文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1233-1277)/1407

だから、それは探偵小説でもあるだろうし、冒険小説であるときもあるだろうし、又英雄的でもあるだろう。

So, it will be a detective story, sometimes it is an adventure fiction, and it will also be heroic.

ただ作者はあくまでも、少年少女の読物であることを考えねばならない。

However, the author merely needs to think that it is a reading of a boys and girls.

大人の読んでいい「少年、少女小説」というようなものを考えてはならないのである。

You should not think of things like "boys, girls novels" that adults can read.

何故なら、少年、少女の読物であってこそそれが存在価値をもって来るのであるから。

Because it is a reading of a boy and a girl, it comes to existence value.

かの「赤い鳥」の鈴木三重吉君の童話が失敗したのも、以上の点に心得違いがあったからで、結果は大人の読むための童話――「少年、少女文学」というディレンマに墜ったのであった。

Suzuki Michikichi's fairy tale of "Red Bird" failed because there was disappointment in the above points, and the result crushed to the dilemma called "boys, girls literature" for fairy tales to read by adults It was.

 だから、「少年、少女小説」の文章に付いていえば、

So, in terms of the sentences of "boys, girls novels"

 一、理屈を抜くこと。

First, to get rid of the reason.

 二、テンポを早くすること。

Second, speed up the tempo.

 三、地の文の少いこと。

Three, little things in the sentences of the earth.

 という、この三つの原則を遵守しなくてはいけない。

We must adhere to these three principles.

「少年、少女小説」は絶対に少年、少女が読むために書かれねばならないのだ。

"Boys, girls novels" absolutely must be written for boys and girls to read.

 例えば、立志小説として「ジョン・ハリファックス・ゼントルマン」なぞは代表的なものであろう。

For example, the "John · Halifax · Zentrumman" mystery will be representative as the Toshi novel.

 処が、ここに「家庭小説」とよばれる一つの文芸の一|範疇がある。

There is a category of one literary art called "family novel" here.

然も「家庭小説」の意味は、我国と外国とは必ずしも同じではないのである。

Naturally, the meaning of "family novel" is not necessarily the same between our country and foreign countries.

外国では、立派に「家庭小説」が存在する。

In a foreign country, "Household novel" exists admirably.

「黒い馬」「家なき児」「クオレ」「三家庭」なぞは、この範疇に属するものである。

"Black horse" "House without children" "Quore" "Three family home" mystery belongs to this category.

 処が、我国では、新聞小説が「家庭小説」と呼ばれていた。

In Japan, the newspaper novel was called "home novel".

新聞小説でさえあれば、たとえそれが恋愛小説であろうが何であろうが、「家庭小説」だと考えられて来た。

As long as it is a newspaper novel, even though it is a romance novel, it has been thought of as a "family novel".

だから我国では、「家庭小説」が一定の概念を有していたのではなかった。

So in my country, "family novel" did not have a certain concept.

これはあらためられねばならぬ。

This must be refueled.

だから、これを外国にならって正しく認識するならば一切の「家庭小説」は将来に於て、「少年、少女小説」として最も要求せられるべきものだと思う。

So, I think that "home novel" in the future should be most requested as "boys and girls novels" in the future if it follows the foreign country correctly.

即ち、今まで、「家庭小説」とよばれていた種類のもの、ヂケンスの小説とか、その他前に挙げたものは、「少年、少女小説」の中に合流さるべきものである。

That is, what kind of things, "family novel", the novel of Dickens, and others mentioned up to now should be merged into "boys and girls novels".

その中には、「ユーモア小説」も「冒険小説」「探偵小説」も、一切の大人の小説の種類が含まれ、然もそれが少年、少女の読物として書かるべきことが要求されるのである。

Among them, "Humor novel", "Adventure novel", "Detective novel" also includes all types of adult novels, as it is required that it should be written as boys and girls' readings is there.

 只、今日残された問題は、それら、「家庭小説」をも含む一切の「少年、少女文学」が、十九世紀以後傑作を出さないことである。

The problem left today is that all "boys and girls literature" including those "home novels" do not produce masterpieces after the 19th century.

之は何を意味するのであろうか。

What does it mean?

一は、時代の進歩、変遷が亦少年少女の上にも支配し、彼らの思想情操を激変させつつあるからである。

The first is that the progress of the times, the transition also dominates the boys and girls, and they are making drastic changes in their ideological sentiments.

現在の少年少女は、決して一世紀昔の少年少女の感情、思想を持っていない。

The current boys and girls never have feelings and thoughts of a girl and a girl of a century ago.

より科学的であり、より刺戟をもとめ、より享楽的な欲求を持っている。

It is more scientific, more stimulating and has a more enjoyable desire.

彼らは新らしい何物かを求める。

They ask what is something new.

これは、都会の少年、少女に於て愈々然りである。

This is true for urban boys and girls.

処が、第二に彼らに何らかの方向を与えるべき文学者自身が、すでにこの激しい世相の変転の中に彷徨している。

Secondly, literaryists themselves who should give them some direction are already wandering into this intense social change.

彼らは新らしい正しい道徳を与えることが出来ない。

They can not give a new correct moral.

資本主義の爛熟とともに世間はますます無方向に、無道徳に乱れいきつつある。

With the maturity of capitalism, the world is becoming increasingly non-directional and morally disturbed.

すべての文学よりも以上に、今、「少年、少女文学」は危機に瀕していることを考えなければならない。

Beyond all literature, now we must consider that "boys and girls literature" is on the verge of crisis.

これらは将来の文学の一つの重大な使命である。

These are one important mission of future literature.

文学者は先ず自らを正しく認識しなおさねばならない。

Literary persons must first correctly recognize themselves.

自らの位置をはっきり知らねばならない。

You must know your position clearly.

その方向に就いては、私は「科学小説」のところで詳しく述べて置いた。

Regarding that direction, I mentioned in detail in "science fiction".

 何れにもせよ、未曾有の過渡時代に当って、すべての文学と同じく、その一環として、「少年少女小説」も亦、今一大転換期に立っていることは考えねばならぬ事実である。

In any case, as in the unprecedented transient era, as with all literature, as a part of it, "boys and girls novels" also is the fact that we are thinking that we are in the big turning point now is a fact to think.

  第九章 ユーモア小説

Chapter 9 Humor Novels

「ユーモア小説」の要求は、何よりも読書は娯楽である、という見地から出て来るものである。

The demand for "humor novel" comes from the point of view that reading is entertainment, above all.

こうした見地は、近来いよいよ激しくなって来た。

These aspects have been getting stronger in the near future.

それ以外、何の理由もない。

Other than that, there is no reason.

人生をうがっているとか、諷刺的であるとか等の何らかの人生的意味をもたす必要はないのである。

There is no need to bring some sort of personal meaning, such as worrying about life or being sticky.

大衆小説が興味だけで存在し得るのと同じ理由である。

It is the same reason why mass novels can exist only by interest.