文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

見えざる人(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(172-212)/401

two

 自動車は高台の方へ螺旋形にのぼって行った。

The car climbed up towards the hill in a spiral shape.

家並の上にはまた家並がつづき、そして彼等の目ざす塔のように特別に高い何層楼という建物は、今金色の日没をうけて埃及の建築物のように高く上空に輝いていた。

On top of the housework there is also a family line, and the building called the number of layers towers which is particularly high like the towers that they are aiming now gets shiny above the golden sunset as a dust building .

彼等が街角を曲って半月形の街路へはいると、にわかに窓を開け放ったように世界が変って来た。

As they bent down the street corner and entered the half moon shaped street, the world changed as if opening the window suddenly.

なぜなら、この建物は倫敦市の上空にちょうど緑なす甍の海の上に浮べるが如く、かかっているのだから。

Because this building is hanging over Litun city, just as it can float on the sea of green lions.

建物に面して、砂利の散らばった半月形の街路の向側に、庭園というよりは嶮しい生垣もしくは土手といいたい一むらの籔地がある。

In front of the building, on the side facing the half-moon streets scattered with gravel, there is a stony ground which is called a fertile hedge or a bank rather than a garden.

その下にややはなれて外濠か何かのように、細長い運河のような水道が走っている。

Slightly separated below it, like an outer moat or something, a canal running like an elongated canal runs.

自動車は行く行く栗売男のただ一つの屋台店の前を過ぎた。

The car passed in front of a single stall shop of a chestnut selling man going.

そして行手の街路の涯に、アンガスはノソノソと歩いている巡査の薄墨色の姿を見た。

And in the street of the hands, Angus saw the appearance of a light patch of the police walking with Nosonoso.

寂しい郊外の山の手に、人間の姿といったらこの二つの姿だけだった。

To the mountain of the lonely suburbs, the human figure was only these two figures.

何だがこの二つの姿が物語の中の登場人物ででもあるかのように感じられた。

What felt as if these two figures were also characters in the story.

 豆自動車は右側の建物へ弾丸のように飛びついて、弾丸のようにその持主を発射した。

The bean car jumped like a bullet to the building on the right and launched its owner like a bullet.

彼はすぐに金ピカの役服を着た丈の高い使丁と、シャツ一枚の背の低い門番とをつかまえて、誰かまたは何かが、彼の部屋へたずねて来ているものはないかと訊いた。

He immediately caught a high-grade kimono in gold picca's uniform clothing and a shirt's short gates, and there was anything that someone or something came to his room I asked.

誰も、訪ねては来ないという事がわかったのでスミスといささか面喰らったアンガスとは狼火のように昇降機へ飛乗って最上層へ到着した。

Everyone knew that they could not visit, so Angus got a bit of flying with Smith and got on the elevator like a wild fire and arrived at the top layer.

「ちょっとはいって下さい」とスミスは息もつかずに言った。

Smith said without breath, "Please come in."

「ウェルキンから来た手紙をお目にかけたいから。

"I want to see a letter from Welkin.

それからあなたは街角を曲って探偵さんを連れて来て下さるでしょうね」彼は壁にかくしてあるボタンを押した、扉は自然に開いた。

Then you will bend the street corner and bring the detective. "He pushed the button hidden in the wall, the door naturally opened.

 室は奥行が長くて便利な控部屋で特色といっては、仕立屋の人形のように両側に列をつくって並んでいる半人的機械人形があった。

The room was characterized by a convenient dressing room with a long depth, there was a semi - human machine doll lined with rows on both sides like a tailor 's doll.

仕立屋の人形のように彼等は首無しであった。

Like a tailor's doll they were without their neck.

そしてまた、仕立屋の人形のように彼等は肩のあたりに恰好のいい隆肉と胸部に鳩胸のような凸起をもっていた。

And like the dolls of the tailor they also had good ridges around the shoulder and protuberances such as dove chests in the chest.

そうした特色をのぞくと、彼等は、停車場にある人間大の自動機械と同じで、どうも人間らしくは見えない。

Thinking about these features, they are the same as the human machine at the stop, like an automatic machine, and they can not be seen as human beings.

彼等は盆を運ぶための、腕のような二つの大きな爪状のものを持っている。

They have two big claw-like things like arms to carry a tray.

そして見別けをつけるために青豌豆色や朱色や黒色に塗られてある。

And it is painted in blue bean color, vermillion and black to get a discrimination.

その他の点では、どう見たって自動機械だけにしか見えないので、誰も二度ふりかえって見る者はない。

In other respects, it seems that only automatic machines seem to see, so no one looks back and looks twice.

現在この場合には、少なくとも、誰もそうするものはなかった。

At present, in this case, there was nothing that at least anyone did.

なぜなら、この二列の人形の中間に、奇妙なものが横わっているので、世界中のどんな機械でもこれほど興味をひくものはあるまいとさえ思われたほどだから。

Because the strange thing lies halfway between the two rows of dolls, it seems that there is nothing interesting to any machine in the world so much.

赤インキで乱暴に書いてある白紙の片で、疾風のようなこの発明家が先刻|扉が開かれるとほとんど同時に、それは引剥がしたものである。

This inventor like a gale like the blazing piece that was wildly written with red ink, as it was previously | As soon as the door is opened, it is a stripping.

そして彼はだまってそれをアンガスに渡した。

And he got sick and handed it to Angus.

見れば赤インキはまだ乾ききっていない。

As you can see, the red ink is not dry enough.

文句に曰く、

In complaints,

「お前が今日あの女に会いに行ったのなら、俺はお前を殺す」

"If you went to meet that woman today, I will kill you."

 短い沈黙の後、アインドール・スミスがおだやかにこういった。

After a brief silence, Aindle Smith gently said this.

「ウイスキーを少しどうです私は欲しいような気がするが」

"How about a little whiskey I feel I want it"

「ありがとう。

"Thank you.

僕はフランボー君の方が欲しい」とアンガスは陰欝気に云った。

I want Flambe, "Angus said to himself.

「これはどうも僕には容易ならぬ事件のように思われますなア。

"This seems like an incompetent case to me.

では僕はすぐ行って先生を連れて来ます」

So I will go soon and bring my teacher. "

「結構です」と相手は元気よくいった、「じゃ大至急お連れして下さい」

The partner said "fine", "Please take me as soon as possible"

 しかし、アンガスが入口の扉を閉めた時、彼は、スミスが一つのボタンを押すと、一つの機械人形が動き出して、サイフォンと酒瓶とをのせた一枚の盆を持って、床の溝を走って行くのを見た。

However, when Angus closed the entrance door, when Smith pressed one button, one machine doll started moving, holding a piece of tray carrying a siphon and a liquor bottle, I saw running through the groove.

扉がしまると共に、生物と変じたそれ等の召使達の中に、この小男をひとり残しておくのは何んとなくおそろしいような気がするのであった。

As the door got stuck, it felt like a dreadful thing to leave this little man alone among those servants that changed to living things.

 一番下まで降りてみると先きのシャツ姿の男が手桶をもって何やらしていた。

When I got off to the bottom, a man in the shirt of the former shape was holding with a hand.