文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

大衆文芸作法:直木 三十五(1317-1361)/1407

そして、その後の女性としての仕事は、母として子供を育てることだけである。

And the subsequent work as a woman is to nurture a child as a mother.

だが、生活難はすでに経済的に良人を信頼するに足りぬものとした。

However, living difficulties are already insufficient to trust good people economically.

一方女性は自らの職業を見出し、自ら生活する道を男性の手から奪った。

On the other hand, women found their own profession and robbed men of their way of living.

こうした結果は、新らしい恋愛と結婚の道を彼女らに指し示しているのである。

These results point to them the way of new romance and marriage.

「母性的恋愛」は一つの美しかりし思い出になろうとしている。

"Maternal love affair" is trying to become one beautiful memories.

 第三は、「性欲的恋愛」である。

The third is "sexual relationship".

異性の体臭を知ったものは、必ずこうした恋愛感情を多少とも持つだろう。

Those who have learned about the opposite body odor will surely have these love feelings somewhat.

女を見ることがすでに姦淫である、という言葉はこうした意味で正しい。

The word that watching a woman is already adultery is correct in this sense.

神さまは、性欲を掩う美しいベールとして恋愛感情を人間に与えたのであろう。

God would have given love feelings to human beings as a beautiful veil to cover libido.

だが、智慧の林檎を一たび口にした人間は、これを逆用した。

However, a man who talked about the apple of wisdom once again put it back.

人間の赤裸々な感情は一寸でも美しい異性に接すると性欲を持つのである。

Human nympho emotions have libido if they touch a beautiful opposite sex even at a single size.

写実主義小説は多くこんな恋愛を解剖している。

Realistic novels dissect many such romance.

 第四には、「尊敬的、崇拝的恋愛」である。

Fourth is "respected, worship love".

これはそれ自身では非常に淡い、はかないものである。

This is very pale and ephemeral on its own.

著名な作者に憧憬的な気持を抱くもの、アメリカの映画俳優に手紙を送ったりする類いの恋愛心理である。

It is a kind of romantic psychology that sends emotional feelings to prominent authors and sends letters to American movie actors.

これは、ある機会には、他の恋愛に転化する。

This is an opportunity to convert to other romance.

その例は、映画なぞにもよくあるし、実際にもある。

Examples are often in movie mysteries, and indeed also.

 第五は、「社交的恋愛」である。

The fifth is "sociable love".

これは、又異った意味で軽い恋愛である。

This is also a light love affair in a different meaning.

頗る遊戯的なものであり、皮相的なものではあるが、近代的という点では最もモダンな、新らしい恋愛の一種である。

It is a playful throne, it is an epitome, but one of the most modern, new kind love affairs in terms of modernity.

ダンスの相手、競馬見物の相手、音楽会や散歩の相手である。

Dance partner, horse race sightseeing partner, music concert and walking partner.

近代人が最も要求している恋愛関係で、殊にアメリカ映画なぞには幾らでも現れる。

It is a romantic relationship most requested by modern people, especially in the American movie mystery.

 第六は、これこそ真に新らしい恋愛であるが、もっと深い、思想的な点から生れる恋愛関係である。

Sixth, this is truly a new kind of love affair, but it is a relationship of love that arises from a deeper, ideological point.

同じ思想の下に共に働き、共に生き、共に主義のために闘う、そうした異性間の同志的な、その意味で熱烈な恋愛である。

Working together under the same philosophy, living together, fighting for principle together, it is a fellowship love affair, in that sense of comedy between such heterosexuals.

他から見れば、甚だ堅苦しい、窮屈なようであるが、本人同士にはそれこそ自由であり、正しい恋愛なのだ。

It seems to be cramped and cramped from the other side, but it is free to himself and the correct love affair with himself.

そして、これこそは、女性を男性とひとしく一人の完全な人間として認めるものなのだ。

And this is the one that recognizes a woman as a complete human being as well as a man.

ソ※ート・ロシアの法律とか、或は、コロンタイ女史の物語や、リベヂンスキイの「一週間」、ゴリキイの「母」なぞを読めばよく理解されるだろう。

It will be well understood if you read the Russian law, or the story of Mr. Colon Thai, the "one week" of Liverinsky, the "Mother" of the gorge.

この恋愛は、先ず、ソ※ート・ロシアの若きゼネレーションから必然的に起ったのである。

This love affair inevitably occurred from the young generation of So ** Russia.

私はこれを「同志的恋愛」と呼ぶ。

I call this "companion love".

 後の二つは、どうしてか載っていなかったのであるが――

The last two did not show up why -

 第七は、「友人的恋愛」である。

The seventh is "friendship love".

これは、私の主張する処であるが、実際あり得るし、既に、エレスブルグの「ジャンヌ・ネイの愛」にも書かれている。

This is what I claim, but it is actually possible, and it is already written in "Love of Jeanne Nei" of Ellersburg.

仮令、主義主張は異にしようとも、お互いに精神的にも肉体的にも許して行こうとする恋愛関係である。

It is a relationship of romantic love that we are going to forgive each other mentally and physically, despite different assumption and principle assertions.

私は、これこそが本当に自由ではないかと考える。

I think that this is really free.

 第八は、「倦怠的恋愛」であって、これは生活に倦怠をおぼえはじめた中年期の男女の、或はデカダン的とも云うべき恋愛心理である。

The eighth is "fatigue romance", which is a romance psychology that must also be said to be male or female of middle-aged or decadent that began to learn boredom in our lives.

徳田秋声氏に於けるような、又は有閑夫人の青年学生に対するような、可成り遊戯的であって、熱烈な然も覚めれば跡かたもなくなるような場合の多い恋愛である。

It is much love affair, like in Tokushima Akiko, or as a young student of Mrs. Lady Mrs. Yuki, is pretty playful and awakens when it awakens.

つまり、中年期の男女性が生活に刺戟を求める種類のものである。

In other words, the sex of men in middle age is of a kind seeking stimulation in life.

 こうした八種の恋愛の内、「母性的恋愛」の外はすべて誤った悖徳的行為として斥けられ、怖れられ、蔑まれ、口にすることさえ禁じられていたものである。

Among these eight kinds of love affairs, all outside of "motherly love" was repulsed as erroneous ruthless acts, feared, disdained, even forbidding even mouth.

然も現実には存在した。

Naturally existed in reality.

ただ、「同志的恋愛」「友人的恋愛」「社交的恋愛」に至っては、正しく新時代の産物に外ならない。

However, "comrade love", "friendship romance" and "socializing romance" are not exactly the products of the new era properly.

「愛欲小鋭」は古い型と因習を破って躍り出なくてはならぬ。

"Lustrous small sharp" must break out of old molds and customs.

何故なら、世相は十九世紀とは一変した。

Because the world changed completely from the 19th century.

今まで陰にひそんでいた恋愛関係は愈々露骨に表面に現れ、今までなかったような新らしい恋愛の型を創造した。

The romantic relationship ever hidden in the shadow appeared blatantly on the surface and created a new kind of romantic love like never before.

「愛欲小説」こそはそれらを反映し、時代の尖端的神経と新らしい風俗を描きだす使命に駆られているのだから。

"Loveless novel" reflects them and is driven by the mission to draw the point nerve of the age and new customs.

「愛欲小説」こそは、その各々の時代の風俗史であり、その時代を彩る華やかな色彩でなくてはならない。

"Loveless novel" is the history of customs and customs of each era, it must be a gorgeous color that colors that era.