文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(116-161)/511

「とにかくこれは吾々の連中ではない」とシモン博士は深い、奇妙な調子でいった。

"Anyway this is not a group of people," Dr. Simon said in a deep, strange way.

「検めて下ださい、博士」とヴァランタンがやや鋭い声でいった。

"Please check it down, Doctor," Vallantan said with a slightly sharp voice.

「まだ息があるかもしれませんからな」

"You may still have a breath"

 博士は蹲がんだ。

The doctor has cancer.

「まだいくらか温味があります、しかし息はもう絶えているようです。

"There is still some warmth, but my breath seems to have ended.

持上げますからちょっと手伝って下さいませんか」

I will lift it so please help a little "

 一同は注意深く死体を地上からちょっとばかり起した、それで、生きているか死んでいるかの疑は直ちに怖ろしくも解決された。

They raised corpses a little bit carefully from the ground, so the doubt as to whether they are alive or dead was immediately scared and resolved immediately.

首がコロコロと転がって行った。

My neck rolled and rolled.

首は胴からスパリときられていたのだ。

The neck was spirited from the torso.

さすがの総監さえもこれには思わずギクッとした。

Even a truly wonderful general eyed guilty to this.

「加害者はゴリラのように馬鹿力があったに相違ない」彼は呟くようにいった。

"There is no doubt that perpetrators have a foolish power like a gorilla," he said to murmur.

 解剖上の醜悪なものにはいかに慣れている博士さえも身顫いを禁じ得ずに、首を取上げてみた。

I tried picking up my neck without forbidding even the doctor who was accustomed to dissectioning ugly things.

頸部と前顎に滅多斬りにきりつけた痕があるだけで、顔面は大体無傷であった。

Just with a scar on the cervical and anterior mandibulally scratched marks, the face was roughly intact.

顔は鈍重で黄色く肉が落ちこんでいてしかもむくんでいた。

My face was dull, yellow, meat fell down and it was swollen.

鷹の嘴のような鼻と部厚な唇とがついていた。

There was a nose like a hawk 's beak and a thick lips.

古代ローマの虐帝の顔にも似ていれば、支那皇帝の顔にも少しは似ているようだった。

If it looked like the face of an ancient Roman cemetery, it seemed to be a bit similar to the face of Chinese emperor.

その外に特に眼をひくものはなかったが、ただ皆んなで死体を起した時、赤い血にまみれた白いシャツの胸が見えた。

Besides that, there was nothing especially eye-catching, but when everyone raised a corpse, I could see the breasts of a white shirt covered in red blood.

この男はシモン博士のいったように、この晩餐会の客ではない。

This man is not a guest of this dinner party as Dr. Simon said.

が、今晩出席するはずの客であったに相違ないことは服装が夜会服である事で解った。

However, the fact that it was a guest who was supposed to attend this evening understood that clothes are evening party clothes.

 ヴァランタンは四つん匍になって、おそろしく細密な職業的な注意を払って、死体の附近二十|碼四方の叢や地面を検べた。

Van Lang Tian became four and gave a terrible and precise occupational attention, and examined the twin bodies of the corpse and the ground of the corpse.

博士も下手ながら英大使もうろうろしながら手伝った。

Dr. Watanabe also helped while brimming with the British ambassador.

しかし、死体の近くにこまかに刻んだような木の小枝が二三本落ちているのを見つけたばかりで、外には何も見当らなかった。

However, I just found a few branches of trees that were carved into the corner near the corpse, and I could not find anything outside.

ヴァランタンは小枝をちょっと拾い上げてみたが、直きに放り出してしまった。

I thought Van Lantern picked up a twig and picked it up right away.

「樹の枝と」彼はまじめ気にいった、「樹の枝とどこの者だか解らぬ首無しの男と、それがこの芝生の上にあるすべてのものですな」

"Tree branches" He liked it seriously, "A branch of a tree, a man without a neck who knows who he is, and all that it is on this grass"

 そこには身慄いの催されるような沈黙があった、とその時魂の抜けたようになっていたガロエイ大使は鋭く叫び出した。

Ambassador Galloay, who had come to be out of his soul, said that there was a silence like a dragon being held there, shouting crying out.

「誰だ?

"Who?

 塀のそばに立ってるのは誰だ?」

Who is standing by the fence? "

 莫迦々々しく頭の大きい小男の姿が、月靄の中に立って、一同の方へフラフラと近づいて来た。

The appearance of a big boy with a big head stood in the moon shadow and approached Hafra to all the people.

最初は化物のように見えたが、よく見ると、一同が客間に置き去りにして来た無邪気な坊さんである事が解った。

At first it looked like a chemistry, but when I looked closely it turned out that it was an innocent monk who had left them away by the guests.

「この庭には門がないようだがな」と彼はおだやかに云った。

"There seems to be no gate in this garden," he said gently.

 ヴァランタンの濃い眉毛が意地悪る気に八字の皺をよせた。

I thought that Van Lantin 's dark eyebrows were mean to make me wrinkled.

僧侶の服装を見ると八の字になるのがこの眉毛の癖なのだ。

It is the habit of this eyebrow that it becomes eight letters when you look at the clothes of a priest.

しかし彼は僧侶の適切な観察を否定するほどに不公平な人間ではなかった。

But he was not so unfair as to deny the proper observance of the monk.

「おっしゃる通りです」と彼は云った。

"You are right," he said.

「我々はこの被害者がどうして殺されるに至ったを探究する前に、我々はどうして彼がここにはいるに至ったかを探究しなくてはならんのです。

"We must explore why he came here before exploring why this victim was killed.

まあおきき下ださい、皆さん。

Carefully, everyone.

もし私の地位と職務とを信頼して下さるならば、我々は本件に関して、名士諸君の御名前を引合に出さんように処置するという事に考えが一致せんければならないと思うのですが。

If you trust me in my position and duties, we think that it is necessary for us to agree on this matter to treat the name of the masterpieces as an inquiry.

ここには淑女方も紳士諸君も居られるし、また外国の大使も居られます。

Ladies and gentlemen can be here, as well as foreign ambassadors.

もしこれを犯罪事件と見なさなくてはならんものとすれば、そのように捜査せねばならんのです。

If we must consider this a criminal case, we must investigate that way.

しかし、そこは私の裁断次第になります。

However, it will depend on my judgment.

私は警視総監です。

I am a police general.

私はこの事件を秘密にしておくことが出来るほどの公職にある男です。

I am a man in a public office that can keep this incident secret.

私が他を捜さくするために私の部下を呼び寄せる前に、私はまず来客諸君の一人一人が本件に無関係である事を立証したいと思います。

Before I call my men in order to search for others, I would like to prove that each and every one of the visitors is irrelevant to this case.

諸君、諸君の御名誉にかけて、明日の正午まではお一人でも拙宅から御引取りにならないように、それに寝室も数だけありますし。

Many, like you, by your honor, there are as many bedrooms as there are no one even from your house until noon of tomorrow.

それからシモン博士、あなたは執事のイワンが玄関に居るのを御存じでしょう、あれは信用のおける男ですから。

Then, Dr. Simone, you know that Iwan of the butler is at the entrance, because that is a trustworthy man.

どうかイワンに外の者を代りに置いてすぐにここへ来るようにおっしゃって下さらんですか。

Please remind me to put an outside person instead of Ivan instead soon to come here.