文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(303-349)/511

しかし誤解しないで下さい。

But do not get me wrong.

ブレインがやったという事を疑うんじゃないですからな。

I do not doubt that Blain did it.

彼の逃亡。

His escape.

それが何よりの証拠です。

That's the proof of anything.

しかしあの男がどういう風にしてやったかが問題なのです。

But it is a question of how he did it.

第一に人を一人殺すに、どうしてああした大きな軍刀等を用いたのでしょうか、ポケットナイフで充分殺すことが出来るし、そして後でポケットの中へしまう事が出来るんですからね。

First of all, why did you use a big military sword etc that you ah to kill a person, you can kill it with a pocket knife enough, then you can put it in your pocket later.

第二の疑問は、兇行の時になぜ物音も悲鳴もきこえなかったのでしょう?

The second question is, why did not he hear both sounds and screams when he was acting?

 人間は通常、一方が蛮刀をふりかざして迫って来るのを声も立てずにただ見ていられるものでしょうか?

Is it usually human beings who can only look without saying that one comes close to a barbari and comes closing?

 第三は、例の召使いが宵の中ずーと玄関口に番をしていましたから、鼠一匹庭の方へはいられる訳がないんです。

Third, the servant of the example was doing the entrance in the evening in the evening, so there is no reason to enter the mouse in the one mouse.

どうして被害者ははいって来られたでしょう?

Why was the victim coming in?

 第四に、同様の事情の下にですな、どうしてブレインが庭から逃げ出す事が出来たでしょう?」

Fourth, under the same circumstances, why could Blain escape from the garden? "

「そして第五は」とオブリアンは英国の坊さんがそろそろとこちらへ来る姿にジーッと眼をとめて云った。

"And the fifth," Obulean said with an eye to the appearance that the British monk came to the end soon.

「第五はつまらない事ではあるが、私には不思議に思われます。

"The fifth is a trivial thing, but it seems to me a strange thing.

私は最初首がどういう風に斬られてるかを検べた時に、犯人は一度ならず斬りつけたらしいのです。

When I first checked how my neck was being slashed, the criminal seemed to have slashed one more time.

ところがよく検べてみると、その断面には幾つもの斬傷のある事がわかりました。

However, when I looked closely, I found that there were many bruises in its cross section.

これは首が落ちてから斬りつけたものです。

This is a thief after the neck fell.

ブレインは月明りの中によく敵の姿を見ながら敵の身体を斬り苛むほど敵の憎んでおったんでしょうかな?」

Would Blain hated the enemy as he often beat the enemy 's body while seeing the enemy in the moonlight? "

「実に凄惨だ!」とオブリアンは身慄いをした。

"Obviously terrible!" Obulean was disbelieving.

 小男のブラウン坊さんは彼等が話してる間にそこへ来た。

The little guy Brown monks came there while they were talking.

そして持前の内気さで話しの終るまでジッと待っていた。

I was waiting till the end of the talk with my shyness shy.

それから彼はブッキラ棒に言った。

Then he said to Bukkila stick.

「これはお邪魔いたしますな。

"This will not disturb you.

しかし新事件をお話しするために使者に立ちました!」

However, he stood as a messenger to talk about a new incident! "

「新事件?」

"New incident?"

とシモンはくりかえした、そして眼鏡越しに、傷ましげに彼を見つめた。

And Simon replicated, and looked at him carelessly through the eyeglasses.

「はい、どうも気の毒にな」と師父ブラウンはおだやかに云った。

"Yes, sorry," said Mr. Brown gently.

「第二の殺人事件が起ったのですて」

"A second murder case happened"

 二人は腰掛から飛上った。

They jumped out of the seat.

その拍子に腰掛が躍った。

A sitting position fell on the beat.

「それでなお不思議なことは」とブラウンは鈍い眼で庭の石楠花を見やりながら続けた、「今度のも前と同じ伝でな、首斬事件なんですて、第二の首は例のブレインさんの巴里街道を数|碼ほど先へ行った河の中で真実血を流しておったのを発見したんでな、それで皆んなの推量では、あのブレインさんが……」

"What is still strange then," Brown kept watching the garden Kisakana with a dull eyes, "This is the same as before, it is a neck-and-burning case, the second head is Mr. Blain I discovered that I blew the truth blood in the river that went ahead as a number of āli river roads, so that everyone's guess is that Blaine ... "

「へへえ! ブレインは首斬狂者なんだろうか?」

"Hye he! Blaine is a dangerous man?"

とオブリアンが叫んだ。

Cried O'Brien.

「亜米利加人同志の仇討ですかな」ブラウンは気の浮かなそうに云った。

"Is it a victim of comrades of Amoyagi?" Brown said to himself not to be distracted.

「それであなたがたに図書室へ来て見てもらわなければならんということでしてな」

"That's why you have to come to the library to see it,"

 オブリアンは胸がむかつくように感じながら、二人の跡について行った。

Oborian followed the traces of the two while feeling as if his chest suffered.

 図書室は天井の低い細長い暗い部屋であった。

The library was an elongated dark room with a low ceiling.

主人のヴァランタンは執事のイワンと共に、長いやや傾斜した机の向側で一同を待ち受けていた。

The master 's Van Lantern, along with the butler' s Iwan, had been waiting for all on the side of a long, somewhat inclined desk.

机の上には庭で発見された被害者の大柄な黒い身体と黄色い顔とが大体|昨夜のままで横たわっていた。

On the desk, the big black body and yellow face of the victim found in the garden roughly stayed last night.

今朝河の葦の叢の中から拾った所の、第二の首は、それに並んで、血の滴り流れるままに置かれてある。

The second neck, which I picked up from the river's reed ponce this morning, is lined with blood dripping alongside it.

その胴体は河の中に漂っているだろうと云うので、この家の男共が今なお捜索中であった。

As the body says that it will be drifting in the river, both men in this house are still under search.

師父ブラウンはオブリアン司令官の鋭敏な神経に付合いをするような人では少しもないので、新しい首の所へ行って、眼をしばたたきながら検べた。

Brown is not like a boyfriend like Oberean's keen nerve, so I went to a new neck and checked my eyes while fluttering.

それは横に射込む赤い朝陽を受けて、銀白色の火をもって飾られた、ベタベタした白髪の束としか見えなかった。

It received a red morning sun that struck sideways, and it looked like only a bunch of sticky gray hair decorated with a silver white fire.

面部は醜い紫色をしていて、一見罪人型と見えたが、それは河中に転がっている間に木や石に打ちこわされたのであった。

The face was ugly purple and seemingly seemingly sinful but it was struck by trees and rocks while rolling in the river.

「おはよう、オブリアン君」ヴァランタンは叮嚀に云った。

"Good morning, obleen," Van Lantin said to him.

「ブレインがまたもや首斬罪を犯したという事はもう御ききでしょうか?」

"Is it okay for Brain to commit criminal crimes again?"

 師父ブラウンはまだ白髪の首の上に身を屈めていた、それから顔を上げずに彼はいった。

He was still bending over the neck of the gray hair, and he said he did not raise his face.

「はア、左様、今度のもブレインの仕業だということはたしかじゃろう」

"A, left, it will be certain that this time Blain's work is done"