文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1051-1078)/1407

これは憂うべきことに違いない。

This must be gloomy.

何故なら、将来の文学者たるものは、坐して、あらゆる智識から眼をそむけ、自分と自分の周囲をのみ眺めて、狭い世界を書いているだけでは何うしても駄目だからである。

Because something as a future literary man sits, turns his eyes away from every sense of knowledge, only looks at the surroundings of himself and herself, nothing can write anything but a narrow world.

政治も、経済も、科学も、社会も、一切の専門的な智識をマスターし得、それらを綜合することに依って、作家としての一つの立派な見識を創造するに非ずんば、将来に於て印刷術による芸術――文芸は、近代科学そのものの力をかるラヂオや映画に圧倒されて了わねばならないであろうことは、予測するに決して難くはないのである。

Politics, economy, science, society can master all professional knowledge, and by not compounding them, to create one good insight as a writer, if nothing special, in the future It is not difficult to predict that the art of print art - literature must be overwhelmed by the radios and movies that exercise the power of modern science itself at the time of printing.

 だから、未来ある若き人たちは「科学小説」を将来の綜合的な大きな文学の発生への必然的な一過程として、一段階として認識し、充分に注目する必要があると思う。

Therefore, young people of the future need to recognize "scientific novel" as a step inevitably as a step towards the occurrence of future comprehensive large literature, and to fully pay attention.

それと同時に、もし諸君がかく考え来るならば、諸君は現代文学者の怠惰に抗し、それを文学者たるものの恥と心得、決然として立ちあがらねばならない時に到っているのではあるまいか。

At the same time, if you come to think of it, you may have arrived at times when you have to stand up as a shame and knowledge of a literary person, against the laziness of contemporary literary students.

 さて、現に存在している「科学小説」は次の三つの傾向によって分類しうる。

Well, the existing "science fiction" can be classified by the following three trends.

 その第一は、現在の科学の知識に基いて、それを奇怪な形に、一つの事件に結びつけて描いたもの。

The first is based on the knowledge of current science, drawing it in a bizarre form, tying it to one incident.

例えば――

For example -

 アサー・コナン・ドイルの「ロスト・ワールド」のごときものである。

It is like "Lost World" by Asa Conan Doyle.

「ロスト・ワールド」は、既に映画化もされ読者諸君も御承知のように、南米の人跡未踏の内地に、前世界の動物である恐竜や飛竜や類人猿なぞが棲息している高地を探険する物語で、科学的智識に豊富なる空想力を加えて創造されたのである。

"Lost World" has already been made into a movie and readers are also well aware that the highlands inhabited by dinosaurs, dragons and apes, which are the animals of the previous world, are living in the uninvited inner lands of South America It is a story to explore, created with scientific knowledge plus abundant fantasy power.

その探険隊が帰還して倫敦に於ける報告会を開催するや、実物の標本として取り出した飛竜の雛が忽ち会場の天井の高窓から飛び去って、聴衆が大騒ぎを演ずるなど、大衆的興味をも充分に備えている。

When the expedition team returns home and holds a report meeting in Ritsu, the flying dragon chicks taken out as real samples quickly fly away from the high windows of the ceiling of the venue, the audience plays a fuss, I am also fully equipped with interests.

 或は、ジュール・ベルヌの「月世界旅行」とか「海底旅行」などの諸作品もこの類に属するものであろう。

Other works such as Jules Verne 's "Moon World Tour" and "Seafloor Travel" may belong to this class.

その他ヘンリー・ライダー・ハガードの諸作品に見るような、地理学的基礎にたって、風俗上、動植物学上の智識を傾け、アフリカ内地の怪奇を描いたものも然りである。

Others It is also a matter that depicts a strange way in Africa by inclining knowledge on animal and plant science according to the geographical foundation as seen in various works of Henry Ryder Haggard.

 つまり、現代の科学の智識を基礎として想像し得る、天空、海中、地下、地上にありとあらゆる不可思議を興味深く書いた作品を含むのであって、多分にロマンチックな傾向を有する類いである。

In other words, it includes work that interestingly wrote every mystery in the sky, underwater, underground, and above ground, which can be imagined based on the knowledge of modern science, and it is likely to have a romantic tendency.

 第二は、科学的智識に基礎を置いていること勿論ではあるが、加うるに多分の社会的な意義をも併せて含めている種類の作品。

Secondly, although it is of course based on scientific knowledge, of course also works of a kind that also includes social significance in addition to it.

――

-

 その適例は、ジャック・ロンドンの諸作品、例えば「野性の叫び」のごときに見る。

An example of that looks like Jack London 's works, such as "Wild cry".

野性の叫び」は一匹の犬を主人公とした小説で、初めは富豪に愛育されていたが、人に盗まれ、売られ、虐使され或は北アラスカの荒涼たる氷原に橇を引き、或は愛犬家に撫育されて人の感情に鍛えられ、文化や野蛮の間に彷徨しながら、遂に天性の野獣性が眼覚め、狼群の長となる、ユニークな物語である。

"Wild cry" is a novel with a single dog as the main character, initially being educated by a rich man, but it was stolen by man, sold, abused or dragged down on the desolate ice fields of North Alaska, Or it is a unique story that is worn by the pet dogs and trained in human emotions, wandering among cultures and savages, finally awakening the wild beasts of nature, the head of the wolves.

ロンドンは又、「アダム以前」という作品で、人間の原始生活を描写し、半獣生活に現代の過剰文化からの逃れ路を暗示している。

London is also a work "before Adam" describing the primitive life of man and implies escape route from contemporary overculture to half-beast life.

 その外、以上の点を基本としているには違いないが、興味一方で書かれたもの。

Besides that, although it is basically based on the above points, it is written on one's interest.

例えば――

For example -

 バロウズの数種の「ターザン物語」、スチブンスンの「ブラック・エンド・ホワイト」「ジーギル博士とハイド氏」のごとき作品もこの種類に含まるべきものであろうと思う。

I think that works like Several Burroughs' Tarzan Stories', Stevenson 's "Black End White", "Dr. Ziegil and Mr. Hyde" should be included in this category.

 最後の傾向として、次のごときものが存在する。

The last trend is as follows.

 即ち、H・G・ウェルズの諸作品に依って代表されるもの。

That is, it is represented by various works of H · G · Wells.

例えば、「時の器械」に於て、彼ウェルズは一瞬にして数十万年を往復する器械を書き、「眠れるものの眼覚める時」で器械に囚われた社会を暗示的に書いている。

For example, in 'Instruments of Time', He Wells wrote instruments that go back and forth in hundreds of thousands of years in an instant and implicitly wrote a society captured by instruments at "When I wake up to sleep".

 この種の「科学小説」は、今の科学が未来に於て如何に発達していくであろうか。

How does this type of science fiction develop in the future now?

――将来の社会の科学的発達を深淵なる科学的智識の傾倒と、加うるに豊富なる空想力とに依って描出したものを含むのである。

- Including those depicting the future scientific development of society according to the deepening scientific knowledge and the extraordinary imaginative power.

換言するなら、最も純粋なる「科学小説」を指示するのである。

In other words, it tells the purest science novel.