文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(787-821)/1407

芸術的作品にしても、通俗的作品にしても、芸術的作品価値は、第二の問題として、俗うけのして、よく売れたという小説をみるのに、すべて婦女子のみならず気の弱い男にも涙を催おさせた作品であるのを見るだろう。

Even if it is an artistic work or a folklore work, artistic work value, as a second problem, to see the novel that it was popular and selling well, all are not only weak but also weak You will see a man holding tears.

金色夜叉」「不如帰」時代のもの殊に然りである。

Those in the "golden Yasha" and "unexpected" era are especially so.

それらは、特に「泣かせる」ことで成功した。

They succeeded, especially by "making me cry."

だが、今では、そんな風の「泣かせ方」ではすでに旧く、人はふり向くまい。

However, now it is already old in such "how to make you cry", people will not turn around.

将来はやるであろうところの「涙」は、たとえ同じ「涙」にしても、明るく、ほがらかで軽快で、ユーモアに富んだものでなくてはならぬ。

"Tears" that will be done in the future should be bright, furry, light and humorous, even if they make the same "tears".

そうした「泣かせ方」が、今後、読書階級の翹望を満す喜びの泉となるだろう。

That way "how to make you cry" will become a spring of pleasure satisfying the desire of the reading class in the future.

 最後に、テンポの問題である。

Finally, it is a problem of tempo.

現在は、あらゆる意味で速力を要求している。

Currently, we are demanding speed in every sense.

電車より自動車、自動車より飛行機へと、その他科学の発達はテレビジョンの完成へまで急いでいるのだ。

From the train to the car, from the car to the airplane, the development of other sciences is rushing to the completion of the television.

人間は科学に逐われて生活のテンポを速めている。

Humans are accelerating the tempo of their lives by being science-favored.

それは亦、当然芸術へも影響する。

That, of course, also affects art.

芸術も亦、その内容形式ともにテンポを要求されて来ている。

Art is also required, both in its content form and tempo are being requested.

かの片岡鉄兵君の「生ける人形」(勿論、小説それ自身も現在に適した作品ではあるが、殊に)の新築地劇団の手になるレヴューの形式による劇化が素晴らしい人気を呼んだのもテンポと明快さの故であった。

The dramatization by the form of a review that Kato Kataoka's "living doll" (of course, the novel itself is also a suitable work for the present, but especially, in particular) is a hand of the newly built theatrical company called for a wonderful popularity Was also due to tempo and clarity.

序であるが、菊池寛君の「東京行進曲」の映画化が外国映画を凌ぐ人気の中心になっているのも、その明るさ、明るい哀愁のためであると云えるだろう。

Introduction, it can be said that the movie conversion of "Tokyo March" by Kikuchi Hiroyuki 's "Tokyo March" is the center of popularity surpassing foreign movies is due to its brightness, bright sorrow.

大衆文芸も今や、テンポを持たねばならない。

Popular literature now must also have a tempo.

テンポを速めるといっても、何も無闇に速くすることを意味してはいない。

Speaking of tempo is not meant to make anything unnecessarily fast.

緩急度を得て、しかも全体から見て場面のあきない変化と、軽快な速力で疾駆する爽快さを、読者に与えることである。

It is to give the reader the rapture, the change which the scene inevitably looks from the whole, and the refreshing feeling to be waged with light speed.

 さて、以上述べ来ったように、所謂大衆文芸に於て、現在最も欠乏しているのは、ほがらかさと涙であろう。

Well, as I said above, what is the most deficient in so-called popular literature is current and tears.

恋愛と剣戟とそれに今講じたような要素を巧みに織雑ぜるならば、現在のままでも大衆物はなお永続性をもっているに違いない。

If you skillfully weave elements like romance, swordsmithing and what you have now, the masses still must be persistent as it is today.

だが、そんな心掛けだけでは、勿論文学的――芸術的作品としては発達すべくもない。

However, with such a mind alone, of course, there is no need to develop as a literary - artistic work.

が、ただ職業上の、商品価値の点からいうなら、一般うけすることは請合いである。

However, from the point of commerce, in terms of merchandise value, it is a contract to receive in general.

 序に、一層商売的なことをいうなら、例の、所謂プロレタリア文芸の大衆化という問題でも、労働者階級は、表面的にみるならプロレタリアの根本問題、換言するなら一般大衆自身の問題といった本質的な問題を文学に求めようとはせず、教化の程度の低きその他の種々の生活上の事情から、彼らは反って娯楽的な読物を求めているのである。

In the beginning, if it says more business-like things, even in the case of popularization of the so-called proletarian literature, for example, the working class, if viewed superficially, the essence of proletarian fundamental problem, in other words the essence of the general public They are not seeking literature for a specific problem, but because of various other circumstances of liberalization, they are curiously seeking entertainment readings.

大体読書を自分の教養のために、向上のためにするのだと考えている人もないではない。

There is not a person who thinks that reading is generally made for improvement because of his own culture.

が、非常に多数の人たちは読書を娯楽と考え勝ちなのである。

However, a very large number of people win readings as entertainment.

自分の要求すべきことなぞを知らず、違った世界を見たがったり、自分の生活を慰め、忘れようとしたりせんがため、全然無関係な書物を読もうとする傾向は次第に強くなって来ている現在である。

Because I do not know the things that I should ask for, I want to see a different world, comfort my life and try not to forget, the tendency to read unrelated books is gradually getting stronger It is present.

何といっても、探偵小説は何等生活に寄与するものを持っていないに拘らず、非常に一般に要求され、世界的な流行を見ているのである。

Regardless, the detective story is very commonly required, regardless of whether it has anything that contributes to her daily lives, and he is watching a global epidemic.

このことは、注目に値いする事実である。

This is a remarkable fact.

こうした流行に対する注目、そしてそれに適当する骨も是非、商売的には心得ておくべきであろう。

The attention to these epidemics, and the bones that are appropriate for it, should certainly be understood from the point of view of business.

 と同時に、こういう無数の人たちの要求を正しい方向に導くためには、プロレタリア派の連中はその素材を非常に甘味い、オブラアトで包む必要がありはしないか。

At the same time, in order to lead the demands of such innumerable people in the right direction, do proletarian fellows need to wrap their materials very sweet, oblautate?

そんなことをするのは非階級的だとか何とか嗤うべきではない、と自分は考える。

I think that it is not unclassifiable to do such a thing or something.

 例えば、百姓一揆なぞを書くことも非常にいいと考える。

For example, I think it is very good to write a magical ramification.

現在の労働争議の詳細なことなぞはおそらく現代物として書きえない点が少くないだろう。

The mystery of the current labor dispute is probably not a few points that can not be written as modern objects.

ところが、一揆なぞになると随分詳細なことも書いて差支えないのである。

However, if you become a military raft, you can write a lot of details.

 由来、日本の検閲は映画にしても、文学にしても、現代物には厳しく、時代物になると非常に緩やかなのである。

Origin, censorship in Japan is strict for contemporary objects, whether it is a movie or a literature, it is very gentle when it comes to times.

現代物に翻案しては絶対に駄目な、不許可なものでも、時代物としたら当然平気で通用するのである。

Even if it is a novel idea that it is not useless to adapt it to a modern object, it is natural that it is natural that it is an age when it is an era.