文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(43-78)/511

彼は仏蘭西遣外駐屯軍の司令官のオブリアンという男である。

He is a man named Oribian of French orchid garrison commander.

痩せてはいるが、幾分威張って歩きたがる男で、黒い髪と碧い眼を持ち、髭には叮嚀に剃刀があてられている。

Although he is thin, he is a man who plays a somewhat arrogant and wants to walk, has black hair and awesome eyes, and a beard has a razor applied to the razor.

敗戦に勝利を得、自殺に成功した有名な聯隊の将校としては自然であるように、彼は突貫的な、また幽欝な風ぼうを備えていた。

He got an overwhelming and disgusting appearance, as natural as an officer of a famous parlor who succeeded in suicide by winning defeat.

生れは愛蘭土で、子供時代に英大使ガロエイ氏一家――ことに娘のマーガレット・ブレーアムと馴染だった。

Birth was a love affair, familiar with British ambassador Galloie family in childhood - especially the daughter Margaret Braham.

彼は借金を踏倒して国を逃出し、今では軍服、サーベル、拍車で歩きまわって、英吉利風の礼儀をすっかり忘れてしまっている。

He escaped the country by stamping debt, now he has walked around with military uniforms, sabers, spurs, and completely forgets the courtesy of the British style.

大使の家族に礼をした時、ガロエイ卿と夫人とは無愛想に首を曲げただけで、マーガレット嬢は傍を向いてしまったのである。

When I thanked the Ambassador's family, Lord Galloay and Mrs. Garroy gently deflected his neck, Miss Margaret faced the side.

 しかし、昔馴染のこれらの人達がお互にどんなに興じ合っていようとも、主人のヴァランタンは彼等の特に興味をもったのではない。

However, no matter how well those of these old-fashioned people are intertwined, the master's Van Lantern did not have their particular interest.

彼等のうちの一人だって、少なくとも今夜の客とはいえないのだ。

Even one of them is not a guest at least tonight.

ある特別な理由で、彼はかつて米国で堂々たる大探偵旅行を企てた時に知己になった世界的に有名な男を待っていた。

For one particular reason, he was waiting for a world-famous man who became acquainted himself when he tried a magnificent detective travel in the United States.

彼はジュリアス・ケイ・ブレインと言う数百万|弗の財産家の来るのを待っていたのだ。

He was waiting for Julius Kay Blaine's million-tenant property estate to come.

このブレインが群小宗教に寄附する金は人をアッといわせるほど巨大なもので、英米の諸新聞のいい噂の種となったものである。

The money donated by this brain to the group small religion is huge enough to make people feel easy and it has become a nice rumor of British and American newspapers.

そのブレインが無神論者であるのか、モルモン宗徒であるのか、基督教信仰治療主義者であるのか、それは誰にもわからなかった。

No one knew whether that brain was an atheist, a Mormon sect or a Christian faith therapeutic.

が、彼は新らしい知識的宣伝者と見れば、どんなものにも即座に金を注ぎ込んだ。

But when he saw him as a new intellectual propaganda, he quickly injected money into everything.

彼の道楽の一つは、アメリカ沙翁の出現するのを待つことだった――魚釣よりも気の長い道楽だが。

One of his hobby was to wait for the appearance of U.S. U.S. - a long way to go for fish fishing.

彼はワルト・ホイットマンを称讃した、しかしパリのタアナーはいつかはホイットマンよりももっと進歩的であったと考えた。

He praised Walt Whitman, thought that Parisian Turner was more progressive than Whitman someday.

彼は何によらず進歩的と考えられるものが好きであった。

He liked what he regarded as progressive, regardless of anything.

彼はヴァランタンを進歩的な男だと思った――それが恐るべき間違いの原因となった。

He thought that Van Lantern was a progressive man - it caused a terrible mistake.

 そのブレインもまもなく姿を現わした。

The blain soon appeared.

彼は巨大な、横にも竪にも大きな男で、黒の夜会服にすっかり身を包んでいた。

He was a huge, sideways and vertical big guy who was completely wrapped in black night clothes.

白髪を、独逸人風に綺麗にうしろへ撫でつけていた。

I stroked the white hair beautifully behind the German style.

赤ら顔で、熱烈な中にも天使のような優しさがあって、下唇の下に一ふさの黒髯を蓄えている。

It is a red face, there is kindness like an angel in passionate, and one tuft of black rhinoceros is stored under the lower lip.

これがなければ嬰児のように見えるであろう顔に、芝居風な、メフィストフェイス(「ファウスト」の中に出て来る悪魔)もどきの外観を与えるのであった。

In the face that would look like a baby without this, a play-style Mephistoface (a demon that emerged in "Faust") gave a strange look.

けれども、今客間の連中はこの有名な亜米利加人に見とれてばかりはおられなかった。

However, now all the guests were not able to be watched by this famous american.

彼の遅刻がすでに客間の問題になっていたのである。

His late had already become a problem of the customer.

そこで彼はガロエイ夫人に腕をかしながら、大急ぎで、食堂へとせき立てられた。

So he bowed to Mrs. Galloay and urgently touched the dining hall.

 マーガレット嬢があの危険千万なオブリアンの腕を取らない限りは、彼女の父は全く満足されていた。

Her father was completely satisfied as long as Miss Margaret did not take the arm of that dangerous ten million obori.

しかも彼女はそうせずに、行儀よくシモン博士と這入って行った。

Moreover, she did not do so, behaving well with Dr. Simon.

それにもかかわらず、老ガロエイ卿は落つきがなく無作法であった。

Nonetheless, Sir La Garoei was rude and rude.

彼は食事中に充分に社交的であった、がしかし、喫煙が終って、若手の方の三人――シモン博士と、坊さんのブラウンと、外国の軍服に身を包んだ亡命客で危険なオブリアン司令官とは、温室の方で婦人達と話したり、煙草を喫んだりするために、いつの間にか消えてしまった時、それからというもの、英国外交官のガロエイ卿はすこぶる社交的でなくなった。

He was sociable enough during the meal, but after smoking came, however, three of the young people - Dr. Simon, the monk 's Brown, and an exiled guest who was dressed in a foreign military uniform - were dangerous The obliean commander is a senior British diplomat, Sir Galloay, is not very sociable, when it disappeared unintentionally, to talk with ladies and tobacco in the greenhouse, It was.

彼は破落戸のオブリアンが、マーガレットに何か合図でもしはしないかと時々刻々そればかり気にしていた。

He was concerned only with the moment as to whether or not the oblique Olean would do with Margaret with some signal.

彼は一切の宗教を信仰する白頭の米人なるブレインと、何ものをも信ぜぬ胡麻塩頭の仏人ヴァランタンと、たった三人取残されて珈琲をのんでいた。

He had coffee with only a few people left with a blatant American brain who believes in all religions, a Buddhist Van Lantern with a sesame head without believing anything.

主人とブレインとは互に議論を戦わしたが、二人ともガロエイ卿に助けを乞うとはしなかった。

Both Mr. and Blain fought each other, but neither of us had asked Sir Galloay to ask for help.

しばらくするとその討論もひどくだれ始めた。

After a while the debate started badly.

ガロエイ卿もそこを立上って客間を目指した。

Sir Galloay also set up there and aimed for a guest room.

が長い廊下で七八分間も道に迷った。

I got lost in the long corridor for seventy eight minutes.

やがてシモン博士の甲高い、学者ぶった声、次で坊さんの一向パッとしない声、最後に一同のドッと笑う声がきこえた。

Soon Dr. Simon's high-pitched, academically voiced, followed by a monster's uninhibited voice, finally laughing at the same laughing voice.