical way, to strive to discover a suitable world to draw out in your historical facts, to find a good intention of the mass writers trying to write historical novels there I think that.

 例えば、

For example,

 坪内逍遥氏の「桐一葉」、或は「沓手鳥孤城落月」とか、

"Kiriichiha" of Mr. Takemi Tsubouchi, or "Farewell Fallen Crescent Moon"

 その他、

Other,

 真山青果氏の維新物の諸作品「京都御構入墨者」「長英と玄朴」「颶風時代」。

Various works of the refreshing material of Mr. Mansyu Aoyagi "Kyoto imperial tattoo person" "Nagae and Genkaku" "Kaisei era".

 等は、歴史家としての専門的知識、並びに考証が充分になされていて、その史実を基礎として、史実を少しも歪曲することなくして而も文学者としての正しき解釈を加えたものと見ることが出来るのである。

Etc are to be regarded as a historian's expert knowledge and consideration have been sufficiently made and based on the historical fact that the historical fact is not distorted at all and that correct interpretation as a literary person is added It is possible to do.

 然るに、一方、現在|瀰漫するところの大衆作家諸君の作品は、史上実在の人物、例えば近藤勇の名前を方便上借り来って、史実を曲げ、気儘な都合よき事件を創造し、剰え勝手なる幽霊主人公を自由自在に操り来り操り去る等、歴史小説としては許されざること甚だしきものが少くないのである。

Nevertheless, on the other hand, the works of the mass writers who are now 瀰 瀰 は 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 瀰 近 近 近 近 近 の の の の の の の __ There are a few things that are not allowed as historical novels, such as manipulating free ghost chiefs freely and manipulating them away.

もし、斯ることが許容されてよきものとするならば、極端にいえば、題材を何も時代に取る必要なく、現代小説で書いても充分こと足りるし、その方がかえって楽なわけである。

If it is acceptable to be tolerated, extremely speaking, it is sufficient to write in contemporary novels without having to take any subject matter into the times, and that person is rather easy .

要するに歴史を取扱う意味が無い訳であろう。

In short it would be meaningless to deal with history.

 では、小説に於て、歴史に題材を選ぶことは、何を意味するのか。

So, in the novel, what does it mean to choose subject matter in history?