文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

見えざる人(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(244-281)/401

何しろ、僕はその家のただ一つの入口に四人の人間を張番させておいたからね」

After all, I kept four people on the single entrance of the house. "

 彼等は通りに飛出した。

They jumped out into the street.

小さい坊さんは、小犬の様におとなしく二人の後について来た。

The little boy followed quietly like the little dog after the two.

そしてさも愉快そうに、「何んて早く雪が積った事じゃろう」と独言をいった。

And it looked pleasant and said "I wonder what happened to snow early", he said.

 もうすでに銀をふりまいたような坂町の街路を縫うて行った時、アンガスの話しは終った。

When I went sewing through the street of Sakamachi that had already flown silver, Angus's talk ended.

その時すでに彼等は高いヒマイラヤ館のある半円形の通りまで来ていたので、アンガスは四人の見張の様子に目を注いだ。

At that time, they had already come to a semicircular street with a high Himairaya pavilion, so Angus focused on the look of the four guys.

栗売男は金貨を貰う前にも後にも一生けん命に、戸口を見張っていたが訪問者のはいって行く姿は一人も見かけなかったと云った。

Mr. Kuriso watched the doorway in vain before and after receiving gold coins, but he said that he never saw the visitor going in.

巡査はなお一層強くそれを主張した。

The police insisted it even more strongly.

彼は、山高帽をかぶったり、襤褸を身につけたりしたあらゆる悪漢を手にかけた事がある、自分は怪しい人間が怪しい様子をしているだろうなどと予想するような青二才ではない、彼はどんな人間でもさがし出した。

He has worn every bad habit who wore a mountaineering cap or wearing a haoru, and he is not a blue-eyed bassist who expects a suspicious person to be suspicious, He looked for any kind of human.

そして誰も来なかったと彼に言った。

And I told him that no one had come.

そしてこの三人が、ニヤニヤしながら玄関口に頑張っていた金ピカのいかめしい使丁の周囲に集った時、意見は決定的のものとなった。

And when these three people gathered around the bastard queen of Kim Pika who was trying hard at the entrance while grinning, the opinion was decisive.

「私はこの家に用事のある人なら公爵だろうと塵芥屋であろうと、一応たずねてみる権利を持っております」と金ピカの使丁がいった「この方が、お出かけになってから訪ねて来た人は誓って一人もございません」

"I have the right to ask the citizens whether they have a business in this house if it is a duke or a dust shop," said Kim Pika's messenger. "Since this person visited after going out People who came to swear none. "

 局外者のように皆のうしろに立って舗道の下をつつましやかに眺めていた師父ブラウンが謙遜げにこういい出した。

The master, Brown, who stood behind everyone else and stared behind the pavement as if he were an outsider, showed out like this humbly.

「すると、雪が降り出してから、階段を上り降りした者があるか?

"Then, have anyone ever climbed up or down the stairs since snow fell?

 雪はわし等がまだフランボー君のところに居った時に降始めたんじゃからな」

The snow began to fall when I was still in Flamba. "

「旦那、誰も来た者なぞありますものか」と使丁は、威厳をもっていった。

"Husband, who the crowd came," said the messenger with dignity.

「それじゃこれは何であろうか?」

"What then is this then?"

坊さんは魚のように取とめのない眼付で地面を見つめた。

The monk stared at the ground with a grueling eye like a fish.

 外の者もまた、眼を地上に落した、そしてフランボーは激烈な叫声を発して、フランス式の身振りをしてみせた。

Outside also dropped his eyes on the ground, and Flambo gave a violent cry and made a French style gesture.

なぜといって、金筋の使丁の警衛する玄関口の真ん中の石床の上に、その巨人のような使丁の横柄にかまえた両足の間に、灰色の筋ばった足型が白雪の上に押されてある事が疑うべからざる事実となった。

For why, on the stone floor in the middle of the entrance that guards the ancient kimono of gold muscles, between the feet arising from the arrogance of the giants like the giant, the gray, swollen foot type is snowy There was no doubt that there was being pushed upward.

「しまった!」アンガスが思わず叫んだ、「見えざる人!」

"Oops!" Angus unexpectedly shouted, "Invisible people!"

 彼は二の句を発することなしに体を転じて階段を駈上った、フランボーも後を追った。

He turned his body and raised the stairs without emitting a second phrase, followed by Flambo.

が、師父ブラウンはもはや事件の追求に興味を失ったもののように、雪の積った街上に立って、ジッとあたりを見渡した。

But his master Father Brown no longer seemed to be interested in pursuing the incident, he stood on the city with snow and looked around.

 フランボーは明らかに、巨大な肩で扉をたたき破りたい気分になっていた。

Clearly, he was feeling wanting to tap the door with a huge shoulder.

がスコッチ人であるアンガスはより以上の理性をもって、たとえ直覚は薄かろうとも、扉の枠組をあちこちと模索して、やっと隠しボタンを探しあてた。

Angus, who is a Scotch guy, with more reasoning, even if his intuition is thin, he searched around the framework of the doors here and there, finally searching for a hidden button.

扉がスーッと開いた。

The door opened with a sudden appearance.

 室内の有様は大体において前と変りがなかった。

The presence of the interior was almost the same as before.

ただ前よりは暗くなっていた。

It was darker than before.

しかしまだそこここに日没の最後の赤光がさし込んでいた。

But still there was the last red light of sunset stuck in here.

そして首無人形が二つ三つ、あれやこれやの目的で彼等の位置から動かされて薄暗い中にあちこちに立っていた。

And there were two head neckliners standing around and down in dim, being moved from their position for that and so on.

彼等の衣裳の緑や赤の色はもはやそれを見わけがつかないが、形が朦朧として来ただけ人間の姿に似通って来た。

The colors of green and red in their costumes can no longer be seen, but they came close to the figure of human beings as they came to be stunned.

しかし彼等の真ただ中に、ちょうど例の赤インキで書かれた紙片の落ちていたその地点に、インキつぼの中からはね出した赤インキとしか見えない様な液体が流れていた。

But in the midst of them, there was a liquid that looked like red ink that was only splashing out of the ink fountain at that point where the piece of paper written with the red ink of the example was just falling.

しかし、それは赤インキではなかった。

But it was not a red ink.

 フランス式の理性と凶暴との結合をもって、フランボーはただ一言「殺人」と叫びざま、奥の間へ突進して隅から隅まで、戸棚という戸棚を五分間にわたって探検した。

With the combination of the reason of French style and ferocity, Fran Bow shouted as a single word "murder" and rushed backwards to explore a cupboard called a cupboard for five minutes from corner to corner.

そして、彼が一個の死体の発見を予期してかかったにしても、彼はそれを発見しなかった。

And even though he predicted the discovery of a single corpse, he did not find it.

生死はさておき、アインドル・スミスの姿はそこには見えなかった。

Apart from life and death, the figure of Aindor Smith could not be seen there.

二人は猛烈な探索の後、互に顔に汗を流し眼を丸くして外の部屋で出遭った。

After the furious exploration, they both sweat on their faces and round their eyes and they came out in the outside room.

「やア君」とフランボーは亢奮のあまり、フランス語でアンガスを呼びかけた。

"Ya-kun" and Flambourt called for Angus in French, with a lot of excitement.