文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(259-302)/511

「いや全くです」と彼は鋭く云った。

"No, absolutely" he said sharply.

「イワン、もう一度ブレインさんを見に行って来れ、そしてすぐにここに御連れしろ」

"Ivan, come back to see Mr Blain again, and take me here soon"

 執事が扉を閉めて出て行くと、ヴァランタンは今実に非常な熱心さを持って令嬢に話しかけた。

When the butler closed the door and went out, Van Lantern spoke to Daughter with a very enthusiastic now.

「マーガレット嬢、吾々一同はあなたが司令官の行為について試みられた御説明に対しては感謝と賞讃を感じました。

"Mr. Margaret, we all felt gratitude and praise for the explanation you attempted about the actions of the commander.

しかし、その御説明にはまだ足らん所がある。

However, there are still plenty of room for explanation.

御父さんはあなたが書斎の方から客間の方へ行かれたのと出遇われたという御話です。

The father tells me that you got tired of going from the study to the guest room.

それからわずかに二三分たって、お父さんは庭の方にオブリアン君がまだ散歩しておられるのを見られたという事ですが」

Then it is only a few minutes later that my father saw Obleen walking still in the garden still "

「けれどもこういう事も御承知になっていただきたいのですわ」と彼女の声に幾分皮肉さをもってマーガレットは答えた。

"But I'd like you to know this kind of thing as well," Margaret replied to her voice somewhat ironically.

「あれは私があの方の御申込を御断りいたしたばかりの時でございましたから、二人腕を組んで戻ってまいる訳にもまいりませんでしたの。

"Because that was the time I just refused the application of that person, I could not have translated the two of us back together.

とにかく、あの方は紳士でいらっしゃいますから、それであの方は後へお残りになりましたものですから――殺人の嫌疑等を御受になったのでございますわ」

Anyway, he is a gentleman, so that's why he left behind - he received the suspicion of murder, etc. "

「その何分かの間に」とヴァランタンは重々しくいった。

"During that part of time" Van Lantern went heavily.

「オブリアン君は事実その――」

"Obulean is the fact that -"

 またもやノックの音がしてイワンが刀痕のある顔を差出した。

I knocked again and Ivan pulled out a face with a sword.

「申上げます、ブレイン様はもうお帰りになりましてございます」

"I can speak, Mr. Blaine has already left."

「なに帰ったと!」ヴァランタンはこう叫びながら初めて席を立った。

"What went home!" Van Lantern stood seated for the first time while shouting like this.

「行っておしまいになりました。

"I went and finished.

夜逃げをなさいました。

I ran away in the night.

蒸発をなさいました」とイワンは滑稽な仏蘭西語で答えた。

Evaporation occurred, "Ivan replied in comic French orchid.

「あの方の帽子も外套もございませんのです。

"There is neither a hat nor a cloak of that person.

私は何か痕跡がないかと表に走り出てみますと、私は偉いものを見つけましてございます」

I ran into the table to see if there was any trace, and I found a great one. "

「何だというんだ、それは?」

"What is it, what is that?"

「お目にかけますでございます」と彼の召使はいった、そして切先と刄の部分に血痕のあるピカピカ光る抜身の軍刀を持って来た。

"I am looking for you," his servant said, and brought a witty sword shining glow with a blood stain on the tip and stump.

一同は雷に打たれたようにそれを瞠めた。

They all caught it as if they were struck by lightning.

しかし物馴れたイワンは全く平気で語をついだ。

But familiar Ivan is totally at ease.

「私はこれを巴里街道を五十|碼ほど行ったところの藪中に放り込んでございましたのを見つけましたんです。

"I found that it was thrown into the bush where I went about fifty miles of the Paris river road.

つまり、私はあなた様の大切なブレイン様がお逃げになる時におなげになったちょうどその場所でこれを見つけましてございます」

In other words, I have found this at that place just as you lucky when your valuable Blaine escaped. "

 再び沈黙が起った、しかし今までのとは違ったものであった。

A silence happened again, but it was different from what we have done.

ヴァランタンは、抜身を取上げて、検べてみて、冷静に何か思いを凝らす様であった。

Van Lantin took up the extrusion and looked at it and seemed to feel something calmly.

それから彼はオブリアンの方へ叮嚀に顔を向けた、「司令官、君はこの軍刀が証拠品として必要な場合は、いつたりとも提供して下さることと信じます。

Then he turned his face towards Oribian towards his head, "Commander, I believe that if this warrior is necessary as evidence, I will offer you anytime.

それまでは」とガチャガチャなる鞘にこの刀身をおさめながらつけ加えて言った、「とにかく一応お返ししておきましょう」

Until then "while adding this blade to the sheath which is going down, I said," Let's return it for once. "

        二

Two

 夜が明けた。

The night began.

だが、疑問の謎は依然として解けなかった。

However, the mystery of doubt still could not be solved.

朝飯がすんでから、司令官のオブリアンが庭の腰掛にシモン博士とならんで腰をかけた時に、鋭い科学的な頭の博士がすぐにまた死体の問題を持ちかけた。

After the breakfast, when the commander Olean sat back with Dr. Simon on the seat of the garden, a keen scientific head of doctor quickly gave a dead body problem again.

しかしオブリアンの方はあまり話に気乗りがしなかった。

But oborian did not care for the story much.

彼の思いは議論等より嬉しい件でいっぱいであった。

His thoughts were full of pleasant cases than discussions etc.

朝食前にマーガレットと二人で花壇の間を散歩した時、マーガレットが嬉しい返事をしてくれたのであった。

When Margaret and two people walked around the flower bed before breakfast, Margaret gave a nice reply.

「いやあまり面白い事件でもありませんからな」と司令官は率直に云った。

"No, it's not a very interesting incident," the commander said frankly.

「ことにもう大体解決はついているのですからな。

"To top it all goes far enough to be solved.

きっとあのブレインは何かの理由であの被害者を憎んでおったので、この庭へ誘き出した上、私の剣で殺したんです。

I'm sure that Blain hated that victim for some reason, so I brought it to this garden and killed it with my sword.

そしてあやつはにげる時に剣を藪の中へ放りこんで町の方へ逃げて行ったものですな、時に博士、イワンは被害者のポケットに米国の貨幣がはいっていたと私に話しましたが、すると、被害者はやはりブレインの国の者だったと見えますな。

And when he gave up he threw a sword into the bush and ran away to the city, sometimes Dr. Ivan told me that US money was in the pocket of the victim , Then you can see that the victim was also a person in the blaine country.

それでもう事件には疑問等は何もないようですな」

Then it seems there are no doubts etc in the incident anymore. "

「いやここに五つの大きな疑問があるのです」博士は静かに言った。

"No, I have five big questions here," Dr. quietly said.

「ちょうど塀の中に更に高い塀がある様に。

"Just like there is a higher fence inside the fence.