文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(151-194)/590

 突然給仕が一生懸命に何か言い出した。

Suddenly the waiter made a hard effort to say something.

「ああそうです、わかりました」と彼は熱心におどおどとつけ加えた。

"Oh yes, I understand," he added with enthusiasm.

「あの二人連れの坊さんですよ」

"That's a boy with two people."

「何だって、二人連れの坊さんだって?」

"Everything, a boy with two people?"

「ええそうです」と給仕は言った。

"Yes," said the waitress.

「あの壁にスープをぶっかけた」

"I threw a soup on that wall"

「壁にスープをぶっかけたんだって?」

"Are you pouring soup on the wall?"

とヴァランタンがくり返した。

And Valentine repeated.

こいつは妙な話しになったわいと思いながら。

While thinking that this was a strange story.

「そうです。

"That's right.

そうです」と彼はやや亢奮して白い壁紙を張りつめた上についている黒い飛沫を指さしながら、「あの壁にぶっかけたんですよ」と言った。

That's right, "he said," I've bumped into that wall, "pointing at the black splashes on top of the white wallpaper with a little extra effort.

 ヴァランタンは改めて、主人の説明をもとめるように彼を見た。

Valenant saw him again, asking for a master's explanation.

主人はくわしく話しはじめた。

My husband began to talk in detail.

「その通りでございます。

"There is the street.

もっとも私には、これが砂糖と食塩との入れ違いに、どんな関係があるかわかりませんですが。

However, I do not know what this has to do with the difference between sugar and salt.

今朝ほど早く二人連れの坊さんが、まだ店もあけるかあけない頃、お見えになりまして、スープを召し上がって行ったのです。

As early as this morning, when it was not possible to open or close the shop, the couple with us came to see the soup and served.

二人とも大へんもの柔かな相当地位もおありの方のようでした。

Both of them were very large and soft, and they seemed to have a good standing.

一人の方が勘定をして、さっさと出て行くと、もう一人の方は、持物があるので、いつまでもまごまごしていられましたが、やっとのことで出ておいでになりました。

When one person made an account and went out quickly, the other person had the belongings, so he was treated forever, but he finally came out.

その時のろい手つきで、まだやっと半分しか飲んでいないコーヒー茶碗をとりあげて、コーヒーをあの壁にぶっかけたのでございます。

At that time, I took up a cup of coffee that I had only been drinking for half, and put coffee on that wall.

私は奥に居りましたし、店のものもあちらに居りましたので、出て来た時には、壁はもうあの通りで、店には誰も居りませんでした。

I was in the back and there were store stuff there, so when I came out, the wall was already that street and no one was in the store.

大した損害でもございませんが、いまいましいので、表へ出てふんづかまえようといたしましたが、二人とも大へん足の早い奴等で、もう向うの角を曲ってカーステヤース通りに這入って行っていることだけわかりました」

It is not a big deal, but I'm sorry, so I tried to go out to the front, but both of them were very fast-legged people, turn the corner to go and go into Kastaiyas street. I just understood that I am

 探偵は立ち上って、帽子をかぶり、ステッキを握りしめた。

The detective stood up, wearing a hat and clasped the cane.

彼は自分をとりまく闇の中に、どうやら一道の光明を認めた。

He acknowledged the light of a seemingly one way in the darkness surrounding him.

だがその光明こそ、まったく怪しげなものだった。

But that light was totally suspicious.

勘定を済ますと、彼はガラス戸を邪けんにしめて、向うの通りに飛ぶように這入って行った。

After finishing his account, he sealed the glass door and went to the street to fly.

 幸いなことに、彼はこうした亢奮した瞬間にも、なおかつ冷静と敏活とを彼の両眼にたたえていた。

Luckily, he was still calm and awakened with his eyes at such an upsetting moment.

一つの店の前を過ぎたとき、何やらパット彼の頭をかすめたものがあった。

As I passed the front of one store, there was something that putt his head on something.

彼は、踵をかえすとそれに注意した。

He warned that he would return the ax.

その店は繁昌しているらしい八百屋兼果物屋で、大道に並べられた品物の上には、果物の名と売値を記した札とがたくさん立ててあった。

The store is a busy grocery store and fruit shop, and on the items lined up on the main street, a lot of tags with the name of the fruit and the selling price were set.

その中で、密柑と栗の二つの山が一番人目につきやすかったが、その栗の山には、青いチョークで達筆に『最良タンジールス産密柑二個一ペニイ』という札がさしてあった。

Among them, the two mountains of the dense crest and the chestnut were the most visible, but in the crest of the chestnut, a tag called "Best Tangerous Birthplace Two Pieces One Penii" was squeezed in a brush with blue chalk .

密柑の方には『最上ブラジル産栗一合四ペンス』と書いてあった。

In the case of the secret, it was written as "Mobi Brazil Kuri Ichigo four pens".

ヴァランタン氏はこの二つの札をじっと見据えた。

Mr. Valenant kept his eyes on these two cards.

そして、さっきも可笑しなことに出合ったばかりだのに、またすぐここでこんなことに出合ったことを意味ありげに考えた。

And although I had just encountered a funny thing a while ago, I thought that I meant that I came across such things right here again.

彼は仏頂面をして表の往還をながめている赤ら顔の主人公に、そのことを注意した。

He noted that to the red-faced protagonist, who was looking at the back and forth of the table in the Buddha's face.

が、亭主は一言も言わずに、ぶっきらぼうにその札を置きかえた。

However, the lord replaced the bill in a nutshell, without saying a word.

探偵はステッキに倚りかかりながら、しきりに品物を見廻していたが、最後にこう言った。

The detective was hitting the cane and was watching the item, but he finally said:

「もしもし、まったく失礼な申し分ですが、実験心理学上観念の聯合という事から、ちょっとお訊ねしたいしたいことがあるんです」

"Hello, it's a rude piece, but because of the combination of ideas in experimental psychology, I have something I would like to ask a little bit."

 赤ら顔の亭主は、恐い顔をしてヴァランタンを見つめた。

The red-faced lord stared at the lantern with a scary face.

が彼はステッキを振り廻しながら愉快げにつづけた。

But he shook his stick and kept it pleasant.

「ところで、御主人、日曜にロンドン見物に来た田舎者の帽子じゃああるまいし、青物屋の正札が入れ違ってるなあ、一体どうした訳なんです?

"By the way, my husband, the hat of a countryman who came to see London on Sunday, isn't it, there is an incorrect bill for the blue-collar shop.

 でなけりゃ、私にもはっきりしている訳ではないが、この密柑と栗の関係は、何か二人連れの坊さん、大坊主に小坊主の関係と神秘的な関係でもあるんですかな?」

If not, it is not clear to me either, but is this relationship between the secret and chestnut also a mysterious relationship with the relationship between the two-man boy, the large-bottled and the small-boofer? "

 商人の眼玉は、蝸牛の眼玉のように飛び出した。

The merchant's eye popped out like a bull's eyeball.

彼はまったく、この見知らぬ男に今にも飛びかかりそうに見えた。

He looked like he could jump on this stranger at all.

が、遂に怒りながら吃り出した。

Finally, I got angry while angry.