文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(1-29)/590

青玉の十字架

Blue ball cross

THE BLUE CROSS

THE BLUE CROSS

 朝の空を彩る銀色のリボンと、同じように海上を飾る緑色のリボンとの中を、船は進んで、ハーウィッチの港に着いた。

The ship advanced into the harbor of Harwich, with a silver ribbon to color the morning sky and a green ribbon to similarly adorn the ocean.

すると、人々は蝿の群でもあるかのように、ちりぢりに各々目ざす方へと散って行った。

Then, as if they were a group of moths, people scattered in the direction of the dust.

その中に、今我々が語ろうとする男は、別に特別に注意を惹くものではなかったし――というよりも、注意を惹かれまいとしているのだった。

Among them, the man we are going to talk about wasn't the one that got special attention specially-it was not getting the attention.

彼の身のまわりには、祭りの日のような陽気さの中に、顔に浮んだ役人じみたもっともらしさがあるだけで別に注意すべきものは何もなかった。

There was nothing to be careful about in his body, just like the festival-like cheerfulness he had in his face, was a man-in-the-bodied man.

彼の服装はと言えば、うすい灰白色の短衣に純白のチョッキをつけ、青鼠色のリボンのついた銀色に光る麦藁帽を冠っていた。

In his clothes, he wore a fine gray-white shorts with a white-white vest and a silver-colored wort with blue-blue ribbons.

その対照で、彼の面長の顔は黒味を帯びていたし、スペイン人のような、無雑作な黒い髯をつけているのが、エリザベス朝時代の頸飾を思わせた。

In contrast, the face of his face was blackish, and wearing a random black brow like Spanish, reminiscent of the Elizabethan era of the neck.

彼はいかにも怠け者が重大事件にぶつかったとでもいうような格恰で巻煙草をふかしていた。

He used to smoke cigarettes in such a special case that even lazy people ran into serious cases.

要するに、彼の風態のうちにはその灰色の短衣が装填された拳銃をかくし、白いチョッキが警察章をかくし、またその麦藁帽が、ヨーロッパ中で最も有力な智能の一つをかくしていることを香わすような何ものもなかったのだ。

In short, in his style it hides the handgun loaded with its gray shorts, a white vest hides the police cap, and its straw hat hides one of the most powerful intellects in Europe There was nothing like fragrant things.

しかり、この男こそ別人ならず、パリー警察界の頭、世界に名だたる検察官、ヴァランタンであったのだ。

After all, this man was not the only person, but the head of Parry police, a world-renowned prosecutor, and a Valentine.

そして彼は、今、ブラッセルからロンドンへと、今世紀における最大の捕物をするために、乗り込んで行くところであったのだ。

And he was on his way from Brussels to London, to get the greatest catch of the century.

 フランボーは英国に居たのだ。

He was in England.

三ヶ国(仏、白、英)の官憲は、この大賊を、遂にガンからブラッセルへ、ブラッセルからオランダへと追跡したのだった。

The officials of the three countries (Buddha, Haku, UK) finally traced the bandits from Guns to Brussels and from Brussels to the Netherlands.

そして、その時ちょうどロンドンで開かれていた聖晩餐大会の人目に立ちそうもない混雑に紛れて何か仕事をするだろうと当りをつけたのだ。

And at that time, I was struck by the crowded crowd of people in the Holy Supper, which had been held in London, that he would do some work.

おそらく彼は、その大会に関係した何か事務員か書記のようなものに化け込んで旅行するに違いないのだった。

Perhaps he must be transformed into something clerk or clerk-related to the convention.

とは言え、ヴァランタンにおいても、もちろん、それが確実にわかっている訳ではなし、誰しもフランボーをつきとめることは出来なかったのだ。

However, even at Valentine, of course, that was not something that I knew for sure, and no one was able to keep track of the fambo.

 この物凄い大賊が、世界中を荒らし廻ることをやめてから、長の年月がたっていた。

It's been a long time since the beggar roar stopped raging the world.

彼が仕事をやめてからは、ローランが死んだあとで世間で言ったのと同じように、言わばこの地上に大平安の時が来たのだった。

After he quit his job, the time of the Great Peace came to this earth, as he said in the world after Laurent died.

しかしながら、彼の最もよく(いやもちろん私は最も悪くと言いたいんだが)栄えていた時代には、フランボーは、カイゼルのように巨大な人物として認められたし、またそれほど国際的な人物になり切っていた。

However, during his best (and of course I wanted to say the worst) prosperous, Francois was recognized as a huge figure like Kaysel, and also so international. It was cut.

ほとんど毎朝の新聞は、彼が驚くべき犯罪から犯罪へといとまなく仕事をやって行きながら、そのたびにうまく遁走していることを報じていた。

Almost every morning the newspaper reported that he was well at work as he did his job from astonishing crime to crime.

彼は巨人のような大男で、身をもって放れ業をやることにかけてはガスコン人の魂を持っていた。

He was a giant like a giant, and had a Gascon soul when it came to doing self-indulgence.

そして力技に対する興味が起ろうものなら、予審判事を逆立ちさせて、「こいつの頭をよくしてやるんだ」などと空嘯いたり、両の小脇に警官を抱えて、リヴォリイの大通りを走ったりしたという、乱暴極まる話柄を持っていた。

And if you are interested in the skill, let the pre-judicial person stand upside down and say, "I'll do my head well" or so on, or hold a policeman in both sides of the wall and run along the Rivoli boulevard It had a wildly outrageous callout.

彼の恐ろしい腕力がそうした血を流さない、しかも人を喰った光景に用いられるというのは、彼の偉いところだった。

It was his great point that his horrific strength could not be used to shed such blood, and even used it in a scene that scolded people.

彼の真実の犯罪と言えば、主として、独創的でまた大がかりなものであった。

His true crimes were mainly original and serious.

であるから、彼の盗みの一つ一つは皆新式な犯罪であり、それぞれが一つの物語になるようなものである。

Because of that, every one of his thefts is a new type of crime, each one being a story.

ロンドンで、大きなタイロリアン牛乳会社なるものを、牧場もなく、牛もなく、配達車もなく、もちろん牛乳もなくて、しかも千余のお客をもって経営していたのは外ならぬ彼であった。

In London, it was he who ran a big Tyrolean milk company, with no ranch, no cows, no delivery car, of course no milk, and managed with more than a thousand customers .

それは、ただよその家の門口に取りつけた小さい牛乳受けを、自分の顧客の家の門口へおきかえるという簡単な仕事で出来たのだ。

It was a simple job of replacing the small milk bottle attached to the door of the house with the door of the customer's house.

一人の婦人と、無数のしかも密接な文通を、彼の手紙を異常な写真の技術で顕微鏡のガラスの上に微細にうつして行ったのも彼であった。

It was he who finely pressed one letter and countless, close correspondences with his letter on the glass of the microscope with an unusual photographic technique.