文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(756-786)/1407

 現在の大衆文芸に関して、私は、今、興味中心、娯楽中心なぞと一口にいって了ったけれども、この意味を少し深く考えて見ると、次の二つに区別されるようだ。

Regarding the current popular literature, although I have just come to a bite with interest center, entertainment center mystery now, considering this meaning a little deeply, it seems to be distinguished into the following two.

 すなわち、恋愛と剣戟と。

That is, love and swordsmanship.

その二つの交錯が織りなす物語であって、その二つの要素以外に何もない。

It is a story weaving together the two interlaces, and there are nothing other than those two elements.

どの大衆物を見ても、その題材が以上の点で限られている以上、殆んどあらゆる点に於て制約されて来る。

Even if you see any popular items, as the subjects are limited by the above points, they are restricted at almost every point.

だから、どれを読んでも同じような事件と人物のために、遂に読者に厭かれてくるのは当然のことであろう。

So it would be natural for readers to be misled by finally for similar incidents and people regardless of which one they read.

 ところが、大衆文芸が(或は時代映画――剣戟映画が)、厭かれはじめながら、なお且、甘ったるい恋愛とチャンチャンバラバラを中心として、その命脈を保っているのはどうしてであるか――思うに、人間には常にかかるアムビシャスな、奇怪な、グロテスクな、謀叛的な、革命的な、そして英雄的なものを要求する傾向――本能の一面があるのではなかろうか。

However, why is it that popular literature (or era movies - swords - fighting movies) keeps their mind while centering on sweet love affair and Chang Chang Barbara while beginning to be miserable? , There is a tendency to demands human beings that are always ambicious, bizarre, grotesque, cowardly, revolutionary and heroic - there is one aspect of instinct.

殊に、日本の文壇小説が自然主義に禍いされ、誤った、極限された方向へ突進んでこういう要素を取除いて了った、それがために愈々昂って来たところの以上のような要素への渇望に大衆文芸が投じたのではあるまいか。

In particular, Japanese literary novels were badly affected by naturalism, rushing towards the wrong, limited direction, finishing with removing such elements, it seems to be more than ever more than ever Public literature did not cast out craving for elements.

 それと、今一つ、日本人には特に、一種の伝統的な剣戟の趣味がある。

Also, the Japanese people, in particular, have a traditional sword fighting hobby, in particular.

この著しい例は、殊に歌舞伎劇に見られる。

This striking example is seen especially in Kabuki play.

世界中の芝居の中で、単に人を殺すことだけで独立して劇を形造っているようなものは、歌舞伎劇をおいて他にないであろう。

There are no other Kabuki plays after the Kabuki drama in the play around the world, like merely killing people and forming independent dramas independently.

例えば――

For example -

「団七九郎兵衛の長町裏の殺場」とか、

"The vicinity of the Nagamachi back of Danishikuroui"

「仁木弾正の刃傷場」とか、或は、

"Nitiki Bulletin Bladed Land" or,

「敵討襤褸錦」の大詰なぞ。

A moral companion of "enemy debate 襤褸 nishiki".

 以上のようなものは二人、もしくは三人がただ斬り合って殺すだけで、他に劇を構成する何ものも見出さないのである。

Two or three of these things just slash and kill and just kill, we do not find anything else that makes up the play.

勿論、そこには歌舞伎劇独特の形式美と感覚はあるが、その他に、日本人が殺人、流血に特殊な興味をもっているということが、その発達の少くとも一つの原因をなしていると考えられる。

Of course, there are formal beauties and sensations peculiar to Kabuki drama, but in addition to that the fact that the Japanese have a special interest in murder, bloodshed is making up at least one cause of its development Conceivable.

 絵画でいうなら、かの芳年の非常に残忍な絵が一時非常に流行したことを憶い比べても、日本人という人種が単に好戦的な、惨酷な国民であるなぞというような表面的な見方ではなくして、我々には可成りに剣戟に対する一種特別な伝統的な感覚をもっている、と強調したいほどに思われるのである。

In paintings, even if I remember that a very brutal picture of a young age was temporarily prevalent, it seems that the Japanese race is simply a militant, miserable citizen It seems to emphasize that we have a sort of a special traditional sense of swordsmans, rather than a superficial view.

 否、シナ人とか、その他外国人とかが行う虐殺、拷問、死刑なぞは、日本人には到底堪えられないような惨酷さがあるのである。

No, the massacres, torture, and the death penalty done by the Shina and others, as well as other foreigners, have such disastrous severity that Japanese people can not endure at all.

そういった実行的なことになると、日本人は反って割合にあっさりしているようである。

When it comes to such a practical matter, it seems that the Japanese are bullying in proportion.

ところが、芸術上では世界独特の剣戟殺人の形式と感覚を創造したのであった。

However, in terms of art, he created the form and sensation of world unique sword-killing murder.

 こういう意味で、一口に剣戟は下等だ、いや反動的だと大ざっぱな言葉で片付けて了うことに私は反対するものである。

In this sense, I object to bribing sword fighting downwards, saying that it is reactive and tidying up with rough words.

歌舞伎劇に於て、かくまでも発達、完成された形式美と特殊な感覚とを味わい得ないものには、同時に、剣戟という一要素がなぜかくまで大衆小説を発達させ得たかに考え及ぶことは、とても不可能なことだろう。

In the Kabuki drama, though not developed enough, it can not taste the finished formal beauty and special feeling, at the same time, thinks whether one element of swordsmaking could develop mass novels for the time of the bear That would be impossible.

 一般に、芸術的非芸術的を別にして小説をうけるように、売れるようにするには、即ち通俗的に面白くするにはどんな要素を具備していたらいいだろうか、という問題にたち戻って考えよう。

In general, in order to be able to sell like a novel, apart from artistic non-artistic, that is, what kind of elements should be equipped to make it popularly funny thinking back to thinking about it Looks like.

 第一には、勿論、性欲――エロティシズムである。

In the first place, of course, is libido - eroticism.

性欲を検閲の許す範囲内で充分センセーショナルに取扱う、即ち、所謂エロチックに、感覚的に描写する。

It treats sexual desire sensibly enough, that is to say so-called erotic, sufficiently within the scope of censorship allowed.

その一方で哲学なり、思想なり道徳なりを説明する。

On the other hand, it explains philosophy, thought and morality.

これに加味するに剣戟をもってするならば、日本人の最も好むものになるだろう。

If you take swordshu to add to this, it will be the most favorable of the Japanese.

俗うけのする大衆文芸を書こうというのなら、その呼吸さえ心得ておけば、うけること請合いである。

If you are going to write popular literary arts that are popular, if you get to know the breathing, it is a contract to buy.

成程、作家の芸術的良心はそれを許さないだろう。

The process, the artistic conscience of the artist will not allow it.

が、職業として、商売として、作品の商品価値をのみ狙うときは、一応心得ておくこともあながち不必要ではないだろう。

However, as an occupation, as a business, if you aim only at the product value of the work, it will not be unnecessary to know until once.

 そうした意味で大衆文芸を見、今一層深く考えてみるに、この上に「泣かせる」ことを加えることが肝要だ、ということが云えるだろう。

In that sense, you can see that public literature is seen, and thinking further deeper, it is important to add "make me cry" on this.