文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

見えざる人(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(282-335)/401

「こりゃ、殺害者が見えんばかりではない、彼は被害者の姿までも見えなくしおった!」

"Well, not only are the murderers visible but he has seen even the victims invisible!"

 アンガスは木偶の坊の立並んだ仄暗い室内を見まわした。

Angus saw the dark room indoors where the baby boasted.

戦慄が起った。

A shudder happened.

等身大の人形の一つがそれはおそらく被害者が斃れる一瞬間前に吹出したものだろうが、例の血痕のすぐ前に立ちはだかっている。

One of the life-size dolls probably blew out one moment before the victim was died, but it stands right in front of the example blood streak.

手の代用せる一方の手鉤が少しさし上げられている。

One hand - hook substituting for the hand is lifted a little.

たちまちアンガスはスミスが自分の発明した鉄製の人形のために惨殺されたというおそろしい思いを頭に描いた。

Instantly Angus painted the frightening thought that Smith was murdered for the iron doll that he invented.

 しかし、それにしても、彼等は被害者を一体どう処理したのだろう?

But even then, how did they handle the victims?

「喰ってしまったのか?」

"Did you eat?"

夢魔がアンガスの耳に囁いた。

Mumma whispered to Angus's ear.

しかししばし、寸断された人間の死体がこれ等すべての首無のぜんまい人形に吸込まれ、砕かれて行く光景を想像して胸がむかついて来た。

However, for a while the breasts of human beings were sucked into all these unspoken dummy dolls, and their breasts cranked up imagining the scene being crushed.

しかし彼は無理に努力して心の健康を回復した。

However, he forced himself to restore his mental health.

そしてフランボーに向っていった。

Then he headed to Flambe.

「ねえ君、こうじゃないかな、スミスは雲のように蒸発して血痕だけを床の上に残して行ったんじゃないか。

"Hey you, is not it, that Smith evaporated like a cloud and left only the blood stain on the floor?

とてもこの世の話とは思われんねエ」

I do not think it is a very story of this world "

「ここにとるべき唯一の方法がある」とフランボーが云った。

"There is the only way to be here," said Flambo.

「事件がこの世の事であろうがあるまいが僕は外へ出て師父に報告しなくてはならんのだ」

"Whether the incident is this world thing or not, I have to go out and report it to my father"

three

 彼等は降りて行った。

They went down.

例の手桶を持った下男の傍を通りすぎる時、彼は怪しい者は決して通らなかったことを再び誓言した。

When passing through the side of the boy who had an example pail, he swore again that the suspicious person never passed.

使丁と栗売の男も彼等が監視を怠らなかったことをキッパリと断言した。

A man with a knight and a chestnut sales also affirmed that they did not neglect their monitoring.

しかし、アンガスが第四番目の確証をと思って周囲を見廻したが、その証人はどこにも見えないので、少し心配げに呶鳴った。

However, Angus looked around in consonance with the fourth confirmation, but since the witnesses can not be seen anywhere, it rang a little worriedly.

「巡査はどこへ行ったんだ?」

"Where did the police go?"

「オウこれはわしがお詫びせねばならん」と師父ブラウンがいった。

"Ow, this is what I have to apologize," said the master, Brown.

「これはわしが悪るかった。

"This was bad for me.

実はさっきわしがある用件で道路を調べさせにやったんじゃが――わし自身でも調べる価値があると思うんでな」

Actually, I did it on a road with a certain affair, so I thought that it is worth investigating on its own. "

「じゃ――すぐに帰って来てもらわないと困るんですがなア。

"Well ... I'm in trouble if I do not have to come home soon.

スミスは殺されたばかりじゃない、浚われてしまったんです」

Smith was not only killed but he was drowned. "

「何ですと?」

"What is it?"

「師父」とフランボーがちょっと間をおいて呼びかけた。

"My father" and Flambo gave a short interval and called.

「これはもう私の領分ではなくてあなたの畑だと信じます。

"I believe that this is your field, not my area anymore.

友人にしてもまた敵にしても、家の中にはいった者がないというのに、スミスの姿は見えない、まるで天狗にさらわれたようにもしこれが超自然な事件なら、私とても……」

Even if you are a friend or an enemy, even though you have not entered the house, you can not see the appearance of Smith, as if it was taken up by a tengu, if it is a supernatural incident, I ... very much ... "

 とフランボーが話した時、一同は突然異常な光景に押えつけられたようになった。

When Flamba talked, they suddenly seemed to be pressed by an unusual sight.

肥大な、青い制服をつけた巡査が街角をまわって疾走して来る! 彼はブラウンの面前へ一直線にやって来た。

A police patrol with an enlarged, blue uniform went around the street corners and ran away! He came straight in front of Brown.

「全くあなたのおっしゃる通りで」と彼は呼吸をはずませて云った。

"As you said exactly," he told his breath to say.

「町の者共が今ちょうどスミスさんの死骸をあの下の水道の中で発見したところでしてなア」

"The citizen of the town has just discovered Mr. Smith's carcass in that underwater way"

 アンガスは夢中で手を頭に持って行った。

Angus was crazy and took her hands.

「スミス君は自分で家を抜出して身投げしたんでしょうか?」

"Did Smith take out the house by myself and threw it down?"

「いや降りて来たはずはありません。

"No, it can not have come down.

それは私が保証しますが」と巡査がいった。

I guarantee that, "the police said.

「といって、投身したんでもありませんよ。

"You said that," You did not work, "he said.

心臓を深く刺されて殺されているんですから」

We are stung deeply and my heart is being killed. "

「しかし君は誰も訪ねて来た者を見なかったと言ったじゃないか?」

"But you said that you did not see anyone who visited you?"

フランボーが重々しい声でいった。

Flambo cried in a heavy voice.

「坂道を少し歩いてみるかな」と坊さんが言った。

"May we walk a little on the slope," said the monk.

 一同が街路の終りまで来た時に師父ブラウンは突然にこういった。

When all of us came to the end of the street, my father Brown suddenly said like this.

「ホウこれはわしがウッカリしておった。

"Hou, this is why I was sick.

巡査に少しきくことがあったに、皆んなは薄褐色の袋を見つけたかしら」

Did everybody find a light brown bag when there were a few questions for the police officer? "

「どうして薄褐色の袋をですか?」

"Why do you have a light brown bag?"

とアンガスが訊いた。

Angus asked.

「なぜって、それが外の色の袋ならば、問題は新奇蒔直しじゃ。

"Why, if it is a bag of color outside, the problem is reworking novelty.

もし薄褐色の袋なら、さようと問題は解決されたのじゃ」

If it is a light brown bag, the problem has been solved by the way. "

「へエそれは結構な事ですな」とアンガスは腹の底から皮肉に出て、「僕の知ってる限りでは、事件はこれから始まるところだと思いますが」

"Hey, that's fine," Angus came ironically from the bottom of his belly and said, "I think that the incident is about to begin as far as I know"

「師父、どうか我々に皆話して下さい」フランボーは小供のように、妙に真面目になって言った。

"Teacher, please tell us everything." As Florenz broke down, it strangely became serious and said.

 一同は知らず知らず、長い坂路を足早に下って行った。

They did not know without knowing, and went down quickly on a long slope.