文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1278-1316)/1407

こう云うとモリエールの彼の有名な戯曲とか、セルバンテスドン・キホーテなどは、「ユーモア文学」でないという説が出て来るのであるが、私は勿論、そういうものが「ユーモア文学」であるとは考えたくない。

Thus, it is said that his famous drama of Molière, Don Quijote of Cervantes etc. are not "humorous literature", but I think that such a thing is "humorous literature" I do not want to think.

 人生を喜劇的に表現しただけで、それだけでいいのである。

I just express my life comicily, that is enough.

ユーモアは徹頭徹尾ユーモアでなくてはならない。

Humor must be humorous.

例えば、モリエールの作品は、読んで了った後に人生の滓が残る。

For example, the work of Molière leaves scarcity of life after reading it.

「ユーモア小説」は読後に何んにも残らなくてこそいいのである。

"Humor novel" is the only thing you do not have to leave anything after reading.

だから「ユーモア小説」はその国独特のものでなくてはならないし、作者自身にも凡ゆる事物に対する特殊な神経、――敏感性が必要なのである。

So "humor novel" must be unique to that country, and the author himself also needs a special nerve for all kinds of things, - sensitivity.

モリエールの諷刺、シエクスピアの洒落は翻訳し得るであろう。

Moliere's pride, the fashion of Ciekspia could be translated.

だが「浮世風呂」等は翻訳して了っては大半の味わいは抜けて了う。

However, after translating "Ukiyo Bath" etc. most of the taste will come out.

従って、文学的にも永久的な価値が非常に少いものしか出来ないのである。

Therefore, only literally permanent values are possible.

言葉のニュアンスとかその国語独特の洒落とかは、かなり「ユーモア小説」には必要であって、然も翻訳出来ないものなのである。

The nuances of words and peculiar peculiarities in their native languages are quite necessary for "humor novels" and can not be translated.

従って一般性もないわけである。

Therefore, there is no generality.

 例えば近年流行した俗語に、「いやじゃありませんか」という言葉があった。

For example, there was a word "Well, is not it" in slang that became popular in recent years?

それは最も巧みに使うとき、人を失笑させることができた。

It was able to make people laugh when they most skillfully use it.

と同時に、その流行のすたれた時、その言葉は無価値な、嫌味以外の何ものでもなくなる。

At the same time, when that epidemic is gone, that word is nothing but worthless, nothing else.

 又、例えば今日、「竹取物語」を「ユーモア小説」だといったとて、夫れを承認する人はないであろう。

Also, for example, today it is said that "Taketori Monogatari" is a "humor novel", there is no one who approves their husband.

だが、「竹取物語」は当時の「ユーモア小説」に違いなかったのだ。

However, "Taketori Monogatari" must have been a "humor novel" of those days.

その当時のユーモアが今日ではわからなくなっているのだ。

Humor of that time is not understood today.

その時代の風俗や、欠点、特徴なぞを最も誇張したもの、そうした作品は風俗の変化とともに滅ぶのである。

The greatest exaggeration of customs, disadvantages, features of that era, such works are destroyed with the change of customs.

 以上のごとく、不偏普及的な「ユーモア小説」が要求されながら生命が短く、今日のごとき動揺時代には殆んど本当のユーモア作家もあらわれ難いのではないだろうか。

As mentioned above, life is short as an unbiased popular "humor novel" is required, and it seems that most real humor writers are unlikely to appear in the era of sway like today.

 今日、代表的なものといえば、やはりアニタ・ルースの「殿御は金髪がお好き」位であるが、それとてもアメリカの風俗特に近代女性の誇張であって、アメリカ人、アメリカを知るもののみに面白く読まれるのである。

Speaking of representative things today, Anita Ruth 's "God bless you blonde" position, but it is very exaggerated by American customs, especially modern women, only those who know Americans, America It is fun to be read.

勿論、今日、日本のみならず諸国がアメリカ化されつつある点から見て、アメリカニズムは日本人のみならず世界中の人びとにもしたしみ易いであろうから、従ってある点までの普及性は有するであろうが、その翻訳に依る価値の半減はどうにも出来ない事実であろう。

Of course, from the point that not only Japan but also countries are becoming Americanized today, American rhythm will be easy to find not only for Japanese but also for people all over the world, so of course there is a possibility of spreading to some point Well, it will be a fact that can not be reduced by half in value by translation.

 その他、アメリカには、撮影所の物語を書く、オクタヴァス・ロイ・コーエンとか、近代的なユーモア作者であるドナルド・オグデン・ステワードがいるし、英吉利には有名なウオドハウスがいる。

Besides, in the United States there are Octavas Roy Cohen and Donald Ogden Steward, a modern humorist, who write stories of shoot stations, and famous Wadohaus are in Georg England.

カナダのリーコックも流行作家である。

Lee Cook of Canada is also a fashion writer.

読者はそれらを参照されたい。

Readers want to see them.

  第十章 愛欲小説

Chapter 10 Aesthetic Novel

 嘗て、総論の処で、私は恋愛を八種にわけて置いたが、後で見ると六つしか挙がっていない。

Once, in the general account, I put love in eight kinds, but when I look at it later, only six are raised.

そこで、もう少し詳しく私の考えを述べて見よう。

So I will tell you my idea in a bit more detail.

 第一に、「思春期的恋愛」である。

First is "adolescent love".

例えばゲエテの「エルテルの悩み」なぞはこれに属する恋愛であろう。

For example, Geote's 'Elder's trouble' mystery would be a romance belonging to it.

現実の場合あのように純粋に長くは続かないだろうが、少くとも普通には二十歳位までの、盲目な、熱烈な、それでいて性欲的よりも感情的な、純情極まる恋愛である。

In reality it will not last so purely at the same time, but at the very least it is a blissful, enthusiastic, more emotional, purely romantic love affair, usually up to the age of 20.

ツルゲネフの「初恋」なぞもそうである。

Turgenev's "first love" mystery is also true.

既に異性を知って了った男女には、もうこんな感情は再び見られないものである。

For men and women who have already known the opposite sex, these feelings can not be seen again.

 第二の、「母性的恋愛」は、古い我国の女性の恋愛道徳の唯一つの規準であった。

The second, "maternal love affair" was the only criteria for love morals of old women in Japan.

菊池幽芳なぞの「家庭小説」の女主人公はすべて之であった。

The female heroes of "family novel" of Yoshihisa Kikuchi's mystery were all crowded.

之は、日本の女性の奴隷的な生活を端的に表したものに外ならない。

It is out of the ordinary representation of the slave life of women in Japan.

現在でも、尚この古い殻は尊いもののように女性及び男性の頭にこびりついている。

Even now, this old shell still sticks to the heads of women and men like precious ones.

鶴見祐輔君の「母」なぞは可成りこんな恋愛観念が含まれているようである。

Yusuke Tsurumi Your "mother" mystery seems to have included such a romantic idea.

だが、若い女性の生活の変化は次第にこんな型から抜け出ようとしている。

However, changes in the lives of young women gradually are getting out of this type.

何よりも良人がほしい、良人が出来れば全的に服従する。

I want a better person than anything else, if a good person can do it obediently to the whole.