文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1197-1232)/1407

 だが、概して「探偵小説」の進み行くべき道をいうなら幾度も述べたごとく、将来は益々科学的になっていくであろう。

However, as mentioned in many times as far as saying the way to advance the "detective story" as a whole, the future will become more and more scientific in the future.

科学の進歩のみが、新らしい現実性を将来の世界に生みだして行くであろうし、従って、トリックにも愈々科学が応用されるであろうことは当然である。

Only progress in science will create new realities in the future world, so it is natural that science will be applied more and more to tricks.

科学の絶えざる進歩のみが、「探偵小説」を常に新らしいものたらしめ得るのである。

Only constant progress of science can only make "detective story" always new.

例えば、殺人光線、小周波電波の利用、テレビジョン、テレボックスの如き新らしい科学的発明が、将来の「探偵小説」に使用されるであろう。

For example, new scientific inventions such as murder rays, use of low frequency radio waves, television, tele boxes will be used for future "detective story".

そして、「探偵小説」はそれによってのみ、愈々多幸なる未来を有しているといっていいと思う。

And I think that it can be said that "Detective novel" has a more and more happy future only by that.

 最後に、「探偵小説」に於ける日本と諸外国との相違について一言しよう。

Finally, let's tell a word about the differences between Japan and foreign countries in "detective story".

 即ち、日本の作家は「探偵小説」を書くに当って種々の困難がともなうのである。

That is, Japanese writers involve various difficulties in writing "detective novels".

 それは、第一に、日本の家屋の構造が外国と異り、開放的であることである。

First of all, the structure of Japanese houses is different from foreign countries and it is open.

このことは犯罪遂行その他に非常に困難なのである。

This is very difficult in terms of crime and other things.

 第二に、日本の警察制度が世界無比に完全していることである。

Secondly, the Japanese police system is completely unlimited worldwide.

だから、あまり出鱈目が書けない。

So, I can not write too much.

真実味がなくなって了うのである。

It is true that the truth is gone.

例えば、アメリカのシカゴとかニューヨークなどの大都市の暗黒街は殆んど官憲の手がつけられない程である。

For example, underworlds in big cities such as Chicago in the USA and New York are almost unlikely to be handled by the official constitution.

諸君は、外国映画のクルップ・プレイで優れた映画が多いのを知っているだろう。

You guys know a lot of good movies in Krupp play of foreign movies.

官憲と無頼漢が機関銃で対抗しあったりすることは、我国では想像だも出来ないことである。

It is impossible for us to imagine that the official constitution and non-honorable counter guns are opposed by machine guns.

こんなのを、直ちに日本に移植したりして、映画を造った処でそれが馬鹿馬鹿しいものになるであろうのと同様である。

It is similar to transplanting this to Japan immediately and it will be stupid in the movie making process.

 第三に、外国の「探偵小説」に私立探偵が活躍するのは警察制度が不完全であることに基いている。

Thirdly, the fact that a private detective is active in foreign "detective story" is based on incomplete police system.

だから外国であれば、実際にあり得る現象であるが、日本では私立探偵などは社会的に認められるには到っていない。

So in foreign countries, it is actually a possible phenomenon, but private investigations etc in Japan are not accepted socially.

警察制度が完備していて、その余地がないからである。

Because the police system is complete, there is no room for it.

例えば、外国では、警部も、探偵も、刑事も、デテクチーブという言葉で代表される。

For example, in foreign countries, the police department, the detective, and the detective are represented by the word Detective.

その点、我国とは甚だ事情が違っているといわねばならない。

In that respect, we must say that circumstances are very different from ours.

 こう云った種々の条件で、我国では「探偵小説」が非常に書きにくい状態におかれているのである。

Under these various conditions, "Detective novel" in Japan is put in a state that it is very hard to write.

我国に、本格的ないい「探偵小説」が少いのも、以上のような理由のためであろう。

It is probably for reasons such as above that there is little real "good detective story" in my country.

 序に、この章で、今日流行している「実話物」に触れて置こう。

In the beginning, let's touch on "real stories" that are prevalent today in this chapter.

 一体、「実話」は、アンチ文学要求の一つなのであるが、これも亦、外国での流行から影響された結果なのである。

Indeed, "real stories" are one of the anti-literary requirements, but this is also the result of being influenced by trends in foreign countries.

我々は、ここでも外国と日本との差違を考慮に入れなければならない。

We must also consider the difference between foreign countries and Japan, again.

「実話」は外国に流行しはじめているのであるが、特にアメリカに於て最も盛んである。

"True story" is beginning to spread in foreign countries, but it is most popular especially in the United States.

それは、如何なる理由によるかというと、アメリカの生活――社会生活、従って個人生活は実に、小説以上のものなのである。

It depends on what reason, American life - social life, therefore personal life is really more than a novel.

その多種多様であり、凡ゆる点でセンセショナルなことは驚くべきものがある。

It is a wide variety and its sensational things in all respects is surprising.

 一例をとるならば、アプトン・シンクレアの小説を読んだなら、アメリカ大都市市政の腐敗が東京市政の腐敗などとは比較にならぬほど驚くべきものであり、又、タマニホールなどの策動の如何に深刻で計画的であるかは、我、田中首相の、政友会の出鱈目な、すぐ尻尾を出すような馬鹿げさ加減とは問題にならないほど凄いものであることを読者諸君は知るだろう。

For example, if you read the novel by Upton Sinclair, the corruption of the American metropolitan city government is surprisingly incomparable with the corruption of the Tokyo Municipal Government, and how the Tamani Hall Whether it is serious and planned, readers will know that Prime Minister Tanaka's Prime Minister Tanaka's seriously funny stupidity is so serious that it does not matter.

 以上のように、外国の「実話」と我国の「実話」とは、従って、亦天地雲泥の差があるのである。

As mentioned above, there is a difference between heavenly and muddy in foreign countries 'real story' and 'real story' in our country.

日本の「実話」は、だから外国の「実話」ほどの興味を読者にあたえることが出来ない。

In Japan's "true story", therefore, I can not give readers the interests of foreign "real stories".

それ故、「実話」の流行は、殊に我国では一時的なもので、決して永続性を持たないものといわねばなるまい。

Therefore, it is said that the epidemic of "real stories" is temporary in Japan, in particular, it never has persistence.

怪奇小説」については、前章「科学小説」の中へ含めてその第一の種類として説明したから、この章でははぶいたことを断って置く。

As for "Strange novel", since it was included in the previous chapter "Science fiction" and explained as the first kind, in this chapter refrain from stuff.

 第八章 少年小説と家庭小説

Chapter 8 Boys' Novels and Household Novels

 総論のところで述べておいたごとく、「少年小説」は、大人物の分類の一切を包含しているのであって、夫れに英雄と、空想と、驚異との織込まれたものである。

As I mentioned in the general thesis, "juvenile novel" encompasses all the classifications of large figures, and they are woven with heroes, fantasies, and wonders.