文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(215-258)/511

「おや、君は軍刀をつけていませんね、どこへお置きになりました?」

"Oh, you do not have a military sword, where have you put it?"

「図書室の卓子の上に置いて来ました」ドギマギしているので、彼のアイルランド訛を丸出して、オブリアンは言った。

"I came on top of the library's Takako," because he is doing it, he took out his Irish accent, and Obulean said.

「それは邪魔だったものですから、それが腰に当って……」

"Because it was an obstacle, it hit the waist ... ...."

「イワン」とヴァランタンが言った、「図書室から司令官殿の腰の物を取って来てくれ」召使いが立上ってから、「ガロエイ卿はちょうど死体を発見される前に、君が庭に出て行かれるところを見たと言われるんだが、君は庭で何をしておられたんですか?」

"Ivan" and Van Lantin said, "Please pick up the horses from the library from the library" Since the servant got up, "Lord Galloay did not know just before the dead body was found, you I was told that I saw the place where I went out into the garden, what were you doing in the garden? "

 司令官は投げるように身体を椅子に落した。

The commander drove the body to the chair like throwing.

「そうな」愛蘭土言葉丸出しで叫んだ、「月を眺めていましたよ。

"Oh yeah" I cried out with a love-affair language speech, "I was looking at the moon.

自然と霊感を交えましてなア」

Come with nature and inspiration "

 重苦るしい沈黙が続いた。

The heavy silence continued.

やがてまた例の物凄いノックがきこえた。

Eventually I heard an amazing knock in the example.

イワンが刀身のない鋼鉄製の鞘をもって再び現われた。

Ivan appeared again with a steel sheath without a blade.

「これだけしか見当りませんでございますが」とイワンは言った。

"I have found only this," Ivan said.

「卓子の上に置け」とヴァランタンは見向きもせずに云った。

"Put it on Takako," Vallantan said without looking.

 残忍な沈黙が室内を支配した、死を宣告された殺人者の法廷のまわりに漂う限りない残忍な沈黙のそれのように。

Like a brutal silence that is floating around a courtroom of a murdere who was sentenced to death, brutal silence dominated the room.

公爵夫人が弱く叫び声をたてたのも疾くの昔に消え去っていた。

It was faded past the age that the Duchess screamed weakly.

次に発せられた声は全く想いもよらぬ声だった。

The next voice was a completely unexpected voice.

「あの、申上げたいのでございますが」とマーガレット嬢は勇敢な女が公衆の前で話す時の、あの澄んでふるえを帯びた声で叫んだ。

"Oh, I'd like to make a request," Miss Margaret cried out with a clear, trembling voice when a brave woman speaks before the public.

「あの、私はオブリアン様がお庭で何をなすっていらっしったか、よく存じておりますの、オブリアンさんは言いにくいので黙っていらっしゃるんですけれど、あの、実は私に結婚のお申込をなさいました、けど私はお断りいたしましたの。

"Well, I know well what we did in Oribe in the garden, Oblean is silent as it is hard to say, but, in fact, please apply for marriage to me actually However, I declined it.

私共の家庭の事情上お断りするより外に仕方がないので、私、ただ私の敬意だけを差上げますからって申上げました。

Because there is no way outside for refusing on the circumstances of our households, I just raised my respect only.

オブリアンさんは少し憤っていらっしゃいました。

Mr. oborian was a little indignant.

あの方は私の敬意等はあまりお考えになるようには思われませんでしたの、けれど」と妙に笑ってつけ加えた。

He thought that my respect and etc. did not seem to be too much thought, though, but added a strange smile.

「あの方も今私の敬意を受けて下ださるでございましょうよ。

"Let's have it down with my respect also now.

私はどこへ出ましても、あの方は決してそんな事を遊ばす方ではないとお誓い申します」

No matter where I go, I swear that he will never spend such a thing. "

 ガロエイ卿は娘の方へジリジリと詰めよっていたが、彼は自分では小声のつもりで彼女を嚇しつけていた。

Sir Galloay was stuffing up with her daughter, but he was threatening her with the intention of a low voice on his own.

「お黙り、マジイ」彼はわれるような低声で云った。

"Shut up, maggie" I said in a low voice as he could say.

「なぜお前はこやつを庇うんか?

"Why do you protect the crowd?

 かやつの剣はどこにある?

Where's the sword of a fish?

 あやつのいまいましい騎兵の剣はどこだッ。

Where is the damn damn cavalry sword?

――」

- "

 彼はもっと云込むつもりであったが、娘の妙な眼付、それは一同の視線をも強力な磁石のように吸付けたところの妙な眼付にあってやめてしまった。

He intended to say more, but my daughter 's strange eyes, it stopped being in a strange eyes with a sucking like a strong magnet like a powerful magnet.

「お父様の解らず屋!」とマーガレットは小声ではあるが、敬虔の仮面を抜ぎすてて言った。

"Your father does not understand!" Although Margaret was in a loud voice, he struck out the mask of god and said.

「一体何をそんなに発見なさろうというおつもりですの?

"What exactly are you going to discover so much?"

 あの方は私のそばにいらした時には潔白だったのよ。

He was innocent when he was beside me.

たとえ潔白でなかったとしても、私と一緒にいらっしったのよ。

Even if I was not innocence, I was with me.

もしあの方がお庭で人殺しをなさったとすれば、それを見たはずの人は誰でしょう――少なくともそれを知っているはずの人は誰でしょう?

If he had murdered in his garden, who would have seen it - who would at least know that?

 お父様はオブリアンさんをお憎みになる余り御自分の娘までもその――」

Your father would not hate Obleen, even his own daughter - "

 ガロエイ夫人は金切声をあげて叫んだ。

Mrs Galloay gave a loud voice and shouted.

他の一同は若い二人の間に起ったであろうその悪魔的悲劇に思い触れてギクッとした。

The others gave a glittering touch of the demonic tragedy that would have happened between the young two.

彼等はスコットランド貴族の誇り高い白い顔と、暗い家の中のふるい肖像画のような、愛蘭土の危険人物である、彼女の恋人とを眺めた。

They looked at the proud white face of the Scottish aristocracy and her lover, a dangerous figure of a love affair like a sieve portrait in a dark house.

 病的な沈黙の最中に、一つの無邪気な声がいった。

During a pathological silence, an innocent voice went on.

「それはよほど長い葉巻だったかしら?」

"Was it a very long cigar?"

 突然の言葉に彼等は吃驚して、誰が言ったのだろうかと周囲を見廻した。

They suddenly surprised the sudden words and looked around as to who said what.

「わしは」と室の隅っ子から師父ブラウンは云った、「わしはブレインさんが喫うておられたという葉巻のことをいうとるんですぞ。

From the corner of the room, the father-in-law Brown said, "I mean the cigar that Mr. Blain was smitten.

それは散歩杖のように長い葉巻のように思われるんでな」

It seems like a long cigar like a walking stick. "

 一向に要領を得ないような言葉ではあったが、それを聞いて頭を持上げたヴァランタンの顔には感心したような、癇癪を起したような表情が浮んでいた。

Although it was a word that would not be to the point of necessity at all, there was a look like a tantrum that was admired by the face of Valantin who raised his head by listening to it.