文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1079-1106)/1407

 以上のような、三つの傾向を私たちは、当今行われている「科学小説」に見るのであるが、未だ今日では、これらの何れもが単に娯楽的な興味より含んでいない状態に置かれていて、そのレベルを抜く作品は殆んど無いといった有様なのである。

Three trends like those mentioned above are seen in the "science fiction" that is being done today, but today all of these are placed in a state that is not included more than merely entertainment interests There are almost no works that can overcome that level.

併しながら、「科学小説」はもっと発展しなければならないし、又近き将来に於て、益々隆盛を見るに違いないのである。

At the same time, "science fiction" has to develop further, and in the near future it must be seen more and more prosperity.

 私は、次のように断言し得ると考える。

I think that we can affirm as follows.

即ち、正しい科学の発展の方向が優れた文学によって科学的に綜合され、統一され、暗示されて、正当に、明確に、科学の進歩すべき方向が指し示されるであろう時、その時こそ、かかる綜合的な一大文学は自ら社会革命の意義と任務を充分にその肩に担い得るであろう、と。

In other words, when the direction of correct scientific development is scientifically integrated, unified, implied, legitimately and clearly, the direction in which science is to progress is pointed out by excellent literature, The comprehensive major literature himself could fully take the significance and duties of the social revolution on his shoulders.

 何故か。

Why?

今日の烈しい科学の発達の速度を見給え。

See the speed of today's intense science development.

この科学の行く処を知らない加速度的発達は、一般人の想像すら許さない有様である。

Accelerative development that does not know the destination of this science is a way of being unacceptable even for the imagination of the general public.

将来の文学の一つの重大な意義と任務は、その科学の発達を読者大衆に説明し、指示することにあるといわねばなるまい。

One important significance and duty of future literature must be said to explain and instruct the development of that science to the reader.

私は、一人のエジソンの頭脳によって、この人類社会の科学的進歩がどの程度に迄発達したか、――極言すれば、人類社会そのものがどの程度にまで進歩したか、――を考えるとき、私たちの社会に於て、マルクス主義者とか、或はその思想に反対する一切の保守主義者たちが唱えているような今日の諸学説が根本的に破壊され終るであろうことは、必ずしも空想ではあるまい、と思われるのである。

I think the extent to which the scientific progress of this human society has developed by the brains of one Edison - to what extent human society itself has advanced to what extent - In our society, what today's theories such as Marxists or any conservatives who oppose that idea would end up being fundamentally destroyed is not necessarily fancy Well, it seems to be.

科学の発達によって必然的にもたらされる処の膨大な機械産業化がその結果として多数の失業者を生じることは当然の話ではないか。

It is not surprising that enormous machine industrialization resulting from the development of science inevitably results in a large number of unemployed people.

そのことが現在、社会問題の根本になっている以上、それを解決するには、機械――ひいては科学そのものを否定するか、もしくは科学をより充分に発達させるか、その二つの途何れかの外には絶対にあり得ない訳である。

As that is now the foundation of social problems, in order to solve it it is necessary to deny the machine - eventually the science itself, or to develop the science more thoroughly, either way There is absolutely impossible outside there.

だが、それは決して社会政策では根本的に救われるものではないと思われる。

However, it seems that social policy will never be saved fundamentally.

科学を否定することは、現在の文明を否定して原始に還ることを要求するものであり、従って人類の進歩の意味を全体的に認めず、歴史の轍を過去へ返そうと試みる空想家の考え方に外ならない。

To deny science requires denying the current civilization and returning to the primitive, therefore it is impossible to recognize the progress of mankind as a whole and to imagine a visionary who attempts to return the rut of history to the past It is out of the way of thinking.

唯一つの正当な途は、人類の進歩を促すこと、即ち、科学をより完全に発達させようと現実に努力すること以外に絶対にあり得ない、という結論に達するのである。

We reach the conclusion that only one legitimate thing is absolutely impossible to promote the progress of mankind, namely to actually make efforts to develop science more fully.

 見給え。

See it.

科学は、その発達の方向へ、表面的には徐々と然も見えざる加速度をもって着々と進みつつある。

Science is steadily progressing towards its development, with a gradual and gradual acceleration on the surface.

 一例として、建築を例に取って考察して見よう。

As an example, let's look at architecture as an example.

建築材料は、既に天然の材料を使わずに多くの人工的材料を使用するに到った。

Building materials have already used many artificial materials without using natural materials.

木造建築以外の建築は殆んど人工材料のみで建造され、然も、それら人工材料は天然の石材に比較して遥かに廉価であり、且堅牢である。

Buildings other than wooden buildings are mostly built with artificial materials alone, yet these artificial materials are much cheaper and more robust than natural stone.

こうした発達の趨勢は無限に存在しているのであって、従って、只、同様に長石類を研究することに依って、より以上に廉価なる材料が発見されようとしてさえいる現状である。

The tendency of such development exists indefinitely, therefore, it is the present situation that even a material which is more expensive is found even by studying feldspar as well as it is.

それが完成された暁、我々の社会生活は一体どうなるだろうか。

When that is completed, what will our social life become like?

私たちがアメリカからの通信をラヂオで受けとるであろうように科学の進歩は、同時に、一坪十円の建築費で出来上る家屋を人類に提供して呉れるであろうことは、決して想像に難くはないのである。

As we will receive communication from the USA in the radio, progress of science will never be imagined that we will be able to provide houses completed with one tsubo cost of 10 yen to mankind It is not difficult.

 又、世界屈指の生産品として有名な、台湾の天然生産品である樟脳は、ようやく独逸の科学的生産品である樟脳にその市場を圧倒されようとしているのである。

In addition, camphor, a natural product of Taiwan, famous as one of the world's leading producers, is finally going to be overwhelmed by the camphor, a scientific product of monopolization.

 これら、その他無数の例は、すべて決して空想ではないのだ。

All these other, countless examples are never fantasies.

否、今や空想ではなくなって来たのである。

No, it is no longer fantasy now.

人工的生産品が天然品を圧迫して、私たちの生活に侵入しはじめたのは近々二十年来のことである。

It has been nearly two decades ago that artificial products began to invade our lives by squeezing natural products.

こうした無限の科学的発明が現実化されて、私たちの生活へどんどん直接に影響を及ぼして来るとき、果して私たちの――人類の生活は一体どんな風に改造され、変革されて来るのであろうか。

When these infinite scientific inventions are realized and have direct influence on our lives more and more, our way of life will be remodeled and what will be changed in the world Cow.

これらを、適当な文学的形式で一般読者大衆に報告し、説明し、暗示し、指摘することは、文学者として決して無意味な仕事ではないと信じる。

I believe that reporting, explaining, suggesting and pointing these to the general public in a suitable literary form is by no means a pointless work as a literary.