文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(162-214)/511

それからガロエイ卿あなたは御婦人方へ恐慌を起さんようにうまく事件のことをお話し下さるに最も適当な方だと思いますが。

Then, Sir Galloay. You think that it is the most appropriate person to tell stories about the incident so well as to cause a depression to the lady.

御婦人方にも残っていただかなくてはならんです。

It is necessary for our ladies to remain.

師父さんと私は死体の番をいたしましょう」

My master and I will count the corpses. "

 シモン博士は剣の室へ行って、本職探偵の私立探偵のようなイワンを呼んだ。

Dr. Simon went to the room of the sword and called Ivan like a private investigator of a real investigator.

ガロエイ卿は客間へ行って、巧みにこのおそろしい事件を報告した、それでまもなく一同が客間へ集った時には婦人連は既に驚きが終りまたもう宥められていた。

Lord Galloay went to the guests and skillfully reported this frightening incident, so soon after the women gathered to the guests, the ladies' guy was already surprised as the surprise had already ended.

 傷痕と口髭とをもつ忠実な臣イワンは弾丸のように家の中から飛び出し、犬が主人に呼ばれたように芝生を横ぎってヴァランタンの所に駈付けた。

A faithful minister with a scar and mustache, Ivan jumped out of the house like a bullet, and the dog crawled across the grass as if the dog was called to his master and stuck to the place of Valantin.

彼の鉛色の顔も、家内に探偵事件が起ったときいて活気に燃え立っていた。

His lead-looking face was also lively burning when a detective incident occurred inside my house.

死体を調べてもよいかと主人の許しを乞う様はほとんど不愉快なほど夢中であった。

Like asking for the owner 's forgiveness to investigate the corpse was almost crazy crazy.

「よし、見たければ検べてもよい」と主人が云った。

"Okay, you can check it if you want to see it," the master said.

「しかし長くはいかんよ。

"But not long.

部屋へ帰って色々しらべなければならん事があるから」

I have to go back to the room and have to find various things. "

 イワンは彼の顔をあげた。

Ivan gave him his face.

が、落すようにそれを置いた。

I set it to fall.

「オヤ、これは、不思議不思議! 閣下はこの男を御存知で?」

"Oya, this is a wonder wonder! Does your expert know about this man?"

「知らん」ヴァランタンはぶっきらぼうに云った。

"Do not know" Van Lantin said to himself.

「吾々は家に入る方がよかろう」

"It would be better for us to get into the house"

 彼等は書斎の長椅子の上に死体を運んで、それから客間へ行った。

They carried dead bodies on the chair in the study and then went to the guests.

 探偵は静かに、少しぐずぐずしながら机に向った。

The detective quietly turned to the desk with a little delay.

しかし彼の眼は裁判官席の裁判官の鉄の眼のようであった。

But his eyes were like the iron eyes of a judge in the judge seat.

彼は前にある紙片に何か二三行走り書きをしてから、言葉短かに、「皆様ここにお揃いでしょうか?」

After scribbling something twenty-three lines down on a piece of paper before, in short words, "Are you all here?"

と訊ねた。

I asked.

「あのブレインさんがいらっしゃいませんが」とモン・ミシェル公爵夫人があたりを見廻しながら云った。

"Mr. Brain is not here," said the Duchess of Mont-Michel while looking around.

「そうそう」とガロエイ卿も嗄れ声を出して、「それからオブリアン君も居らんようですが、私はあの人を、死体がまだ温った時にお庭を歩いておるのを見かけましたが」

Sorry to say "Oh yeah," Lord Galloay also cried out, "It seems like there are neither oborian nor, but I saw him walking in the garden when the corpse was still warm."

「イワン、オブリアン司令官殿とブレインさんをお連れ申しておいで」と主人が云った。

"Please tell Ivan, Commander of Bolean and Mr. Blain," the master said.

「ブレインさんは食堂の方で葉巻をもう終りかけておられる頃だろうし、オブリアン司令官は温室を散歩しておいでだろう。

"Mr. Blain is at the cafeteria around the end of the cigar, and oborian commander would have taken a walk in the greenhouse.

判然は解らんが」

I do not understand it. "

 忠実な執事が消え去ると、ヴァランタンは一同に息もつかせぬように、軍人式の容赦のない句調で語をつづけた。

When the faithful butler faded away, Van Lantern continued to speak in an unforgiving phrase of military expression, as if not breathing to each other.

「ここにお出になる皆さんは御存知の事でしょうが、庭に人間の死体が発見されまして、首が胴体から斬取られておるのです。

"Everyone who comes out here is familiar, but the human body has been found in the garden, the neck is being cut from the torso.

シモン博士、あなたはあれを御検視なすったが、あのように人間の首を切断するには、よほどの力が要るものでしょうか?

Dr. Simone, you inspected that, do you need a lot of power to cut the human neck like that?

 それとも非常に鋭利なナイフぐらいで?」

Or about a very sharp knife? "

「さア、ナイフ等ではとても斬れませんなア」博士は顔を蒼くして言った。

"Sa, I can not cut it with a knife, etc ..." A doctor said with a bright face.

「ではそれだけの効力のある刄物について何か御考えがありますまいか?」

"Well, do you have any idea about that kind of pottery?"

「近頃の刄物ではむずかしいですなア」博士は眉間に八の字を寄せて言った。

"It is difficult with recent clothes," Dr. puts eight letters between the brows and said.

「元来|頸というものはギスギスと斬るさえ難かしいものです。

"Originally - the thing called the neck is a giggis and it is difficult to slash.

しかるにこれは美事にスパリとやられてます。

However, this is spirited by beauty.

まあ鉞とか昔の首斬斧とか、または古代の両刄の剣なら出来ますが」

Well, I can do it like an old neck slaughter, or an ancient sword of both sides. "

「だって、まア!」公爵夫人はヒステリックに叫んだ。

"Because, well!" Duchess shouted hysterically.

「ここら辺りには両刄の剣や鉞等ありはいたしませんでしょう」

"There will not be any swords and spirits on both sides here."

 ヴァランタンはなおも眼の前の紙片に何か書つけていた。

Van Lantin was still writing something on the piece of paper in front of her eyes.

「どうでしょう」といいながらなおも走書きをつづけて、「仏蘭西騎兵の軍刀では?」

Keep on writing while still saying "How do you say", "Is it a military sword of French cavalry?"

と訊ねた。

I asked.

 扉を低くノックするものがあった。

There was something that knocked the door low.

一同は何とも理由のつかない理由でヒヤリとした。

They made a mistake for reasons why they had no reason.

その氷のような沈黙の中にシモン博士はこれだけの事を云った。

In the silence like that icy, Dr. Simon said this much.

軍刀――そうですなア、軍刀なら斬れるかもしれません」

"Army sword - that's right, if it's a military sword it might be killed."

「ありがとう」とヴァランタンが云った。

"Thank you" said Van Rantan.

「おはいり、イワン」

"Otori, Ivan"

 忠実なイワンは扉を開きオブリアン司令官を案内して来た。

Faithful Ivan opened the door and came up with commander O'Brien.

司令官がまだ庭を歩いてるのをやっと見つけて来たのだ。

I finally found the commander still walking in the garden.

 司令官は取乱した風で、それに少しムッとした態度で戸口に突立っていた。

The commander was a disturbing breeze, standing in the doorway with a slight bit of attitude to it.

「何か御用がおありですか?」

"Do you have something else?"

と彼は叫んだ。

He cried.

「まアかけたまえ」ヴァランタンは愛想よく、きさくに云った。

"Take care" Vantan talked to me sweetly.