文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(963-989)/1407

少くとも大衆文芸に於ては、「出来る限り調べ、然も出来るかぎり調べたことを表面に表わさないようにして、事実らしく描出すること」これが第一に肝要である。

In at least the popular literary arts, "to investigate as much as possible, naturally as much as possible do not express on the surface, to visualize it as if it were real" This is essential in the first place.

この標準に依って、先の数個の例を比較研究されたい。

Depending on this standard, please compare the previous examples.

 否、大衆文芸のみならず、あらゆる文芸は以後、益々綜合的となっていくであろう。

No, not only literary literature but all literary arts will become increasingly comprehensive after that.

ただ単に自分の生活を掘り下げて書くことばかりではなく、以外の世界を見た智識をもって書かなければ、小説は書けなくなる時が来るだろう。

It is not just about drilling down and writing down the life of myself, but if you do not write it with a sense of knowing other worlds, the time will come when you can not write a novel.

人間の個人的な精神生活は十九世紀の終りから二十世紀の初めで発達が止って了ったかの感がある。

Human personal spiritual life has a feeling that development has ceased since the end of the nineteenth century and the beginning of the twentieth century.

それ以後の人間生活は科学の発達による外面生活に引摺られていく有様である。

Human life after that is likely to be dragged to the outer life by the development of science.

我々の個人的な欲望、要求が如何に社会的、科学的外面生活に圧迫され、影響され来っているかは、諸君が一度諸君自身の生活を振りかえれば一目瞭然たるものがあるであろう。

How our personal desires and demands are pressed and influenced by social and scientific external life will be obvious if you once change your own life.

 そうした意味で、個人的な、作家的な構想力のみにたよらず、広い世間から、読書から、史実から得た科学的智識の構想をかりて文学を創造することがなければ、将来の文芸は到底十九世紀末の文芸の塁を抜くこと、甚だ困難だろうと思われる。

In such a sense, unless it is not only personal or writer-like conceptuality, from the broad world, from the reading, without the creation of literature with the concept of scientific knowledge gained from historical facts, It seems to be extremely difficult to overcome the literary base at the end of the 19th century.

 外国の現大衆小説に例を取って、考察を進めよう。

Let 's take an example in a foreign mass - novel and proceed with consideration.

例えば――

For example -

 コナン・ドイルの幾つかの探偵小説、幻奇小説「|失われた世界」、「霧の国」なぞはドイルの深い科学的造詣からなった幻奇小説であり、有名なH・G・ウェルズが、小説家たる根底に、如何に科学者としての智識を誇っているかは、「タイム・マシーン」、「モリアン博士の島」、「月へ行った最初の人」のごときものから、「盲者の国」、「眠れるものの醒める時」、「見えざる王、神」のごとき社会批判の小説に到るまでの彼の作品が雄弁に彼の多智多能なるを物語っている。

Some Conan Doyle's detective story, a phantom fiction "| lost world", "foggy country" is a phantom novel composed of deep scientific knowledge of Doyle, famous H · G · Wells But, as a novelist, how you are proud of your scientific knowledge, from things like "time machine", "island of Dr. Morian", "first person who went to the moon", " His work until his arrival at a novel of social criticism such as "the country of the blind", "when the sleep is woken", "invisible king, god" speaks eloquently to his multipurpose ability.

殊に、かの「文化史大系」に到っては、彼の広汎なる科学的智識をもってして甫めて完成され得たものと云うべきである。

In particular, it should be said that reaching this "cultural history system" could be accomplished with great extent of scientific knowledge.

おそらくは、今後大衆文芸の第一線に立つ人ではあるまいか。

Perhaps it is not a person who stands at the forefront of popular literary arts.

その他、ライダー・ハガード、ラインハルト、ウォルチイなぞの作品は、日本の大衆文芸作家の学ぶべき多くの点を備えているように考えられる。

In addition, it seems that works of Ryder Haggard, Reinhardt, Walchy mystery have many points to be learned by Japanese public literary artists.

 ハガードはすでに我国でも充分流布されているが、他の一人ウォルチイには、「紅※※叢書」があり、ラインハルトには、「七つの星の街」、「螺旋形の階段」なぞがある。

Haggard has already spread well in our country, but the other one has Wo Chi 's "Red ** Series", Reinhard has "Ninth star city" and "Spiral staircase" mystery.

これらの人たちは、種々な意味で最近の科学的智識を吸収しており、殊にハガードの如きは、空想的にしてなお且学術的智識の匂い高き、我が大衆文芸作家のもって参考とすべき作家である。

These people have absorbed recent scientific knowledge in various ways, especially like Haggard, it is fantastic and still has a strong scientific academic sense of smell, with the popular literary artists It is a writer to be a reference.

 現在、日本の探偵作家を顧みても、純粋の作家である以外に、医者、科学者が比較的多数含まれているのは、矢張りその方面の智識なくしては探偵小説が書き得ないからである。

Currently, looking at Japanese detective writers, in addition to being a pure writer, a relatively large number of doctors and scientists are included, without a knowledge of the direction of the arrows detective story can not write It is from.

 自分自身の生活のみをただ視ている生活だけでは、勿論経験は必要であるがそれ以上の、それを科学的に基礎づける智識が備わっていなくては、いい作品は生れない。

It is obvious that experience is necessary only for the life that only looks at the life of one's own, but if there is no knowledge that scientifically based it, good work can not be born.

 ジャック・ロンドンの諸作品、「シーウルフ」、「野性の叫び」、「ホワイト・ファング」、「バーニング・デイ・ライト」なぞも、その豊富な経験に充分な学術的研究の結果が加味されているのを見てもわかるだろう。

The mystery of Jack London 's works, "Sea Wolf", "Wild cry", "White Fang", "Burning Day Light" are also additive to the results of academic research sufficient for its rich experience You can see it also.

 最後に、日本の作家のスケールの小さいことは恥じなければならない現象である。

Finally, the small scale of Japanese writers is a phenomenon that must be ashamed.

或る作家は「心境小説」に閉じこもり、或る作家は、イージーゴーイングな、それ故低級な「大衆文芸」を書くことで満足している。

Certain writers confined themselves to "mental novels" and some authors are satisfied with writing easy-going, hence lower-class "popular literary".

 外国の作家は、決してそうでない。

Foreign writers are never so.

バアナアド・ショウにしても、ウェルズにしても、ドイルにしても、皆、多種多様な小説に筆を染めている。

Even for Ba Nahad Shaw, Wells or Doyle, everyone dyes a brush on a wide variety of novels.

そこで、彼らのスケールはもっとずっと壮大である。

So their scale is much more grand.

 三上於莵吉が一日に幾枚かき飛ばすとか、中里介山の「大菩薩峠」が驚くべき大作とか、そんな気の小さいことでは駄目だと思う。

I think it is useless if Mikami Ochikichi flies over several times a day, or "big bodhisattva pass" of Nakazato Nakayama is a remarkable epic work or such a small thing.

日本の文壇作家は、どんどんもっと雄大なスケールの通俗小説を書いてもいいと思う。

I think Japanese literary writers can write common novels of more magnificent scale more and more.

 要は、小乗に安んじないで、勉強して小説のための予備智識を豊富に蓄えることだ。

The essential point is not to worry about the riding, to study abundantly to accumulate preliminary knowledge for the novel.