文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(30-62)/590

その婦人の手紙は全部押収されたが、しかしながら遍通自在の簡単さ、これが彼の仕事の特徴である。

The lady's letter was seized entirely, but universal ease, this is a feature of his work.

話によると、彼はたった一人の旅人をわなにひっかけるために、ある真夜中に、一町内の番地札を一つのこらず塗りかえたということである。

According to the story, he used to paint one street address tag in the middle of the night to catch only one traveler.

また、彼が運搬自在の郵便箱を発明して、それを静かな郊外の辻に立て、よその人が為替などを投函するのを失敬したということも確かである。

It is also true that he invented a transportable mailbox, set it up in a quiet suburb, and was detested for someone else posting a currency etc.

終りに、彼は驚くべき軽業師として知られていた。

In the end, he was known as an amazing atroc.

彼の巨大な体躯にもかかわらず、彼は蟋蟀のように飛び、また猿のように樹上に消え失せることが出来たのだ。

Despite his huge body, he flew like a wolf and was able to disappear into the tree like a monkey.

それゆえ、かの大ヴァランタンがフランボー捜索にかかった時にも、たとえ彼を発見しても、それで、この冒険が片づくまいという事には充分気づいていたのだった。

Therefore, even when a great Valentine went to search for Flanbo, even if he had found him, he was fully aware that this adventure would not clear up.

 しかし、いかにして彼はフランボーを発見したものだろうか?

But how did he discover Flambo?

 この点では、大ヴァランタンの考えも、なお決定してはいなかった。

In this respect, the idea of the Great Valentine has not been decided yet.

 だが、いかにフランボーが変装に妙を得ていても、ごまかすことの出来ない点があった。

However, there was a point where it was not possible to cheat, no matter how Frankeau got in the way of disguise.

それは彼のずば抜けた身長だった。

It was his exceptional height.

もしヴァランタンの機敏な眼が、丈の高い林檎売の女であれ、また長身な衛兵であれ、またたとえそれがたよやかな公爵夫人であったにしても、彼はきっとその場を去らせず逮捕したに違いない。

Whether he is a woman of tall apple or a tall guard, or if it is a gentle Duchess, he will surely leave the place It must have been arrested.

しかし、彼がハーウィッチから乗り込んでこの方、麒麟が化けた猫を見出せなかった如く、フランボーが変装したと覚しい何物も目につかなかった。

However, as he got in from Harwich and could not find a cat who had become a wolf, he was not able to see anything fancy as Flambo disguised.

船中の人々についてはすっかり得心が行っていたし、ハーウィッチから乗り込んだ人も、途中から乗り込んだ人もすっかりで六人きりということはたしかだった。

The people on the ship were completely consciences, and the people who got in from Harwich and those who got on the way were totally six people.

終点まで行くつもりの、小柄な鉄道官吏、二つあとの停車場でのった三人のかなり小さい市場商人、それから小さいエセックスの町から乗り込んだこれも小柄な寡婦、最後にもう一人エセックス州の小さい村駅で乗り込んだローマン・カトリク教の僧侶。

A small railway officer who intends to go to the end, a couple of pretty small marketers who came to a stop, and then a small widow who got in from a small town of Essex, and finally another small person in the state of Essex. Roman-Catholic monk who got in at the village station.

最後の場合には、ヴァランタンはあきれ返って、もう少しで笑い出すところであった。

In the last case, Valentine was upset and laughing a little more.

その小さい僧侶は、東方人の平民の代表とも言うべきもので、ノーフォークの団子のように円くて鈍感な顔をして、その両眼は北海のように空っぽだった。

The little monk, a representative of the eastern commoner, had a round, insensitive face like a Norfolk dumpling, and both eyes were empty like the North Sea.

しかも彼が持っている数個の茶色の紙包みを荷厄介にしていたのだった。

Moreover, he was burdened with the few brown paper packages he had.

聖晩餐大会はきっと、沈滞した田舎から、こうした掘り出された土竜のような、目の見えない、どうにも仕様のない生き物を吸い寄せたのに違いなかった。

The Holy Supper Competition must have surely attracted the invisible creatures like these dug-out clay dragons from the stagnant countryside.

ヴァランタンは厳しいフランス流の無神論者であり、僧侶に対しては何の愛着も感じなかった。

Valentine was a strict French atheist and did not feel any attachment to the monks.

しかし、彼は彼等を憐んではいたのだ。

But he hated them.

そしてこの僧侶の如きものを見ては、誰だって憐れまずにはいられないだろう。

And if you look at things like this monk, no one will be missed.

この僧侶は大きな、薄汚ない洋傘を持っていて、しかもそれをしょっちゅう床に倒していた。

This monk had a large, low-soiling Western umbrella and often knocked it on the floor.

彼は、自分の持っている往復切符のどちらが往きのか復りのかさえもわからないらしかった。

He wanted to know which of the round-trip tickets he had, or even his return.

彼は車内の誰れ彼れに、おめでたい単純さで、自分は注意しなくってはいけない。

He must be careful with whoever in the car, with a simplistic simplicity.

なぜなら『青玉付き』の純銀製の品物を、茶色の包の中に持っているんだからと説明していた。

It was explained that it was because it had sterling silver goods of "with a blue ball" in a brown package.

聖者のような単純さを持ったエセックスの心安い土地風な彼の奇妙な人となりは、フランス人を絶えず楽しませていたが、やがてストラトフォードに着くと、この僧侶は、彼の包を持ち、また洋傘をとりに戻った。

His weirdest man in Essex with a simplicity like saint and his weird man had always entertained the French, but when he finally arrived in Stratford, this monk had his envelops , I returned to pick up an umbrella again.

その時、ヴァランタンは、親切に、あの銀器の事を不注意に言わないようにと注意した。

At that time, Valenant was kindly careful not to inadvertently say about that silverware.

が、ヴァランタンは誰に向って話しているにしても、その眼はつねに誰か他のものを見守っていた。

But no matter who Valentine was talking to him, his eyes were always watching over someone else.

彼はじっと、富めるものでも、貧しいものでも、男でも女でも、およそ六|呎たっぷりあろうと思われる人を見つめていた。

He stared, staring at people who thought they would be rich enough, rich, poor, men and women.

なぜなら、フランボーはその上六|吋ばかり大きかったのだから。

Because Frambo was six on top of that.

 彼はリバプール街で下車した。

He got off at Liverpool Street.

ここまでは彼は犯人を見逃すようなことはなかったと確信していた。

So far he was convinced that he had never missed a criminal.

彼はそこでロンドン警視庁へ行って、自分の身分を証明し、いつ何時でも応援してもらえるように手続をした。

He went to the London Metropolitan Police Department, where he proved his identity and made procedures so that he could be cheered at any time.