文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

見えざる人(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(105-138)/401

「それから、も一人のほうは?」

"Well, then, is the one person?"

アンガスは落付払ってまたくりかえした。

Angus paid the cash and repeated again.

 ローラ・ホープは突然立上った。

Laura Hope suddenly went up.

「まああなた」と彼女はいった。

"Well you," she said.

「お巫女さんね。

"A shrine maiden.

そうよあなたのおっしゃる通りよ。

That's right, as you said.

も一人のほうはただの一度だって何とも言っては来ないのです、ほんとにどこにどうしているんだか、死んだ人のように消息がわからないんですもの、しかし私が余計怖れているのはこの人の方ですわ、私の行くさきざきに付纒って、私の気を狂うようにさせるんですもの。

Even one person is not the only one to say, I really do not know where I am, I do not know what I am like, like a dead man, but I am afraid that this person It is towards me, I attach it to the turtle that I will go and make me go crazy.

ほんとに私はあの男は私を気狂いにしてしまうように思いますわ。

Truly I think that that man makes me crazy.

なぜって、私はあの男のいるはずのない所にあの男の気配を感じます、あの男がしゃべるはずのない所であの男の声をききますの」

Because I feel the sign of that man where that man should not be, I hear the voice of that man where he can not talk. "

「ウン、なるほど」と青年は愉快そうに言った、「もしその男が悪魔そのものなら、君が他人に話したので今頃はもう往生したろう。

The young man said pleasantly, "If the man is a devil himself, as you talked to others, I would have already passed away.

だがしかし君はいつその籔睨の気配や声を感じたり聞いたりしたのかね?」

But when did you feel or heard the signs or voices of that glance? "

「エエ私がこうしてあなたのお声をきいてるように、ウェルキンの笑い声をきいたんですの」と女は真顔になっていった。

"As Ee said in this way I heard your voice, I heard Welkin 's laughter," the woman became a serious face.

「それは店の外の四ツ角の所に私が立っていた時でしたが、四方の街が見透せてあたりには誰アれもいない時の事でした。

"It was when I was standing at the four corners outside the shop, but it was when there was no one in the vicinity around the town of the four sides.

私はあの男の笑い声等はもう忘れていたんですけど、そりああの男の笑声といったら、あの籔睨の眼付のように滑稽でしたのよ。

I had forgotten that guy's laughter, but when I said that Sirea's man's loud voice, he was luscious like the eyes of that guy.

私はもう一年近くも彼の事などは考えた事はありませんでしたの。

I have never thought about him for nearly a year.

ところが、それから二三秒もたたないうちに、恋敵のスミスからよこした最初の手紙を私は受取ったんですの」

However, I received the first letter I received from Smith of the love while in less than 23 seconds. "

「してみると君は化け物のようなものにしゃべらせたり、キュキュ云わせたりした事があるのかな?」

"Have you ever talked to something like a monster, or something like Keukyu?"

アンガスが面白半分に訊ねた。

Angus asked half the fun.

 ローラは突然|身慄いをした、が声だけは慄えずに言った、「そうですのよ、ちょうど私がスミスから成功の事を知らせて来た二度目の手紙を読了ったちょうどその時に、『お前をあやつにやるものか』というウェルキンの声を聞いたんですの。

Laura suddenly appeared, but only the voice did not shudder, said, "Yes, it is just right, just when I read the second letter that I told Smith about success I asked Welkin 's voice "I will do you for a guy."

それが、まるでウェルキンがこの空にでもいるようにハッキリしてましたから、ほんとに怖くって、――私はもう気が狂ってるにちがいないと思うくらいでしたわ」

It was as clear as if Wellkin was in this sky, so I was really scared - I thought that I must be crazy already. "

「もしあなたがそんなに気がつくくらいなら、何より気が狂っていない証拠だ。

"If you notice so much, it's evidence that you are not mad more than anything.

だが、その幽霊紳士は僕には確かに変梃に思われるな。

However, the ghost gentleman seems to be indeed irrelevant to me.

しかし二つの頭は一つにまさるわけだから――僕はあなたに力を借そう、どうだね、もしあなたが僕に、僕を片意地な実行家としてだ、あの婚礼菓子をもう一度、窓から持って来る事を許してくれるならだ……」

But since the two heads are better than one - I'm going to borrow your power, how are you, if you make me a sneaky executor for me, bring that wedding sweet again from the window If you will allow me to come ... "

 という彼の言葉が終るか終らないうちに、外の街路に当って、鋼鉄をさくような鋭い音がきこえて、一台の小型の自動車が悪魔のような速力で疾走して来て、店の入口前にピタリとまった。

Before the end of his words such as his words ended, hit the outside street, heard a sharp sound like a steel, a small car scurried with a speed like a devil sprint, the shop I got stuck in front of the entrance.

とその瞬間、絹帽をかぶった一人の小男がもう店の売場の方に靴を踏ならしながら立っていた。

And at that moment, a little girl wearing a silk hat was standing while stepping on shoes towards the store's shop.

 それまでは、快活に、呑気に構えこんでいたアンガスも緊張を見せて、ガバとばかりに奥の室を飛出して、この新参者に面と向った。

Until then, Angus who was cheerfully and cheerfully kept tense, flew the back room just behind Gaba, facing this newcomer.

この大変に気のきいた、しかし侏儒のような、そして光った黒い髯を横柄に前の方へ突出し、悧巧そうな落付のない眼を輝かせて、華奢な、神経質的な指先をもったその男こそは、今問題になった、スミスなのだ。

It protrudes arrogantly in front of you like this very cheeky but like shadowy and glowing black lashes, brightly shining eyes with lucrative lament, and delicate delicate, nervous fingertips That man, who is now a problem, is Smith.

バナナの皮や燐寸箱で人形をこしらえるというアインドール・スミス、金属製の酒を飲まぬ給仕やいちゃつかない女中で巨万の富を得たというアインドール・スミスその人だ。

Aindole Smith, who handles dolls with banana peels and phosphorus boxes, Indian Smith, who got a huge wealth with a metal drinker not serving drinking servants or an unruly maid.

二人の男はしばらくの間、互いに本能的に相手の気配に独占の心を読み合いながら立ちつくしていた。

For a while the two men instinctively stood while reading the monopoly heart to the sign of their opponents.

 しかし、スミスは、恋敵関係の終局原理には触れずに、手短に爆発するようにこういった。

However, Smith did not touch the ultimate principle of love relationship, so it briefly exploded like this.

「ローラさんは飾窓にあるあの品を見たでしょうか?」

"Did Lola see that item in the decorative window?"

「飾窓にある?」

"Is it in the decorative window?"

アンガスは眼をまるくして鸚鵡返しに云った。

Angus said to himself, turning his eyes.

「今は他の事等を説明している時ではない」小男の金持が手短かにいった、「どこかで何か詮議を要するような馬鹿気た事が起っていると見える」

"It is not a time to explain other things now." The rich man's rumor went short, "It seems that stupid things like something need something to do something happen"