文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秘密の庭(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(350-399)/511

「そうですとも、それは常識でわかります」とポケットに両手を入れて、ヴァランタンが云った。

"Yes, well, I understand it with common sense," put both hands in your pocket, Vallantin said.

「前のと同じ方法で殺しました。

"I killed it in the same way as before.

そして前のから数ヤードもはなれない場所においてですな、しかも彼が持ち逃げたと考えられるあの同じ軍刀でスパリとやったものです」

And in a place that can not be separated by a few yards from the previous one, I did it sparse with that same warrior he thought to have escaped. "

「左様、左様、ほんとになア」と師父ブラウンは素直に答えた。

"Mr. Left, Left, Truly A", his father Brown replied frankly.

「だが、どうもなア、わしはブレインが彼の首を切る事が出来たかどうかが疑わしいんでな」

"But, sorry ah, I doubt if Blaine could cut his head"

「なぜですか?」

"why?"

シモン博士は、理性家らしい凝視をしながら訊ねた。

Dr. Simon asked while gazing at a reasonistic gaze.

「さて、博士」と坊さんは眼をパチパチさせながら顔を見あげて云った。

"Well, doctor" and the monk saw his face while clencing his eyes.

「人間自分で自分の首をチョン斬る事が出来るじゃろうか?

"Is it possible for a human to be able to slash his neck by himself?"

 わしには解らんがな」

I do not understand. "

 オブリアンは宇宙が気が狂って彼の耳穴で轟きまわるかと思った。

Oblian thought that the universe was going crazy and roaring in his ear pier.

しかしシモン博士は急に前の方へ乗出して、濡れている白髪頭を撥ねかえした。

However, Dr. Simon suddenly took ahead to the front and shrieked the wet gray head.

「オウ、こりゃブレインさんに違いないわい。

"Oh, this must be Blaine.

ブレインさんは左の耳にたしかにこの疵があったで」ブラウンは静かにこういった。

Mr. Blain had this flaw in his left ears indeed. "Brown quietly said this.

 しっかりしたそしてギラギラ光る眼で坊さんを見つめていた、探偵は喰いしばっていた口を明けて鋭く云い放った。

He was staring at the monk with a firm and glowing eyes, the detective opened his mouth that had been eating and shooked deeply.

「師父さん、あなたは大方この男を御存知だと見えますな?」

"Master, you can see that you know this man?"

「左様、わしは何週間もあの人のそばに居った事があるものですからな。

"Left-sidedly, I have been staying with him for weeks.

ブレインさんはわしの教会へはいろうと考えとったのです」

Mr. Blain thought of going to my church. "

 ヴァランタンの眼が狂乱的に光った。

The eyes of Valantan shone frenzied.

彼は拳を握りしめて大股にブラウンの方へ詰めよった。

He clasped the fist and stuffed into the big leg towards Brown.

そして冷笑的な笑いをしながら、「たぶん、彼は全財産をあなたの教会へ寄附しようとでも考えていたんでしょう」と叫んだ。

And cryingly laughing, "Maybe he was thinking to donate all his property to your church," he cried.

「たぶんそんな事でしたじゃろう。

"Perhaps it was such a thing.

ありそうなこっちゃ」ブラウンは気の無い返事をした。

There seems to be a problem, "Brown replied unnoticed.

「そんなならば」とヴァランタンは凄い笑いを浮べて、「あなたは彼についてはよく知っておられるでしょう。

"If so," Van Lang Tang floated a terrible laugh and said, "You know him well.

あの男の生活もそれからあのあやつの……」

That man's life is then his girlfriend ... "

 オブリアン司令官はヴァランタンの腕に手を置いた。

Commander O'Brien put his hand on the arms of Van Lantin.

「まア総監、そんな口の悪い、つまらん事はおよしなさい。

"Well, Mr. Mares, such a bad mouth, please do something stinky.

さもないとまた軍刀が飛び出すから」といった。

Otherwise a military sword will jump out. "

 しかしヴァランタンは(坊さんの着実そうな、謙譲な凝視にあって)既に我にかえっていた。

But Van Lantern had already returned to me (with the steady, humble stare of the lord).

「ハハアいかにも。

"Haha really.

人の私見はきくものだ。

Person 's personal opinion is fair.

皆さんにお約束の通り、今しばらくおとどまりをねがいたいと思います。

As promised to you, I would like to stay abroad for a while.

お互にはげまし合っていただかねばなりません。

We have to mutually agree with each other.

委しい事はイワンがお話しいたしましょう。

Let me tell you what Ivan is.

私は仕事に取かからなくてはならんし、その筋へ報告を書かなくてはならん。

I have to get to work and write a report to that source.

もう黙っているわけには行かんです。

I will not go staying silent any longer.

でももし何かまた変ったことでもあれば、私は書斎で書いておりますから」

But if something changed, I am writing in the study. "

「イワン、何か変った事があるかね?」

"Ivan, have you ever heard of something wrong?"

総監が部屋を出て行くとシモン博士が訊ねた。

Dr. Simon asked when the superintendent leaves the room.

「一つございますが」とイワンは灰色の老顔を皺くちゃにしていった。

"There is one," Ivan wrinkled the gray old face.

「それがまた重大な事でございますよ。

"That is also a serious thing.

庭にたおれていたこのやくざ野郎のことでございますがな」と彼は黄色い頭をした大きな黒い死体を無遠慮に指さした、「とにかくあの男の身元がわかったのでございます」

"It is about this Yakuza who was leaning in the garden," he pointlessly pointed to the big black body with a yellow head, "I knew the identity of that man anyway"

「ホウ! 何者だと?」

"Who are you?"

驚いた博士が叫んだ、「彼の名はアーノルド・ベッケルと申しますが、色々の変名を使っておったのです。

A surprised doctor cried out, "His name is Arnold Beck, but I used a variety of pseudonyms.

渡り者の無頼漢で亜米利加へも渡ったことがあるという事でございます。

It is that there are things that have crossed over to sub amateurs with non-convicts of migrants.

そんな関係でブレインに殺されたんでしょう。

I guess Blaine was killed by such a relationship.

我々にはあまり厄介もかけませんでした。

We did not put too much trouble.

大抵|独逸で働いておったんですからな。

I used to work mostly | alone.

もちろん独逸の官憲にも照会いたしましたが、奇妙な事には、こやつにはルイ・ベッケルという双生児の兄弟があって、それは我々になかなか深い縁があるのでございますがな、実は、昨日そやつを断頭台にかけたばかりだという事がわかったのでございますよ、皆さん、全く妙な話ですが、私昨日庭でこの死体を見た時に、私はあんな驚いた事はありませんでしたよ。

Of course, I also referred to the authority of monoculture, but in a strange thing, there are two twin brothers, Louis Beckel, and it is quite deeply related to us, but in reality, yesterday It turned out that it was just the thing that it was just putting it on the decapitation table, everyone, it is quite strange talk but when I saw this corpse in the garden yesterday I had not been surprised.

もし私がルイ・ベッケルの死刑をこの眼で見なかったら、芝生に横になっていた奴をルイ・ベッケルだと断定したに違いありませんなア。

If I had not seen the death penalty of Louis Beckel with this eye, I must have asserted that he was Louis Beckel who was lying on the lawn.