文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(107-150)/590

普通なら真先きに行くべき、銀行、警察、密会所等へ這入りこむかわりに、彼はちゃんと順序を立てて、見当違いとも覚しい場所へ行くのであった。

Instead of going into the banks, the police, the secret hall, etc., where he should usually go first, he made a proper order and went to a misplaced place.

空家と見ると片っぱじからさぐってみたり、袋町という袋町に踏み込んだり、ゴミゴミした小路をうかがったり、結局とんでもないところに出てしまう曲り路に這入りこんだりした。

When I saw it as an empty house, I rushed into the area of Fukuromachi called Fukuromachi, crawled into the alley where the rubbish was rubbed, and got into the curving road that eventually came out to an outrageous place.

彼はこの狂気染みた方法をまったく論理的に弁護した。

He logically defended this crazy way.

彼の言うところによると、もし我々が何等かの手掛りを持つならばそれは最も悪い道にいるのである。

According to him, if we have any clue it is on the worst path.

もし何等の手掛りをも持っていないならば、それは最もよい道にいるのだ。

If you don't have any clues, it's on the best path.

その訳は、もしどこかに、追跡者の眼につく様なおかしなものがあるとすれば、それは追跡される者の目についたはずだからである。

The reason is that if there is something fancy somewhere in the eyes of the tracker, it should have been in the eyes of the person being tracked.

人はどこからか始めない訳には行かない。

People can not go anywhere without starting.

だから人が終ったところから初めれば、それだけで大へん有利なのだ。

So if you start from where people end up, it is a huge advantage.

店に上る正面の高い石段の有様や、料理屋のひっそりとした、古風な様子が、何とはなしに、探偵の稀代のロマンチックな想像をかりたて、彼をして何か仕事をはじめさせるようにしたのであった。

The state of the high stone steps in front of the shop, the quiet and quaint appearance of the restaurant, let me start a job with something of a detective's rare romantic imagination. It was done.

探偵は階段を上って行った。

The detective went up the stairs.

そして窓のかたえに坐って、ミルク抜きのコーヒーを一杯註文した。

Then I sat in the window and made a cup of coffee without milk.

 朝も、もう半ばを過ぎていたのに、彼はまだ朝食をしたためていなかった。

Even though it was over half morning, he had not yet had breakfast.

その辺のテーブルにちらかった朝食のあとを見ると、さすがの彼も空腹が身にしみた。

Looking after the breakfast that was scattered at the table near that, he was indeed hungry.

で、さらに「落し卵」を註文して、コーヒーに白い砂糖を面白そうに入れながら、さてフランボーのことを一わたり考えたのである。

So, I further described "dropped eggs" and put white sugar in the coffee in an interesting way, and I thought about Flambo.

彼はフランボーがある時は爪取り鋏で、あるときは火事にまぎれ、ある時は切手のない手紙に不足料金を払ってる間に、ある時はまたこの地球に衝突するという彗星を見る望遠鏡に人を集めて、遁走したそのやり方を考えていた。

He is a claw picker when there is a flanbo, sometimes a fire, some while paying a short charge for a letter without a stamp, and sometimes a telescope that sees a comet that also collides with this earth Gathering people, I was thinking about the way that I had a hard time.

彼は自分の探偵的頭脳が、この犯人の頭脳に優るとも劣るとは考えなかった。

He did not think that his detective brain was inferior to the criminal's brain.

がそれにしても自分の立場がひどく不利なことを自覚した。

However, I realized that my position was extremely disadvantageous.

「犯人ってやつは独創的な芸術家だ。

"The criminal is a creative artist.

探偵はただ批評家であるのみだ」彼は苦笑しながら独語ちた。

The detective is only a critic, "he wiggles and sings.

彼はゆるゆると、彼のコーヒー茶碗を口につけ、今度は急にそれをおろした。

He loosely put his coffee bowl in his mouth, and this time he dropped it.

彼は思わずも食塩を入れていたのだった。

He was unexpectedly putting salt.

 彼はオヤッと思ってその入物を注意した。

He thought of it and warned the entry.

それはたしかに砂糖入れに相違なかった。

It must have been sugar.

お酒が徳利に入っているのがきまり切っているように、砂糖は砂糖入れにあるのがあたりまえだ。

It is natural that sugar is in a sugar bowl, just as alcohol is in a bottle of sake.

彼はほかに砂糖入れらしいものがあるかどうかとさがしてみた。

He asked if there was something else like sugar.

他には二つの食塩入れがあるきりだった。

There were only two other salt bowls.

しかもそれには砂糖がはいっていた。

And it had sugar in it.

食塩入れに砂糖を、砂糖入れに食塩を入れるような、風変りな趣味が、もっと他にもありはしないかと彼は料理屋の中を見まわした。

He looked around in the restaurant for odd tastes like sugar in the salt jar and salt in the sugar jar.

が、ただ一方の白壁に何か黒い液体がはねかかって可笑しなしみをつくっている外には変ったところはなかった。

But there was nothing wrong with the black wall splashing on one of the white walls and making funny laughs and feelings.

彼はベルを鳴らして給仕を呼んだ。

He rang the bell and called for a waiter.

 まだ朝のうちの事とて、髪もくしゃくしゃにし、眠たそうな眼つきをした給仕が急いで出て来た。

Still in the morning, the waitress, who looked sloppy and sleepy, came out in a hurry.

探偵は(もともとちょっとした冗談のきらいでない彼は)まあこの砂糖をなめてみろ。

The detective (he's not a kid in the first place) should lick this sugar.

これが、この店の売り出している特色なのかとたずねた。

I asked if this is the feature that this store is selling.

給仕はその結果|睡気もさめて、口をパックリあけてただ驚くばかりだった。

As a result, the waiters were astonished, opening their mouths and being just amazing.

「君の店じゃあ、お客様に毎朝こんな念入りな冗談をやるのかい?」

"Aren't your shop doing this kind of serious joke every morning?"

とヴァランタンは訊ねた。

Asked Valentine.

「食塩と砂糖とを入換えておくなんて、まあどんなものかね?」

"Well, what about replacing salt and sugar?"

 給仕も、この真綿で首をしめるような皮肉がはっきりわかったので、どもりどもり弁解し始めた。

As for serving, too, the irony that squeezed the neck was clear, so I began to make a stabbing excuse.

そして、「そんな心持ちはちょっともございません、それはとんでもない間違いでございます」と言うのだった。

And he said, "There is no such feeling, that is a huge mistake."

 彼は砂糖入れを取り上げてあらため、また食塩入れもあらためた。

He took up the sugar bowl again, and the salt bowl again.

彼はだんだん困惑と不可解の表情をあらわし始めた。

He began to show expressions of embarrassment and mystery.

遂にたまりかねて軽い会釈をすると、あたふたと奥へ馳けて行った。

Finally, when I had a light discussion, I went to the back with the lid.

そして、主人を伴ってかえって来た。

And I came back with my husband.

主人も、二つの入れ物をかわるがわるあらためたが、ひどく困惑した様子だった。

The husband also changed the two containers, but he seemed to be terribly confused.