文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

見えざる人(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(1-47)/401

見えざる人

An invisible person

THE INVISIBLE MAN

THE INVISIBLE MAN

one

 ロンドン・キャムデン町なる二つの急な街の侘しい黄昏の中に、角にある菓子屋の店は葉巻の端のように明るかった。

In the dull twilight of the two steep cities of London and Camden, the shop at the corner was as bright as the edge of a cigar.

あるいはまた花火の尻のように、と言う方がふさわしいかもしれない。

Or perhaps more like saying the fireworks buttocks.

なぜなら、その光は多くの鏡に反射して、金色やはなやかな色に彩どられたお菓子の上におどっていた。

Because the light was reflected on many mirrors and danced on sweets that were colored gold or supple color.

この火の様な硝子に向って多くの浮浪少年等の鼻が釘づけにされるのであった。

Many nostrils of the vagrant boys and others were nailed toward this glass like the glass.

あらゆるチョコレートはチョコレートそれ自身よりも結構な赤や金色や緑色の色紙に包まれていた。

Every chocolate was wrapped in fine red, golden or green colored paper rather than chocolate itself.

そして飾窓の大きな白い婚礼菓子は見る人に何となく縁の遠いようにも見えまた自分に満足を与えるようにも見えた。

And the large white wedding sweets of the decorative window seemed to be somehow far from the viewer and seemed to give satisfaction to themselves.

ちょうど北極はすべて喰べるにいいように。

Just like to have all the North Pole eat.

こうした虹のような刺戟物に十一二歳くらいまでの近所の小供を集めるのは当然であった。

It was natural to gather nearby squirrels up to about the age of about 12 for such rainbow-like stimulus.

しかしこの街角はまた年を取った若者にとっても魅力があるのであった。

But this street corner was also appealing to young people who were older.

さてもう二十四にもあろうという一人の青年がその店の窓をのぞきこんでいた。

There was one young man looking over the window of the shop so that it was already twenty-four now.

彼にも、また、この店はもえるような魅力であった。

To him as well, this shop was a charming charm.

しかしこの引力はチョコレートのみでは説明されるわけではなかった。

But this attraction was not explained with chocolate alone.

と言って彼はチョコレートを軽蔑しているわけではなかったが。

Although he was not looking down on chocolate.

 彼は丈の高い、肥った赤毛の青年で、しっかりした顔をしているが、物事に無頓着らしい様子をしていた。

He is a high-ranked, fertile red-haired young man with a solid face, but he seemed unconcerned about things.

彼は腕に黒と白のスケッチ用の平たい灰色の紙挟みを抱えていた、そのスケッチは、彼が経済論に対して反対説を試みたために、彼の叔父(海軍大将)から社会主義者と見做されて廃嫡せられて以来、多少の成功を持って出版業者に売りつけていたのであった。

He was carrying a flat gray papering for black and white sketches in his arms, the sketch was a socialist from his uncle (Admiral) because he attempted an opposition to economic theory Since being regarded as being considered as a wasteful, it had been selling to publishers with some success.

彼の名はジョン・ターンバロ・アンガスといった。

His name is John · Turnbaro · Angus.

 遂に彼は菓子|店の中へはいって行ったが、そこを通り抜けて、喫茶店になっている奥の室に通った。

Finally he entered the confectionery | store, went through it, and went to the interior room which was a coffee shop.

そしてそこに働いている若い女にちょっと帽子をとった。

And I took a little hat on a young woman working there.

彼女は黒い着物を身につけ、高い襟をつけた、優雅な女で非常にすばしこい、黒い眼を持っていた。

She has a black kimono, a high collar, an elegant woman, very graceful, had a black eyes.

彼女は註文をきくために奥の室へと彼についてきた。

She followed him to the interior room to hear the sentence.

 彼の註文はいつも決まっていた。

His remarks were always decided.

半|片の菓子パンとコーヒーを貰いたいと彼は几帳面に言った。

He wanted to get a piece of sweet bun and coffee, he said punctually.

その女があちらへひきかえそうとすると彼はこう言い足した、「それからね、僕は君に結婚してもらいたいんだが」

When the woman tried to replace it, he added: "Then, I want you to get married."

 そこの若い給仕女は急にかたくなって、「まあそんな御冗談をおっしゃってはいけませんワ」と言った。

A young waiting woman there suddenly became hard and said, "Well I should not say such a joke."

 紅髪の青年は灰色の眼をあげて重いもよらぬまじめな眼光をした。

Red - haired young men raised their gray eyes and did not hesitate to do anything serious.

「全く本当に」と彼が言った。

"It is really," he said.

「これは重大なんだ。

"This is serious.

半片の菓子パンの様に重大なんですよ。

It is serious like half a sweet bread.

菓子パンのように金子もかかるし、不消化だし、それに損害を与えるしね」

Kaneko is also taken like a confectionery bun, it is irrevocable, and it will damage it. "

 若い女は黒い眼を男からはなさずに、しかし彼を一生懸命に鑑察してるように見えた。

The young woman did not leave a black eye from a man, but it seemed to be looking at him hard.

がやがて微笑の影のようなものが彼女の顔にうかんだ、そして彼女は椅子に腰を下ろした。

Eventually a shadow of smile came to her face, and she sat down on the chair.

「ねえ、君はこう考えないかね」アンガスは女のなんにも気にとめないような風をしてこう云った。

"Hey, do not you think like this?" Angus said the woman 's wind that seemed unnoticed.

「こんな半片の菓子パンを食うなんてちと残酷じゃないだろうかね?

"Is not it cruel to eat sweet buns like this?

これはふくれさせて一|片パンにしたらいいね。

It would be nice to swell this one |

僕達が結婚したら、こんな残酷な遊戯は、僕はやめてしまうね」

If we get married, I will not quit such a cruel game. "

 かなし気な若い女は椅子をはなれて、窓の方へ歩いた。

A young young woman took off his chair and walked toward the window.

決然と、しかしまん更思いやりのなさそうにもなく。

Nevertheless, it seemed unlikely to be considerate.

遂に彼女が決心をした様子でまた男の方へ転廻して行った時に青年は店の飾窓から、色々の菓子を取って来て、テーブルの上に叮嚀にならべているのを見て女はおどろいた。

At last she looked like she made up her mind and turned around to the guy again and the young man picked up various sweets from the decorative window of the store and saw that she was standing beneath the table I was surprised.

三角塔形をした色彩の強烈な糖菓、サンドウィッチが五六|片、それから菓子店に特有な神秘的なボルド酒とシェリ酒の瓶が二本。

Fierce confection of a color with a triangular tower shape, a sandwich of fifty-six | one piece, then two bottles of mysterious Borde and Shery liquor unique to candy shops.

それからこのきれいな配列の真中に彼は飾窓の巨大な飾物であった白砂糖菓子の大きなかたまりを置いていた。

Then in the middle of this beautiful arrangement he placed a large mass of white sugar candy which was a huge decoration of the decorative window.

「あなたはまあ何をなさるの?」

"What do you do well?"

と女は云った。

Said the woman.

「これはぜひいるものさローラさん」と彼は始めた。

"This is certainly Lola," he began.

「ああおねがいですから待ってちょうだい、そしてそんな事を云うのはよしてね、一体これはどうしたの?」

"Oh, so please wait, please do not say such a thing, what on earth did you do?"