文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1023-1050)/1407

科学的設備が如何に完備されているか、それが現在では人間の進歩と同意義をなすに到っているのを、諸君は見るだろう。

You will see how scientific equipments are complete and that it now has the same significance as human progress.

科学の進歩、これこそが現在の生活の基本的なものである。

Advances in science, this is the basic thing of today's life.

今日、人間の社会的生活に於て、個人の思想感情は殆んど科学的進歩に基く、眼まぐるしい社会の変化にひきずられている。

Today, in human social life, personal thought emotions are dragged by changes in society which is almost eye - catching based on scientific progress.

このように個人生活が全く社会生活に従属せしめられてしまっている今日、今更、十九世紀の文学によって昂奮したり、慰められたりする訳は何処にもない筈だ。

Today, as personal life is completely subordinated to social life like this, there is nowhere to be excited and consoled by literature of the 19th century anywhere.

 こうした、過渡的な時代に於ける文学――小説の問題が如何なる方向に、何処に解決の途を見いだすべきであろうか。

In what way should the problems of literature - novels in the transitional era be found and where to solve the problem?

そして、それより以前に、こうした期間にはぐくまれる文芸、――新らしく勃興の機運にある小説、――読者大衆に切実に要求される小説は、何んなものでなければならないだろうか。

And, before that, what kind of literature will be devoted to such a period, - a novel in a newly rising moment, - a novel that is urgently required by the reader masses?

 さて、問題は此処まで来た。

Well, the problem came here.

では、そうした文芸は?

So, what about literary art?

――当然、理智的で、且科学的なものでなくてはならない筈だ。

- Of course, it should be something rational and scientific.

「探偵小説」が近来興り来った所以、そして又、それが将来如何なる方向に進み行くべきだろうか、まさしくその理由は根本的に以上の点に求められなくてはならない、と思う。

I think that the reason why "detective story" came in recently, and also what direction it should proceed in the future, the very reason must be fundamentally asked for more points.

その上、テンポが早く、刺戟が多く、現今の個人的生活、――感情生活に触れないで、それの煩わしさに捕われないように娯楽的なもの、そうした小説の要求が、近代科学への興味と結びつくとき、そこに「科学小説」なるものが叫ばれて来るのは当然の帰結である。

Besides, the tempo is fast, stimulation is many, and the present day personal life, - entertaining thing so as not to be caught in the troubles of it without touching emotional life, the request of such a novel, When it comes to interest, it is a natural consequence that scientific novels come forth screaming there.

そこで、だから「探偵小説」は、その方向への一つの前提として、そしてやがては愈々科学的方向へと進んでいくべきものとして、興り来り、流行したと見るのが至当であろうと思う。

So I think that 'detective story' would be perfect as one premise towards that direction, and eventually as we should progress in the scientific direction more and more, it came and faded .

 我国を文学史的に観察しても、同じことが云える。

The same thing can be said even if we observe our literary history.

日本では嘗て「科学小説」は「探偵小説」と並行して進んで来たのであった。

In Japan, "Science fiction" once advanced in parallel with "Detective novel".

先に、総論で挙げて置いたように、森田思軒をはじめ色々の人が「探偵小説」を翻訳した頃、既にスチブンソンの「宝島」、ベルヌの「海底二万哩」その他、「月世界旅行」なぞが盛んに読まれたものであった。

As I mentioned earlier in the general theory, when various people including Morita Morita translated "Detective Novel", they are already "Treasure Island" of Stevenson, "Sea Bottom of 20,000 Bers" of Berne, others " Travel "mystery was thoroughly read.

鎖国のために科学に後れた我国の人たちは、新しい科学的智識に眼をみはり、それらを貪り読んだのであった。

People of our country who were scared of science for isolation saw their eyes on new scientific knowledge and read them intensely.

その後、黒岩涙香はウェルズを翻案し、菊池幽芳はハガードの冒険譚を翻案したりした。

After that, Kuroiwa Atsuka adapts Wells, Kikuchi Yuhoi adapts adventurers of Haggard.

 このように、「科学小説」は「探偵小説」とともに順調に発達して来たのであったが、充分に成果を見るに到らぬ以前に一|頓挫をきたし、一時衰頽せざるを得なかった。

In this way, "science fiction" has developed well together with "detective story", but before one can not fully see the achievement, it is frustrating and you have to temporarily decline There was not.

例の我国に於ける畸形的な自然主義文学思潮の発達のために他ならない。

It is nothing other than for the development of a form of naturalistic literary thought in our country.

かくて、「科学小説」「探偵小説」は文芸の領域から放逐されて了った。

In this way, "science novel" "detective novel" has been expelled from the field of literary arts.

 併し、その間西洋諸国に於ては、「探偵小説」と並行して、科学的な怪奇小説、もしくは幻奇小説――ラインハルト、ハガードの作品のごときもの――が盛んに行われたのであるが、一方純粋な「科学小説」として、H・G・ウェルズジャック・ロンドンコナン・ドイルなぞの人たちの作品が、同時に読書階級のはげしい要求を満して来たのであった。

In the meantime, in western countries, in parallel with "detective novel", scientific strange novels or phantom novels - like Reinhardt and Haggard's works - were thriving actively On the other hand, as a pure "science fiction", the works of H. G. Wells, Jack London and Conan Doyle magazines came full of vague demands of reading classes at the same time.

 このようにして、我国に於ては科学は充分大衆の智識とはならなかった。

In this way, science was not sufficiently popular in our country.

にも拘らず科学の驚くべき進歩、その輸入は、やがて再び我国の読者層にそれらに関する智識を要求させずにはおかなくなった。

Nonetheless, the amazing progress of science, its importation, has soon left to demand the readers of our country to have knowledge about them again.

これら外国の風潮は、やがて再び輸入され、「探偵小説」は遂に現今、諸君が眼前に見るように隆盛を呈しはじめるに至ったのである。

These foreign trends will soon be imported and "detective story" has finally come to prosper now as you see now.

併し、「科学小説」は残念ながら、未だ未発達の状態に残された儘である。

At the same time, "science fiction" is unfortunately a 残 that is still left undeveloped.

だが、当然「科学小説」も将来着目されて然るべきであり、その機運に向っているといわなければならないのである。

But, of course, "science fiction" must also be focused on in the future and it is said that it is suitable for that momentum.

 だが、その困難な所以は、特に日本に於て困難な所以は、屡々繰返されたがごとくに、「科学小説」が非常に豊富な智識と空想力とを必要とすることである。

But the difficulty, especially in Japan, is that scientific novels require extremely rich knowledge and imagination as they are often repeated.

日本の国民が一般に科学的智識に欠けていることは勿論であるが、特に今日の我国の文学者が科学的智識を深く研究しようなぞという殊勝な考えをもつもの皆無であり、現在のようなナマケモノでは、註文するのが反って無理だといわねばならない状態にある。

It is obvious that Japanese citizens are generally lacking in scientific knowledge, but in particular there is nothing with a victory idea that today's literary scholars of the country will deeply study scientific knowledge, Such a sloth is in a condition to say that it is impossible to wrote a sentence.