文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1155-1196)/1407

Herbert George Wells――

Herbert George Wells--

Time Machine.(時の器械)

Time Machine. (Instrument of Time)

The Food of God.(神々の糧)

The Food of God. (God 's Food)

In the Days of the Comet.(彗星時代)

In the Days of the Comet. (Comet era)

First Man in the Moon.(月へ行った最初の人)

First Man in the Moon. (First person who went to the moon)

The Island of Dr. Morean.(モリアン博士の島)

The Island of Dr. Morean. (Morian's Island)

War in the World.(世界戦争)

War in the World. (World War)

War in the Air.(空中戦)

War in the Air.

The Wonderful Visit(不思議な訪問)

The Wonderful Visit (mysterious visit)

The Invisible Man.(見えざる人)

The Invisible Man. (Invisible Person)

The Sleeper Awakes.(眠れるものの目覚むる時)

The Sleeper Awakes. (When waking up sleeping)

Tales of Space and Time.(空間と時間の話)

Tales of Space and Time. (Space and time stories)

 エドワアド・ベラミイ。

Edward Bellamy.

Edward Bellamy――

Edward Bellamy--

Looking Backward.(太古を顧て)

Looking Backward..

  第七章 探偵小説

Chapter 7 Detective Novels

「探偵小説」の歴史については、総論のところで充分に触れておいたし、又、その存在理由――何うして発展して来、そして現在の流行をみたか。

Regarding the history of "detective story", I fully mentioned at the general thesis, and also why the existence - what developed, how have you seen the current epidemic?

又、将来如何なる方向へ進んでいくであろうか。

Also, in what direction will you go forward in the future?

換言するなら、「探偵小説」は過去から未来へつづく文学史の如何なる役目をする一鎖りであるだろうか、――は、前章で詳細に講じたのである。

In other words, what kind of role of "detective story" is the role of literary history which continues from the past to the future, - was taken in detail in the previous chapter.

 そこで、それらに関しては、再び貴重な頁を浪費すまい。

So, with regard to them, we will not waste valuable pages again.

ただちに、「探偵小説」はその特徴としてどんなものを含んでいなくてはならないか、に進もう。

Immediately proceed to what kind of things the "detective story" must include as its features.

 第一に、その物語が自然でなくてはならない。

First of all, the story must be natural.

「探偵小説」に於て自然であるということは、その不自然さ、誇張が極めて現実性に富んでいなくてはならない。

To be natural in "detective story", its unnaturalness, exaggeration must be very rich in reality.

即ち自然に、もっともらしく読者に感じられねばならない、ということである。

In other words, it is natural that it must be felt by the reader plausibly.

そのことは、勿論、科学的でなくてはならない、という意味も含んでいる訳である。

That includes, of course, the meaning that it must be scientific.

即ち、「探偵小説」の第一特徴は、「現実性の豊富」ということである。

That is, the first characteristic of "detective story" is "abundance of reality".

犯罪の動機、探索の手懸りが、如何に些細な、又空想的なものであろうと、それが現実性をもって読者にせまらねばならない。

Regardless of how trivial or fantasy the criminal motives and the searching hands are, it must be realized to the reader with reality.

 第二に、サスペンスということが、その特徴であろう。

Secondly, suspense would be its characteristic.

どうなるだろうか、犯人は誰だろうか、といった期待と不安を次から次へと読者にもたすように仕組まれていなくてはならない。

It must be structured to bring the expectation and anxiety to the reader one after another, such as what will happen, who the criminal is?

犯人を意外な処に発見さすのもいい――ドウゼの「スミルノ博士の日記」、すべての登場人物を犯人らしく見せて五里霧中に彷徨わせるのもいい――ヴァン・ダインの「グリース家の惨劇」、次から次へと糸をたぐるように無限に思われるほどの人物を点出して、なお彼方に犯人をかくすのもいい――ルブランの「虎の牙」、兎に角、要は読者にサスペンスをもたしていくことが必要である。

It is also good to find the criminal in an unexpected way - Douze's "diary of Smirno", it is also good to let all characters appear like a criminal and wander around in the festival - Van Dain's " "It is also good to point out someone who seems to be infinitely seemingly threading from next to next, and it is also good to hide the criminal far beyond - Leburan's" Tiger's Fang ", rabbit, essential reader It is necessary to bring suspense to.

 その為には、トリックが必要となって来る。

For that, tricks are needed.

伏線に伏線が重なりもつれ合う、そして読者が五里霧中になる。

Hints overlap and hints of hints, and the reader gets in the festival.

一つがもつれると、他が少しほぐれ、そして又その上に伏線が重なる、といった具合に、常にある部分の期待と期待につらなる不安――サスペンスを持たせるためには、トリックが重要な役割をする。

Tricks play an important role in order to have anxiety which always hovers expectations and expectations of some parts, such as a slight looseness of one and a hint of overlap thereon, and so on - suspense .

ルブランの探偵小説など御覧になるとすぐわかる。

When you see the detective novel by Le Blanc, you can understand immediately.

いうまでもなく、そのトリックは充分現実性を備えていなくてはならない。

Needless to say, the trick must be fully equipped with reality.

だから、第三の特徴として「暴露されないトリック」が挙げられるのである。

Therefore, the third feature is "a trick not to be exposed".

 以上のようなものが「探偵小説」の特徴として数えられる。

Such things are counted as a characteristic of "detective story".

「探偵小説」は、大衆文芸の一分野としても考えられるのであるが、それ自身又独立して「探偵小説」としての分野を展開している。

"Detective story" can be thought of as a field of public literature, but it also develops itself as a "detective story" independently or independently.

即ち、次の三つの種類にわけて考えていいと思う。

In other words, I think you can think about the following three types.

 本格的「探偵小説」、文学的或は芸術的「探偵小説」及び大衆文芸的「探偵小説」――

Full-fledged "detective story", literary or artistic "detective story" and popular literary "detective story" -

 本格的「探偵小説」の中に含まれるのは、古い所では、コナン・ドイルの探偵作品、新らしい所では、現在人気の頂点にあるといわれている、かのヴァン・ダイン、又はウォーレスのごとき人の作品が挙げられるであろう。

What is included in full-fledged "detective story" is that in old places Conan Doyle 's detective work, in a new place it is said to be at the top of popularity now, Van Dain, or Wallace' s The work of people like you will be mentioned.

 文学的なものとしては、チェスタートンの「ブラウン物語」のごときが挙げられるべきであり、大衆文芸的「探偵小説」としては、ルブランの作品が代表的なものであろうと思われるのである。

As a literary thing, it should be mentioned like Chesterton's "Brown story", and as a popular literary "detective story", it seems that Leblanc's work will be representative.