文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(63-106)/590

それからおもむろに巻煙草をつけると、ロンドン市中をぶらつきに出かけて行った。

Then I smoked cigarettes and went out to wander around the city of London.

彼がヴィクトリア街の向うの街や広場を歩いていた時、ヴァランタンは突然足をとめた。

When he was walking along the streets and squares of Victoria Street, the Valentine suddenly stopped.

そこは古風な、静寂な言わばロンドン生粋の場所とも言うべきところで、何か事ありげな静けさがみなぎっていた。

It should be said that it is an old-fashioned, quiet, so to speak, a London-like place, and there was a wandering silence.

その周囲の高い単調な家々は、繁昌しているかとも見え、また住む人もない家かとも見えた。

The high monotonous houses around it looked as if they were busy, and also as houses without people living there.

中央にある広場の灌木林は、太平洋上の緑の孤島の如く人気もなかった。

The central open space shrub forest was not as popular as a green island on the Pacific Ocean.

四周の一方は、他の三方よりもはるかに高くなって、上座という感じがした。

One of the four laps was much higher than the other three, and I felt like an upper seat.

そしてこの一列の建物は、ロンドンの讃嘆すべき出来事のために破られていた。

And this row of buildings was being broken for the grieving events of London.

――すなわち貧乏な外国人相手の安料理屋を尻目にかけたような一軒の料理屋があったのだ。

-In other words, there was a restaurant that looked like a poor foreigner's cheap restaurant.

それはまったくなぜとはなく注意をひくものだった。

It was something that was not enough to draw attention.

鉢植えのひくい樹木があり、レモン色と白のだんだらの窓かけがさがっていた。

There was a potted sunken tree, and a window with lemon and white dumbs.

それはその道路面から特に高く建てられていた。

It was built especially high from the road surface.

そして普通のロンドンの路面なら階段の一足でちょうど非常梯子が二階の窓にとどくように、ドアの前に行かれるのだった。

And if it's a regular London road, just like a ladder going up the window on the second floor with a pair of stairs, it would be to the front of the door.

ヴァランタンは立ち止って、その黄と白の窓かけの前で煙草をふかしながら、それらのことについて永い間考えていた。

The Valentine had stopped, thinking about them for a long time, smoking cigarettes in front of their yellow and white windows.

 奇蹟に関して、一番信じがたいことは、それが起ったというそのことである。

The most unbelievable thing about miracle is that it happened.

空にある雲も寄り合って、睨めている人の眼の形にもなるものだ。

Clouds in the sky are also close together and form the eye of a licking person.

一株の木も、たよりない旅に見る風景の中では、まるでわざわざつくった疑問符のように立つものだ。

In a landscape seen on an extraordinary journey, a single-tree tree stands like a question mark that you have purposefully made.

私自身この数日の中にこれらのことを実見した。

I have witnessed these things in the last few days.

ネルソンは勝利の刹那に死ぬのである。

Nelson dies at the moment of victory.

ウィリアムという男が、ウィリアムソンという男を、あやまって殺しても、それは謀殺(母と共謀で子を殺す。

Even if a man named William kills a man named Williamson by accident, it kills a child (it kills a child by collusion with a mother).

ウィリアムソンのソンは子という意味すなわちウィリアムの子。

Williamson's son means a child, that is, a child of William.

ここはそれゆえ洒落になっている。

This is why it is a crash.

訳者註)の一種に思えるだろう。

It seems to be a kind of translator.

一言にして言えば、人生には奇怪な偶然の一致があり、それをつまらない人間は常に見落しているのだ。

In a nutshell, life has bizarre coincidences, and those who are boring are always overlooked.

ポーの逆説の中にたくみに説明されているように、智慧は予見出来ないものまでも勘定に入れておくものなのだ。

As explained in Stuck in Poe's paradox, wisdom is what counts even unforeseen things.

 アリスティ・ヴァランタンは底の知れないフランス人であった。

Aristy Valentine was a bottomless Frenchman.

そしてフランス人の智能と来ては、また特別なもので、実際まざりけのないものなのだ。

And when it comes to French wisdom, it's also something special, and it's really immaculate.

彼は『思考する機械』ではなかった。

He was not a "machine to think".

なぜなら、その言葉は近代宿命論の、また唯物論の無思慮な適用であるからだ。

Because the word is a modern fatalism and an unthinkable application of materialism.

機械はどこまで行っても機械にちがいない。

The machine must be the machine no matter how far it goes.

それは思考することは出来ないのだ。

It can not be thought.

だが彼は思考する人間だ、しかも同時に平凡な人間だ。

But he is a thinking person, and at the same time an ordinary person.

だから彼の驚くべき成功は、うわべはほんのあてずっぽうのように見えても、実はフランス人の明晰な、しかし平凡な思想によって、こつこつと論理を積み重ねて成ったものであった。

So his remarkable success, though seemingly frivolous, was actually a combination of tenacity and logic, with the clear, but mediocre thought of the French.

フランス人は逆説を用いて世間を恐愕はさせない。

The French do not let the world panic by using the paradox.

彼等は真理を明るみに出すことによって世間を恐嘆せしめるのだ。

They cause the world to be scolded by revealing the truth.

彼等は――フランス革命の時におけるように、――真理を持ち出す。

They bring out the truth-as in the time of the French Revolution.

だが、ヴァランタンは理性を正しく知っているために、理性の限界をも理解しているのだ。

However, because Valentan correctly understands reason, he also understands the limits of reason.

発動機について何も知らない人に限って、揮発油なしに発動機を動かすことを論ずるのだ。

Only those who do not know anything about the mover will argue moving the mover without volatile oil.

また、理性について何も知らない人に限って、強力な、何物にも負けない第一原理なしに、理性について論ずるのだ。

Also, only those who do not know anything about reason will argue about reason without a strong first-principle.

今の場合、彼はこの強力な第一原理を持っていなかった。

In the present case he did not have this powerful first principle.

フランボーは、ハーウィッチで見失われてしまった。

Flambo was lost in Harwich.

そしてもし彼が既にロンドンに巣くったとしたら、彼はウィンブルドンの公有地に住む丈の高い無宿者から、メトロポール・ホテルにいる丈の高い宴会の主人公に至るまで、あらゆる人間になりすましているに違いない。

And if he had already hid in London, he would be spoofing any person, from a tall non-inhabitant living in Wimbledon's public to a protagonist of a tall banquet in the Metropole Hotel. Absent.

こうした盲滅法な状態において、ヴァランタンは、彼一流の目のつけどころと、またその捜査法とを持つのであった。

In such a blind state, Valentan had his top sights, and also his law of investigation.

 こういう事件にぶつかると、彼は思い設けぬものを便りとするのであった。

When he was hit by such a case, he used to write something he had not thought.

こういう場合、彼は、合理の道順をたどれなくなると、不合理の間道を、沈着にまた用心深くたどるのであった。

In such a case, he would follow the path of irrationality cautiously for deposition when he ran out of rational routes.